~日本一の星空の村 長野県阿智村~南信州昼神温泉公式観光サイト

~日本一の星空の村 長野県阿智村~ 南信州 昼神温泉公式観光サイト

~日本一の星空の村 長野県阿智村~南信州昼神温泉公式観光サイト

  • Star Village ACHI
  • 浪合パーク
  • ACHI BASE
  • 昼神キヲスク
  • 星空食堂
  • 昼神空間
お電話でのお問い合わせはこちら

0265-43-3001

阿智☆昼神観光局 
年中無休 9:00~17:30

メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム
花桃専用ダイヤル
0265-48-5750 (24時間)

TODAY’S HANAMOMO最新の花桃情報

  • つぼみ

    つぼみ

  • 咲きはじめ

    咲きはじめ

  • 五分咲き

    五分咲き

  • 満開

    満開

  • 散りはじめ

    散りはじめ

  • 散りはて

    散りはて

  • 昼神温泉郷

    カレンダー内の花マークを押すと現地の花桃の様子をご覧いただけます

    2022年の開花はこれから。見頃は4月上旬~4月中旬です。お楽しみに!
    3月
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    4月
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
  • 花桃の里 月川温泉

    カレンダー内の花マークを押すと現地の花桃の様子をご覧いただけます

    2022年の開花はこれから。見頃の時期は毎年4月下旬~GWです!お楽しみに
    4月
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    5月
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31

HANAMOMO NO SATO MAP

花桃の里MAP
  • 会場について

    標高750〜1,000m。 約4kmの道のりに花桃が植えられています。

  • 開催期間

    花桃のライトアップ18:00-23:00(開花期間中)
    駐車場は夜無料開放していますので、ご利用ください。
    エリア内で駐車できます。(有料)

駐車場について

車種協力金予約
二輪500円不要
普通車近い場所:1,000円
遠い場所:500円
不要
マイクロバス
(約7m車両)
3,500円事前予約
3,000円
中型バス(約9m)
大型バス(約12m)
5,000円事前予約
4,500円

HIRUGAMI HANAMOMO昼神温泉郷内の花桃案内図

混雑緩和のため、お車は矢印方向への一方通行にご協力ください

花桃案内図MAP 昼神温泉に泊まる

HANAMOMO HISTORY花桃ヒストリー

  • 1922

    大正十一年(1922年)

    木曽川を開発した木曽発電㈱社長で福沢論吉の娘婿にあたる福沢桃介さんが、ドイツのミュンヘンに行った折、庭に咲いていた3色の花桃の美しさに感動し、自分の名前に似た花の名であることから、3本の苗を購入し、大桑村の須原発電所構内に植える

  • 1948

    昭和二十三年(1948年)

    須原発電所に長年勤めていた妻籠宿(南木曽町)の藤原長司さんが、美しい花桃を何とか増やしたいと思い、落ちた実を拾い苗木を育て、妻籠の国道256線沿いに植える。これが「花桃街道」の始まりー

  • 1974

    昭和五十年ころ(1974年ころ)

    妻籠宿から清内路村(現阿智村清内路)に嫁いだ大宮トメさんが、嫁入り道具の一つとして手にしてきた花桃の木を元に、地域の人々が清内路地区に花桃を増やしていく。桜より花の時期が長く色鮮やかな花桃は、清内路の人々に愛され門外不出の花となる

  • 1991

    平成三年(1991年)

    園原(阿智村)に地域振興事業として旅館「野熊の庄 月川」を開業。当時社長であった渋谷秀逸さんは、人も少なく殺風景な山里に嫁いでくれた嫁たちのはげみにしたいとの思いで花桃の植栽を考え、平成3年~平成7年にかけ約1000本の苗を清内路から譲り受け、旅館の周りや村道沿いに植栽管理を行う

  • 2002

    平成十四年(2002年)

    月川温泉郷を“桃源郷”にしたい、と地域住民で「花桃の里作り委員会」が発足され、本格的に植え始める。この後3年かけて2500本を植栽し、合わせて3500本の花咲く里になる

  • 2005

    平成十七年(2005年)

    地域住民·地元業者(はなももの会)で組織する「花桃まつり実行委員会」が発足し、観光客向けの「花桃まつり」を開催

  • 2009

    平成二十一年(2009年)

    花桃の植栽管理を行い、地域づくりを実施·推進した功績により、渋谷秀逸さんが総務省実施の全国各地で地域のために努力する団体や個人を表彰する「地域づくり総務大臣表彰」を受賞

  • 2016

    平成二十八年(2016年)

    毎年植え続け、現在は月川温泉郷一帯に約5000本、阿智村から南木曽町へ抜ける国道256線「花桃街道」に約5000本、阿智村全体では約10000本の花桃が植えられている。「花桃まつり」は毎年20万人の来客があり、「日本一の挑源郷」と呼ばれる

TOP > 花桃の里​ > 花桃の開花情報