イベント 阿智村内

300年続く無形文化財 清内路の手作り花火

2017.10.07

こんにちは、観光局です。今日の昼神は17℃浪合15℃でした。今日は朝雨だったのですが、今はやんできています。さて、今日からナイトツアー開始!お待たせしました。今日から10月21日まで運行しています。夜のゴンドラに乗って行くのは今月21日が今年最後です。夜の星はゴンドラに乗らないと見えないですか?やゴンドラに乗ってみるのがキレイですか?という事をよく聞かれますが、標高差は特に関係ありません。ゴンドラに乗らなくても、暗い所であれば村内であればどこでもキレイに見ることができます。

10月は7日から21日までです。

月から木は通常営業です。

通常営業:チケット販売18:15より

ゴンドラ上り18:30-19:30

金から日は2部営業制

1部チケット販売 17:15より 上りゴンドラ17:30-19:30

2部チケット販売20:45より 上りゴンドラ21:00-22:00です。

日帰りの方は予約制ではありません。先着順の当日チケット売り場へ並んで購入のみになりますので、お気を付けください。当日行かれる方はご注意ください!ヘブンスそのはらHPで詳しい混雑状況などを確認することができます。

さて、今日は毎年10月6日と決まっている300年続く「清内路の手作り花火」を見に行ってきたのでご紹介します。

清内路は飢饉の年も戦中戦後の混乱の中でも決して途絶えることなく300年余続く伝統の花火です。住民が火薬から製造する全国でも唯一の花火で、平成4年に県の無形民俗文化財に指定されました。1998年長野オリンピック閉会式のフィナーレを飾り有名になりました。清内路の手づくり花火は、平成4年9月、長野県の無形民俗文化財に指定されています。この花火は上清内路煙火同志会と下清内路煙火有志会のふたつの保存会によって製造され、上清内路諏訪神社及び下清内路建神社・諏訪神社の秋季祭典でそれぞれ奉納されています。記録によれば、江戸時代に村の特産物であった煙草と木櫛の行商で三河地方を訪れた村人が、煙草と引替に火薬製造の秘伝を伝授してきたことがこの花火の原点とされています。

清内路の花火は2種類あって地元の人のみしか見ることができない「10月6日の上清内路の花火」と観光のお客様も見ることができる「10月14日の下清内路の花火」があります。今回は上清内路の花火を上清内路の人に招待して頂き見に行ってきました。

清内路地区の各家庭で今も1人は花火師の免許をもっている人がいるそうです。この花火大会に向けて半年前くらいから準備して火薬を作るところから各家庭、各地区ごと行なうそうです。仕掛けも各地区ごとに違います。

ちなみにわたしを招待してくださったのは上清内路のお宅です。大きなお家でまず花火の前に夕食をごちそうになりました。そして清内路花火初心者のわたし達に花火の仕掛けを紹介もしれくれました。地区ごと作っていますが、全部仕掛けが繋がっていて初めから最後まで1つの大きな仕掛けになっているのも特徴です。

「絶対見てほしいのはこれで、これはこうやってバーと火が出て回って、こっちに行って、こうなってこうなるんだよー!」と説明にも熱が入りまくり!!さすが長年清内路で花火を作って来ただけあります。

余談ですが、このお邪魔したお家とにかく広い。3つくらいの部屋が全部ぶち抜きになっていたり、奥にも部屋があったりしています。どんだけ広いのこの家。とビビっていると。2階もあって2階はお蚕さんがいたんだよー!と2階も案内してもらいました。さすが、清内路は火薬とタバコづくり、養蚕が盛んだっただけあります。

これから実際に花火をあげに行く南木曽の方と一緒でした。着替えて素早くご飯を食べていかれました!はっぴは落ちてくる火の粉でも燃えないように綿のしっかりした物でできています。花火女子かっこいい!

外では始まるよーの花火が上がって(もちろん手作り)諏訪神社へ行きます。(家から徒歩2分)

大雨注意報が村から出ていますが、清内路は別です。花火師さんや警察。また年に一度のこのお祭りを楽しみに来ている村民で溢れかえっています。

まずは雨でもなんでも絶対見た方がいいと言われた「葡萄」という花火から!

この紫みたいな青っぽい花火は清内路の中でも一部の地区の限られた所でしか作れないそうです。この色を出すの火薬の調合がとっても難しいそうです。大雨でもキレイに葡萄ができていました。

この後は文で書いてもわからないと思うので、久々動画でご紹介!毎年その年の長の方が花火の説明などをしながら進行してくれます。(これが分かりやすくていい!)

どうですか?すごい勢い!これが手作り。しかも、普通の村の家庭で作っているなんてビックリ!雨でも勢いよく花火が出てきます!ぎょえー!なんじゃこりゃー!

打ち上げ花火と全然違う。最後のフィナーレ「メリーゴーランド」という仕掛けです。花火はどこを撮っていいかわからない程。。圧巻!

全ての仕掛けが繋がっていると上で書きましたが、この日は大雨でつかない仕掛けもありました。それでもこんなすごい花火大会は初めて。地元の人がずーと守ってきた伝統とその地域の人の誇りがかっこよかったです。また来年行きたいと思いました。

一般の方が見たい場合は、来週10月14日下清内路の花火がありますので、そちらへどうぞ。冷え込みますので冬支度でご鑑賞ください。また火の粉がかなり出る花火です。マナーやルールを守って安全に伝統花火をお楽しみください。

また駐車場など当日の花火のお問い合わせは

清内路支所

〒395-0401長野県下伊那郡阿智村清内路375-1 阿智村役場清内路支所
【電話】0265-46-2001
【FAX】0265-46-2016

へお願いします。