登山 飯島町

里山ハイク@傘山1542m①

2019.05.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。久々にまとまった雨がしっとり降っています。各地で猛暑日でしたが、本日は久々の涼しい1日になりそうです。

 

さてさて、最近また登山熱が上がってきたわたし。天気のいい日に休みだったのでお手軽に登れる里山に登ってきました。上伊那の飯島町にある傘山(からかさやま)1542mです。

ここは傘の名前がついているので傘寿(80歳)のお祝いで登る方もいるくらい地元じゃ人気のお山の様です。南アルプスと中央アルプスが望める山頂が大人気!という事をかなり前に松川町の小八郎岳に登った時に山頂にいた地元のおじさんが教えてくれたので、行ってみました。

昼神からは車で1時間ほど。登山ルートは2コースあって

「町民の森~町民の森トレッキングコース」

【所要時間】上り 2時間/下り 1.5時間

・町民の森 → 第1展望広場 → 第2展望広場 → 第3展望広場 →傘山頂上 → 町民の森

「御嶽口~傘山~御嶽口トレッキングコース」
【所要時間】上り 3時間/下り 2時間
・御嶽口 → 御嶽山展望台 → 岩間山城跡 → 傘山頂上 → 御嶽口

です。眺めがいいと思われる展望台が沢山あってコースタイムが短い町民の森コースで登ることにしました。

15号の「中央アルプス花の道」といういい名前な道を進んで行きます。途中で道の駅「花の里いいじま」や越百の水を見に与田切公園などふらふらと寄り道。里山で80歳の人でも登るという事で完全に調子に乗って向かいました。

道の左側に小さな緑の看板で「傘山 町民の森コースは次の信号左」とありますので、そこを左(文化館入口と書いてある十字路のとこです。すぐ横にファミマがあります)

その後は緑の小さい看板「傘山」という看板の通りに登って行きます。

途中で舗装路から砂利道になります。デコボコ進んで行くと「町民の森」駐車場に到着です。野生のキジが駐車場でまったりしていてわたしが車で行ったらびっくりして逃げてしまいました(笑)

駐車場には野生のキジの他に簡易トイレとカブトムシの幼虫がゴロゴロ取れそうなおがくず山がありました。わたしの車1台のみ。平日なのでさすがに地元の人もいないようです。

さぁ予定よりも1時間近く遅れて11時に出発。しかも今回は里山だしという事でサコッシュにおにぎり2個とお菓子・お茶・カメラ・スマホだけ持ってスニーカーという軽装でスタート。

良く見ると看板に山頂まで2時間となっています。第一展望台まで1時間。という事で「昼食べようと思ってたのに、山頂着くの13時かぁ最悪第一展望台で昼かなぁ。」とさすがに出発が遅すぎちゃったなぁと若干反省しつつスタート。

林道を進みます。

トトロの道。陽射しがあると暑い。しかも結構な登りでくねくねと上がっていきます。

飽きてきた頃に第一展望台へ

わお!ワンダフルすぎる第一展望台です。

林道歩きで眺めが無かったのでスカッとした開けた場所が最高でした。そして奥には中央アルプスとこれから登る傘山(右の緑の山)が!

正直ここでいいかも。と若干思いつつ。。時計を見たらまだ登り始めて30分しかたっていませんでした。80歳の人も登ってる山で第一展望台で帰るのは恥ずかしい。時間もコースタイムの半分で来れたので先へ進むことに。(コースタイムがかなりゆっくり設定されています。80歳の方向けかもしれません)

ここからやっとこ登山道です。山頂まで1時間と書かれています。このコースタイムな感じだと多分30分くらいかなぁという事で先へ進みます。

里山あるある 風が抜けない為暑い

これまた里山あるある 結構な急登

もう登り嫌!泣

本当に80歳の人登ってるんですか?!と何回も思っていたら、急に第二展望台の登場。

わお!駒ケ根市と遠くにうっすら八ヶ岳が見えました。急登だけど、第一から第二まで実は15分くらいです。

という事でまだ進みます。

ここからちょっとなだらかなシダとお花の世界。

ジュラシックパーク感がいい感じ。

ウグイスのなく練習を聞きながら風がザワーと抜けて涼しくなり元気になりました。

第二展望台から10分程で第三展望台

中央アルプスはチラリ程度ですが、

烏帽子岳は目の前にどかん!烏帽子の手前の山が小八郎岳で、今回の傘山が眺めがいいと教えてくれた地元のおじさんに出会った山です。

「おじさーん、やっとオススメしてくれた傘山に登ってるよー」と報告。

看板には山頂まで300mあと10分の文字。

エイっと登って山頂へ到着―!

次回へ続く。