ドライブ・スポット

真夏日にハイキング

2018.06.22

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ!いい天気になりそうで嬉しいです。しかし、最近の天気は変わりやすくて予報がコロコロ変わりますね。。。

そんな今日は登山じゃなくて本当にお手軽なハイキングしてきたのでご紹介です。ハイキングでも眺めは最高で高山植物も楽しめますので、小さいお子さんがいてもへっちゃらです。

場所は池の平湿原~三方ヶ峰~見晴岳というルートです。昼神から車で3時間です。岡谷インターで降りてそこからは新和田トンネルを超えて上田市へ行きます。群馬県嬬恋村との境にある湯ノ丸高原の中にある湿原です。木道がしっかり整備されているので本当に歩きやすいです。さすがに阿智村から直接行くのは遠いですが、いろんな長野県をご紹介したいので今回は少し遠出します。長野県は縦に長いので移動が大変です。車が無いと生活できません。

湯ノ丸高原まで登ったら

池の平湿原を目指して更に上に登っていきます。湯ノ丸高原から登ると登山になりますが、今回はゆるーいハイキングなので、上まで上がっていきます。上は駐車場代がかかりますが、その分本当にお手軽に登ることができます。

湿原をぐるっと一周してついでに三方ヶ峰や見晴岳も登って駐車場に帰ってこようという時計回りが今日のハイキングプランです。(通常は右回りで先に見晴岳から行くコースが一般的らしく、帰りに多くの登山者の方とすれ違いました。が、一気に階段で登りになるのでキツイ。それが嫌なわたしは時計回りでジワジワ登る楽するコースで行きました。)平日の為か年配の方が多く皆さんしっかり登山装備でした。なのにわたしは天気がいいから行ってみようかなー位のテンションで午前中にさっと行こう―という感じのハイキング気分の為、靴はキーンのサンダルに普通の半袖Tシャツで行きました。

すれ違う人に結構「!!!」みたいな顔されましたが、結構地元の幼稚園の園児も遠足に来るくらいの場所なので大人の登山装備は必要か?と思う感じです。各自の登山レベルがあると思いますのでそれぞれの自己判断でどうぞ。

まったく登ったことがない人でもスニーカーで安心だと思います。なんてったって標高差は200mもありません。スーパーイージー車山といい勝負でした。(車山は冬に行きましたが、今回はド快晴の今の時期。もうスーパーハイパーイージーです。)

道もこんなに整備されていて余裕です。駐車場から湿原への道はなんともいい感じ。カッコウが鳴いていました。ここにきてまず癒され度70%です。さらに下っていくと

こんな感じの木道が登場。この道を歩いて行くので何も難しくありません。風が吹いて気持ちいし、カッコウは鳴いているし、雲はひとつもないしで最高の湿原日和!癒され度90%。木道をテクテク行くと

鏡池には少し分かりにくいけど奥の木が映っていました。カエルの声がまた癒され度アップです。9時頃行ったので誰もいなくて湿原貸切でした。あまりにも貸切なので木道で座ってぼーとしました。その後は次は三方ヶ峰を目指します。

三方ヶ峰のおすすめはコマクサ園があること!

フェンスで囲まれているので近くまで行けずズームで対応。なんのこっちゃわからん写真になってしまいましたが、そこら中に高山植物の女王様「コマクサ」が咲きまくりです!

山で会ったおじさんに聞きましたがコマクサはとっても厳しい環境で育つので、花が咲くまでにも何年も時間がかかるそうです。「1輪で3年位かかるよ。」みたいな話を聞いたことがあります。なので、お手軽にこんなにたくさん見れるのもこの山の魅力です。

続いて最後の見晴岳に向かいます。ここでも木の階段があるので道は簡単。横にコマクサ園が広がっているので楽しいです。今の時期は湯ノ丸高原全体がツツジが開花してきました。湯の丸山は満開みたいですが、三方ヶ峰と見晴岳方面はまだつぼみのツツジもありました。奥の山は黒斑山(浅間山)方面です。浅間山の方は雲が多めでした。

陽射しが強いので帽子は必要だったなーと思いつつちょいちょいっと登って

到着ーー!見晴岳は眺めが最高です!

この眺め!手前の烏帽子岳もクッキリ。わーとはしゃいでいると山頂にいたおじさんが「代掻き馬が良く見えるねー」と話しかけてくれました。なんじゃそれ?と思って聞くと「知らないの?雪形だよ。ちょっと待ってね」と言って自分のザックからわざわざ紙とペンを出して書いてくれました。

山で会う人は本当に親切です。ほとんどソロで登っているので写真撮ってあげようか?とか花の名前を教えてくれたり山好きに悪い人はいないですねー

しばらくしておじさんが「ささっと書いたから分かるかなー?烏帽子のすぐ上の山が白馬岳でそこの雪の解けた後が馬の形になっててー」と説明してくれました。

ズームで見てみると分かりますでしょうか?赤丸の中に太った馬みたいな形が見えるのが!これが白馬岳の代掻き馬です。この雪形で馬の形が出てくるから白馬岳になったとか、、、安曇野市のHPで調べたらこれは牝馬だそうです。

北アルプスの雪形聞いたことがあったけどじっくり見たことが無くて、わたしは五竜の「武田菱」とか爺ヶ岳の「種まき爺さん」くらいしか知らなかったですが初めて肉眼でちゃんと見れました。おじさんが「残雪期にしか見れないし、こういうの見るのも面白いよね」と話してくれました。

残雪期の北アルプスと烏帽子とおじさん。

段々山頂に人がいっぱいになってきて、わたしだけ普通の服装が浮きまくりだったので駐車場へ下ることにしました。初めて行ったピグミーの森経由です

人がいなくて快適。苔だらけでひんやりしていました。

ピグミーの森を超えると雷の丘(ネーミングが怖い。良く落ちるんでしょうか?)その後雲の丘を通って10時頃駐車場へ戻ってきました。その頃には駐車場も車が沢山。グループで植物観察会みたいな方も多かったです。

気軽に行けるのでぜひこれから山行ってみたいなー山登り始めようかなーと思う方はぜひ!