グルメ・お土産 諏訪・岡谷・茅野・松本

町歩き@御田町商店街

2018.02.07

こんにちは、観光局です。今日の昼神ははれ。ただ気温が低かった!今年一番冷込んだんではないかと思うほど。寒いより、痛い!昼神-7℃浪合-14℃浪合の寒さ半端ないです!!!!しかも夜少し雪が降ったので車の上には3㎝ほどのふわっとした雪が積もっていました。浪合村道はまだまだ真っ白です。(153号の国道は除雪がしっかりされています)

わたくしごとですが、12月から始めた観光局の2階で始めた体験教室を取材していただいたのが、記事になりました☆彡信濃毎日新聞の南信版に載せていただきました。まったく知らなくて体験教室の先生が教えてくれました。うれしはずかし!ドリカム気分。

新聞に名前が載るなんて高校の部活の大会結果以来です。あの時は文字と記録だけだったので、自分進化しました。次回は全県版に載せてもらえるようにがんばりますー👋「体験教室」は予約不要で2月はほぼ毎日やっております。お一人1000円で10:30-14:00までです!お気軽にお越しくださいー

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:星見えそうです!

さてさて、今日は下諏訪町の空き家ゼロ商店街として最近注目されている「御田町商店街(みたまち)」をぶらぶらしてきたのでご紹介します。

御田町商店街・・・通りが開通したのは明治44年の5月。前年に創設された製糸工場の工員が行き来する通りとして整備され、大正2年には御田劇場が完成し町内でも随一の賑わいを見せる通りとなりました。しかし近年における製糸業の衰退や、工場の規模縮小、移転などにより通りを行き来する人は激減し、最盛期の賑わいは陰りを見せ始めました。全国的な商店街低迷の例に漏れず、御田町商店街もシャッターが目立つようになり、2003年にはおおよそ1/3の店舗が空き店舗となってしまいました。

そこで「御田町商業会」「みたまちおかみさん会」「NPO法人匠の町しもすわあきないプロジェクト」といった住民を中心としたグループによる商店街活性化活動が始まりました。地道な活動の中で、空き店舗を工房や店舗として使用する若者たちが次々と商店街へやって来ました。そして2011年。ついに空き店舗はゼロになり、それどころか「空いたら入りたい!」というウェイティングリストができました。

というような大人気の御田町商店街です!通りはそこまで大きな道ではありません。2車線の普通の道にギュギュっとお店があります。せっかく行くので周辺もぶらぶらすることにしました。諏訪大社秋宮の近くから散策開始!

まずは秋宮のすぐ横にあるずっと気になっていた和菓子屋さん「新鶴本店」さん小さいお店にタイミングよくお客さんが重なりわたしが入ったときは貸切だったのに、出るころには10人くらいが入店。ぎゅうぎゅうでした。すごい人気です。

塩羊羹も有名ですが、「もちまんじゅう」も絶品!

やわらかなお餅にこし餡がねっとりと包み込まれていてもう美味しい♡そして賞味期限が当日です!1個から買えるので試しに買ってみるのがいいと思います。

こんな食べ歩きするのにはもったいないほどの上品な食べ物。濃いお茶が欲しいです。お土産で塩羊羹も買いました。こちらも小分けタイプがあって小分けのものは400円ほどで買えるようになっていました。塩羊羹は本当に着物をびしっと着て、正座してお抹茶と食べたい感じの上品な羊羹です。もう塩の加減と羊羹の甘さが最高。洋菓子には絶対できない繊細なおいしさだと思いました。お土産に買っていったら絶対喜ばれる一品!そのあと御田町商店街へ向けぶらぶら。

玄関前に洗濯機があってそこから外を眺める猫発見👀リードが繋がれていました。

大好きなマンホールも発見。下諏訪町の木つつじと町の花さくらが入ったかわいいマンホール。いやかわいっ!!

ぶらぶら行くと御田町商店街へ突入しました。レトロなお店や看板が残る普通の商店街です。カメラ屋さん、床屋さん、八百屋さん、雑貨屋さん、パン屋さん(行きたかったけど丁度お休みだった)、駄菓子屋さんなどなどがありました。今回御田町商店街に来た目的は前から気になっていたカフェ「CafeTAC」さんです!昼間はカフェ夜はバーになる地元の方も集うというカフェ。

早速!昼過ぎの13:30頃行きました。カランコロンー♬

地元のお子様連れのお母さんたちと奥は若いグループが入っていました。「狭いけどこっちのテーブルどうぞ―。隣も使っていいからねー」とお水の瓶を持ってきてくれたお店のご主人に案内されて着席。ガレットが有名で食べたかったのでお店の看板ガレット「ラ・コンプレート」を注文しました。「少し時間かかっちゃうけどいい?」と言われましたが、ガレット脳になっているのでオッケーだと即答。

店内はフランス語っぽいラジオが流れる外国の田舎のお店という感じです。しばらくすると30㎝くらいの大きなお皿にあふれるほどの野菜がのったガレットが登場。

一番定番という「ラ・コンプレート」はそば粉のガレットにハム、チーズ目玉焼きの上に大量のサラダがモリモリのっていました。

初めてガレットなるものを食べました。おいしいーー!これはハマる!ボリューム満点だけどサラダを食べてる感覚だし、生地はクレープよりもサクサク。中はチーズとたまごがとろり。上のサラダはシャキシャキでとっても満足。お店の雰囲気もいいので今度はスイーツの方のガレットを攻めたくなりました。二人でおかず系とスイーツ系を半分づつシェアするのがよさそうです。次回は行けなかったパン屋さんと雑貨屋さんとスイーツ系ガレットを食べにまた行きたいなーと思いました!

CafeTAC・・・長野県諏訪郡下諏訪町3158

TEL0266-75-5315 12:00~22:00 L.O

定休日:木曜日、第3水曜日