登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪期登山@硫黄岳2760m

2018.04.18

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨のち曇り。朝は降っていましたが今はやんでいます。午後から晴れてくる予報です。

今日の昼神温泉花桃の様子はこんな感じです。

今年は気温が低いので花桃がいい感じに咲いています。

花桃(4/17⇒4/18)

天心ホテル周辺はこんな感じです。

昼神の花まつり期間が終わったので、今は無料で駐車できます。22日までは屋台も少し残っているようです。

月川温泉の花桃の里は3分咲き程です。週明けから一気に見頃になりそうです。花桃祭りは5月6日までやっています。

園原 駒つなぎの桜・・・満開すぎ。ですが週末くらいまで楽しめそうです!

浪合 御所桜・・・7部咲き~見頃

さてさて、今日は久々にマニアックブログを再開しようと思います。

残雪期の八ヶ岳に登ってきた(4/1)のでご紹介します。八ヶ岳は夏でも冬でも色んなレベルの山があるし、眺めもいいので本当にお気に入りの山です。今回もようやく登山口まで2駆でも行けるようになったぽいので、行ってきました。昼神から硫黄岳の登山口までは車で高速利用して2時間30分程です。諏訪インターを降りて登山口の桜平まで上がっていきます。

サバンナのような朝日が登場。いい天気になりそうでワクワク。

桜平は未舗装なので夏道でもボッコボコのガックンガックンです。冬場は積雪の為桜平(上)は使用禁止。(中)までは四駆の車高が高い車のみだったんですが、雪がなくなったので普通に2駆の冬用タイヤで行けました。相変わらずのでこぼこ道なので、普通に走ると下をこすります。慎重に運転して到着。

駐車料金は無料です。夏は早くいかないと止められないので早めに出発をオススメします。(上)と(中)は登り口にまだ近いのでいいですが、万が一(下)に停めることになるとそこから登山口まで+1時間以上はかかります。(登山口につく頃に初めの休憩が必要なほど)とにかくラクしたいナマケモノ登山者のわたしは雪解けまで待って、今回決行!中まで車で上がりました。この日は日曜ですが、年度初めに山へ行く人は少ないみたいで、車は7:30で3台くらいしか止まってなかったです。準備していざ出発!

ここから登山口まで600mくらい10分くらいのんびり登っていきます。(上だと5分くらいの下りです)登山口までの途中でめちゃくちゃに凍った上り坂が出現。うわーと思ってチェーンスパイクの準備をしている時に転んで右手を負傷しました。(ちなみに、今回の全行程の中で一番怖かったのが登山口まで行く上り坂の氷の道でした。)チェーンスパイクを履いてザクザク登っていくと

夏沢鉱泉に到着。登山届を出して登っていきます。硫黄岳への桜平ルートは30分おきくらいに山小屋があるので、とってもおすすめです。

樹林帯は真っ白でトレースが一本だけ。雪も締まっているので歩きやすいです。しばらく歩くとオーレン小屋に到着です。オーレン小屋は冬はお休み中。オーレン小屋からは夏沢峠方面へ進みます。赤岩の頭方面は冬場はルートが不明瞭なので通行禁止になっています。わたしが登ったちょっと前に同じ八ヶ岳の阿弥陀岳で滑落事故などもあったので、安全第一でヒュッテ夏沢方面へ行きます。ここら辺は高低差が無いのでホントに楽しく歩けます。樹林帯の中は風もないので、ロンTでも暑いくらいでした。

視界が開けてヒュッテ夏沢に到着!ヒュッテの奥は目的の硫黄岳です!!めちゃくちゃかっこいい硫黄岳。夏に登った時は雨とガスで何も見えなかったので、間近に見えて本当に嬉しかったです。平日だったけど普通に登山者の方も多かったです。外国人の方も登っていて、外国人の方が歩くと一気にスイスとかヨーロッパのアルプスの山な感じがしてこれまたいい感じでした。

硫黄岳の右の斜面を登っていきます!その前にヒュッテ夏沢から硫黄岳までは森林限界なのか木がなくなるので、休憩して防風シェルと防寒装備をします!ブクブクに着ぶくれしていざ!ヒュッテ夏沢から硫黄岳までは1時間くらいです。

結構な斜面を一歩一歩ゆーくり進みます。天気がめちゃくちゃいいんですが、春霞で遠くの北アルプスや浅間山や南アルプスなどはよくわかりませんでした。風が硫黄岳に向かって吹くのでとにかく気をつけながら登って行きました。道も雪と氷と夏道がミックスでした。

はたして登れるか!次回へ続く。。。