登山

残雪期登山@硫黄岳②

2018.04.20

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。気温が20℃以上あってポカポカで本当に過ごしやすい週末になりそうです。今日は金曜日なのにかなり多くのお客様が来ています。

今日の昼神の様子です。

昼神は花まつりは終わってしまっていますが、屋台は残っているので、散りかけの花桃を楽しんでいる方が多いです。

花桃(4/18⇒4/20)

昼神は満開すぎで葉っぱが出てきましたが、まだまだきれいな花桃が楽しめています。週末も昼神はよさそうです!

天心ホテル周辺は若い花桃の木が元気に満開中です!見に行ったら本気のカメラを持ったおじさま達が沢山いました。みなさんカメラを持って朝市広場前から阿智川方面へ移動していました。

続いて月川温泉(花桃の里)は

コチラは満開は週明けになりそうです!現在は4分咲き程ですが、ツボミの枝はパールがついているみたいでかわいいので、咲きかけでも十分楽しめそうです。花桃祭りが始まっているので、屋台なども出ていてだんだん賑わってきています。週末は10時から16時頃まで渋滞が予想されます。お花をのんびり楽しみたい方は朝早めか夕方星の時間(18:00以降)がいいかと思います!

 

さてさて、前回の続きマニアックに信州を紹介しているブログの本題です。前回は残雪期の硫黄岳目指してヒュッテ夏沢まで登りましたが、いよいよ山頂編です。

ビュービューの風が吹く中、何とか登っていき振り返ると猫の耳みたいな天狗岳。その奥にうっすら蓼科山が見えていました。本当はその先に北アルプスとか浅間山とかも見えると思うんですが、春霞なのか、かすんで良く遠くまで見えませんでした。

前を向くと

ケルン(三角の目印)が延々上まで伸びています。風がすごいので、雪はそこまで多くありませんが、ところどころ凍っているので注意して登っていきます。

ケルンとティラミスの硫黄岳。雪がいい感じにマスカルポーネ感。かっこいいなーーとのぞき込もうとすると硫黄岳に向かって風が流れているので危険を感じてちょっと離れた所からパシャリ。夏に行ってみたときは雨でガスってなにも見えなかったので、本当にいい天気に恵まれてかっこいい硫黄岳を間近に見る事ができました。

結構陽射しが強くて雪の照り返しがまぶしいです。サングラスは必須なので必ず持参お願いします。その後も次のケルンまで頑張ろう、次のケルンまで見たいな感じでゆーくりゆーくり登って行って、

やっとこ10:30頃登頂しました。3時間くらいで登れるお手軽さと目の前には八ヶ岳のトップ3がドーンとお出迎えの絶景に出会えました。霞がかかって分かりにくいのでもっと近くまで行きました。そして少し編集できれいにしてみました。

編集ってすごい。クッキリさせたので奥の南アルプスもすこーし見えています。右から阿弥陀岳とちょいと出た中岳。八ヶ岳最高峰の赤岳。左はまだ登れていない横岳です。かっちょいいー。これを見ながら風はあるけど陽射しがあったかかったので、ここでお昼にしました。最高の景色を見れて頑張ってよかったなーと思いながら食べるおにぎりは本当においしいです。やっぱり八ヶ岳が好きです。アクセス最高にいいし、山小屋もかわいい小屋が多いし、山のレベルも初級から上級までそろってるし、眺めももちろん抜群!富士山や南アルプス、中央アルプス、御嶽山、浅間山、北アルプスまで見えます。

うれしいので山頂でパシャリ

山頂貸切できました。わーい!硫黄岳が大好きになったので、今度は夏に阿弥陀・中岳~赤岳~横岳~硫黄岳ルートで初の縦走したいと思います。

山頂でのんびり過ごした後は

硫黄岳を見ながら来た道を下山。帰りは気温も高くなって雪もぐしゃぐしゃなので、ヒュッテ夏沢までは登りよりも慎重に下っていき、そこからは樹林帯で暑いのでロンT一枚になって身軽に下山しました。

春のような気候でも山はまだまだ冬ですので、装備や準備はしっかりして安全登山で楽しみましょう!次回はどこへ登ろうかなーーー!!!