登山 阿智村内

春山登山?@富士見台高原1739m②

2018.01.21

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。キリっとした朝でした。気温は昼神-2℃浪合-4℃でした。今日は天気が持ちそうですが明日は13時頃から雪予報です。週明けはノーマルタイヤだと積雪・凍結があると思うので危険です。またチェーン規制になるとノーマルタイヤでは長野県内に入ることもできませんのでご注意ください。

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:20時以降雲が出てくる予報です。

さてさて、昨日の続き富士見台高原登山編②です。昨日のんびりスキー場をこえて展望台へ行きましたが、今日はそこから萬岳荘までご紹介。

わたしの登った日は雪も少なく春のような感じでした。昨日の記事でも書きましたが、わたしが登った3日前くらいの山の記録を見ると樹氷ができ、雪もがっつりある感じでした。このブログだけを信じて(ゆるーい紹介ブログです!)軽装で行くことだけはおやめください!登山はすべて自己責任です。2000m以下といっても気象状況などで状況は一変します。今年はすでに新潟の1000m以下の山で雪崩も起こっており、死亡事故も起きています。冬山に行かれる際は十分な準備と状況判断で安全登山をお願いします。

さて、展望台を後にしてテクテク車道を進みます。夏は萬岳荘行きのバスが走っていますが、冬は萬岳荘がやっていないのでバスも無しです。(一般車両は走れない道なので注意です)

進んでいくとパノラマコースという分岐にきました。車道の道沿いに行くのもいいんですが、はじめに登った時に車道は行ったことがあったので今回はパノラマコースに行ってみました。

多分一番の傾斜がここかもしれません。けどその先はとってもいい眺めなので、ここだけ頑張って登っていただきたい感じです。眺めも最高でまさにパノラマコースです!

はぁはぁ言いつつ頑張って登ると、、

目の前に100名山の恵那山がドーンと見えてきます。台形で八ヶ岳の硫黄岳みたいなドテっとしたお山です。100名山ですが、眺めがよくないらしく、眺めの良さを重視するわたしとしてはこんなに近いですが、多分登らない山だと思います。

わたしの山登りの基本は絶景。山に登った人しか見れない景色です。なので100名山とかのこだわりがないので、山頂に行っても何も景色が見えないとなると、、、そんなガッツは全くありません。恵那山登る人はすごいです。

パノラマコースは本当にパノラマで360度絶景です!後ろは恵那山。前は御嶽山と乗鞍岳(ちょっと切れてますが、、)左側の薄っすら白いのは多分白山です。写真が止まらないので足が止まってしまいます。

しかも雪が本当に少ない!サクサク進めます。富士見台高原のピークが見えています。(左のぽこっと出たとこです)奥には中央アルプスの木曽駒ケ岳と空木岳かな?パノラマコースが春山っぽいので余計に奥の中央アルプスの白さが際立っています。かっこいいぜ!中央アルプス山脈!

稜線をサクサク進んでいくと

岐阜県との分岐に出ます。岐阜県側からだと夏場はここまで車で上がってくることができます。(今は積雪があるので途中までかもしれません。岐阜県側の事は中津川観光協会へお問合せ下さいませ)

ここまで来たら萬岳荘までもう少し!ここら辺は日当たりが良く、ひなたの雪は水分が多く重い感じになっていて少し歩きにくいです。日陰は締まっているのでガシガシ行けます。

そんな感じで展望台から1時間くらいで萬岳荘まで来ました。

駐車場は太陽サンサンなので雪がガンガン融けてスケートリンク状態でした。滑って遊ぼうかと思いましたが、転んで帰れなくなったら遭難するので止めました。油断大敵。ふざけている場合ではございません!

萬岳荘は今の冬季期間中はトイレと非難室が空いています。非難室は宿泊もできるみたいで薪代込みで1000円。(詳しくは「萬岳荘のHP」←文字をタップするとHP飛びます。 をご覧ください)

次回は山頂~下山編です!2時間くらいなのにすごい引っ張ってしまいすみません。