温泉巡り 諏訪・岡谷・茅野・松本

日帰り温泉編:下諏訪温泉遊泉ハウス児湯

2018.02.27

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。とってもいい天気でぽかぽかでした。春ですねー。最近あったかくなったおかげか花桃のお問合せが多くなってきました。桜が咲かないと何とも言えないんですが、例年は昼神温泉周辺は4月の中旬開花下旬に見頃になる感じです。5月まで入ると散ってきてしまっています。去年は4月22日頃から見頃でした。

一か所5000本咲く花桃の里は月川温泉という場所で、こちらの方が標高が高いので咲くのが昼神温泉よりも遅くなります。開花が4月の下旬。見頃は5月GW頃になります。去年は5月1日頃から見頃でした。

ただ、自然のものの為何とも言えません。早い時は月川も4月下旬には終わってしまった年もあるようです。また4月入ったらそこら辺の更新もしていきますねーー!

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:雲多めです。少し見にくいかも。

さてさて、昨日の登山の続きで、今回は温泉をご案内します。下諏訪は温泉のまちでとっても温泉の温度が高いのが特徴です。多分普段半身浴してぬるめのお湯でアロマキャンドルとかお風呂場にあってバラの花びらとか浮かべてお風呂を長めに入るオシャレ女子は多分入れません。下諏訪のぬるめは44℃。熱めになると46℃くらいになってるんです。もう熱くて熱くて足がめっちゃ痛い。初めてで入ってびっくりしました。そして、至る所に温泉が出ています。

お家の近くにも温泉。寒いので所々で手を洗ってあったまりました。

玄関先に洗濯機のあるお宅。その上に外を見守るネコがこっちを見てた。さすがこどもを守る安心の家です。

ちょっと気になってた菅野温泉。細い路地を入って行くと廊下になって急に入り口が出てきます。明治19年創業の温泉。大人230円。比較的下諏訪温泉の中ではぬるめらしい。42~43℃みたいです。

とりあえずわたし今回は入ったことのある温泉で遊泉ハウス児湯に行きました。

駐車場もたくさんあって停めやすいです。お金もさすがの大人230円小人110円という安さ!安っ!

遊泉ハウス児湯・・・源泉は諏訪明神御神湯伝説に伝えられる女神が化粧用に綿に湯を含ませて置いた所から湯が湧いたという綿の湯 源泉です。現在の浴場は江戸時代中期以前から街道を行き交う旅人に親しまれ、日本三古湯として有名な綿の湯と、湯質が良く特に子宝に恵まれるとの評判が高かった児湯の跡地に、昭和62年に遊泉ハウス児湯として新しくなりました。

時間は5時30からやっています。はや!

お風呂は内湯と打たせ湯と露天があります。露天はどうにか44℃くらいで入りやすいんですが、他の中のお湯はめっちゃ熱い!真っ赤になりますが入った後はスカッとします。地元のおばあちゃんばっかりです。お互いの背中を洗ってあげたりおしゃべりしたりしています。それにしても平気な顔で入っている地元の人がすごい。

真っ赤な顔で出てひと休み。受付のおばあちゃんが「せっかく来てくれたのに、混んでてゆっくり入れなかったでしょ?」と心配して声かけてくれましたが、地元の人じゃなきゃあのお湯にはゆっくりつかれないので十分でした。

ここでも熱いですが、新湯や旦過の湯はもっと熱いという記憶があるので、初めての方は児湯からスタートがいいかもです。

とりあえず人生で断トツ1番で熱かったのは新湯です。めちゃくちゃ熱かったです。湯船から流れ出るお湯さえも熱すぎて洗い場でヤケドしそうになりました。湯船には足しか入れられなかった記憶があります。長野県は広いです。