ドライブ・スポット 駒ヶ根市

工場見学@養命酒健康の森

2018.02.15

こんにちは、観光局です。今日はあったかいです!気温は4℃でした。あったかすぎてびっくりでした。

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:薄曇りっぽいです!見えにくいかもです。

さてさて、今日はこの前の続きです。友だちが来ていたので、ノリで養命酒の工場見学に行ってみようかーと話になり、急に思い立って行きましたのでご紹介します。養命酒と言えば漢方薬っぽいイメージだと思うんですが、最近おしゃれな商品が多くて個人的にはとってもお気に入りなのです。前から気になっていた工場見学ですが、さすがに一人では行けなかったので友だちが来たこのタイミングで行ってきました。

昼神からは駒ケ根インター降りて行きます。高速利用だと45分くらい。下道利用だと1時間10分程です。

工場見学は予約もできるみたいですが、そのまま行ってもいいっぽいです。わたし達はランチでガレット食べながら思いついたので、予約もなしにそのまま行きました。

入って行くとオッシャレ―なエントランスがあって工場見学の人は2階へ行きます。2016年の4月にリニューアルしたばっかりです。

「工場見学ですか?〇時からの回でご案内しますねーどうぞー」と笑顔の素敵な方がご案内してくれるいう感じです。わたし達が行った時はすごい良いタイミングであと3分後には始まるとのことでラッキーでした。おまけにド平日だったので、行った時間の参加者はわたしと友達の2人だけ。2人に笑顔の素敵なガイドさんがついてくれました。貸切状態でとっても良かったです。

また工場見学では80分のコースと短いコースがあります。が、80分コースが断然おすすめです。80分のコースで2月中は特別にあまちゃんでもお馴染みの三陸鉄道とコラボした養命酒こたつに入れたり、普段は飲めない試飲も多いみたいです!

そんな感じで時間がすぐに来たので見学スタート。

初めに10分間くらいの成り立ちのビデオ上映があります。とってもおきなホールで2人で貸切です。申し訳ないくらいの贅沢!せっかくなので友だちとは席を離して座りました。

養命酒の看板商品は何といっても社名にもなっている養命酒です。これは酒と書きますがお薬なのです。なので酒屋さんやスーパーにはないというのです!薬なので薬局にあるそうです!(お酒だからと思っていたけど、実はすごい飲み物だったんだ!)

社名にもなっている養命酒をすべて作っているのが長野県駒ケ根市の健康の森なのです!体を温めるて病を防ぐ・病を治すというものが養命酒です。

映像を見た後は実際に養命酒に入っている漢方や作り方を見に行きます。

中に入っているものがこちら。この部屋に入った瞬間に漢方の匂いがします。わたしは大好きな匂いでクンクンしました。匂いが独特なので見学の方の中には「うっ!」ってなる人もいるみたいです。

ここで養命酒に入っている漢方の説明と写真の引き出しをひくと実際に中に入っているものを見たり触ったり嗅いだりすることができます。木の皮や葉っぱや花。後はマムシなんてのもありました。骨になってるので気づかなかったけどよく見るとマムシの頭がついています!ぎょえ!

こんな感じで数種類を袋に入れてお酒に漬けてエキスを出します。この工程の説明も面白いです。

そのあとはいよいよ工場のメイン!何千本もが一気に流れて瓶詰して箱に入れての梱包や最終チェックの工程を見れます。日によって養命酒だったり他のお酒みたいで、見たときは養命酒から出ているおしゃれなハーブのお酒がすごい勢いでラインを流れていました。

短いコースの場合はこれで終わりなんですが、わたしと友達は80分コースなのでお楽しみの試飲へ突入です!その部屋に行くまでに団体ツアーに遭遇しましたが、20人以上のお客さんに対してガイドさんが1人。わたし達は2人にガイドさんが1人だったので、ガイドさんにいろんな話が聞けて楽しかったです。やっぱり夏休み、GWなどはとっても混んでいるみたいです。ガイドさん曰く2月は本当にねらい目だそうです。わたし達みたいに貸切で案内してもらえる日も多いみたいです。何も知らずに行ったけど、本当にラッキーでした。

試飲できるお部屋はこんな感じでオシャレ―!養命酒の工場の横には養命酒の商品を買える蔵を改装したお店とカフェがあるんです!工場見学しなくてもそのまま蔵のお店とカフェだけ利用するのもできるのでとってもおすすめ。

養命酒以外でもハーブの恵み(これはおいしいので養命酒よりは飲みやすいです)ほかにも高麗人参のものなどもあります。が、上段の養命酒はお薬扱いですが、下の段のお酒はお酒です。効能などはやっぱり養命酒の方がいいみたいです。キンキンに冷やして飲むと常温よりは飲みやすいらしいです。

さーてまちにまった養命酒こたつの登場!ちゃんとあっためてくれてあるのであったかいです。そして、気が付きました?養命酒の形のライトですよーー!すごいww

こたつはこんな感じです!実際にこたつ列車という三陸鉄道の電車でこのこたつ使っていたそうです。よーく見るとこたつの掛け布団も養命酒の柄!細かい!!

机の上にはこんな感じの試飲シートがあって4種類の試飲やおつまみも楽しめます。あと横の糖の上昇を下げる糖ケアという飲み物もプレゼントです。糖ケアも最近できたもので、ゆず・レモンで本当に飲みやすい。

後は2月は特別にこれ以外にもラインで流れていたおしゃれなハーブのお酒も試飲できるみたいです。ガイドのお姉さんが「2月は本当にとってもおすすめです。試飲もたくさんあるし、プレゼントも他の月は決まってますが、2月の見学の方は何種類からお好きなのを選んで持って帰ってもらってるんですよ。」と教えてくれました。

本当にラッキー!ぜひ皆さんも気軽に立ち寄ってみてくださいー!ただ、ドライバーさんだけは試飲できないのでご注意ください。本当は全部試飲したかったのに、残念でした。めちゃくちゃいい見学がタダ!お土産ももらえてとっても楽しめました。養命酒すごい。

リンクを貼ってきます!→「養命酒駒ケ根工場