登山

冬山登山@黒斑山2404m②

2017.12.30

こんにちは、観光局です。今年も残り2日を切りました。

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

園原周辺は凍結注意です。積雪はありませんが、車間距離など十分に空け、安全運転でお願いします。

さてさて、昨日の続きです。黒斑山から蛇骨岳へ向かいます。大体黒斑から夏場は25分くらいで蛇骨岳です。黒斑からは一気に雪山感が出てきます!もっふもふ!登山道は歩いている人も多いので歩きやすいです。

この中を進んでいきます。

北欧の山感がすごいです。北欧に行ったことないのですべて想像ですが、多分こんな感じでしょう。トナカイとか出てきそうです。青空に雪が映える!飾り付けしたくなります。

スノーモンスター出現!つかまりそう!うわーにげろーい!

こちらは枝にも雪が積もっています。なんかアジの開き状態で面白い。冬にしか見えないこのかんじが冬山の魅力ですねー。

視界が開けるところの木は雪が解けてツララの飾りをつけています。別名鼻水ツリーと名付けました。(ネーミングセンスがひどい!)蛇骨岳まで行く時に黒斑山からの稜線を歩いて行くんですが振り返ると

北欧感!!!黒斑山は正直浅間山を見るだけの山だと思っていましたが、冬はこの絶景!冬が黒斑山のホントの姿ですね。山の山頂には浅間山の噴火を監視する電波塔がちょこっと見えます。結構きたなー!もうすぐ蛇骨岳です。

11時20蛇骨岳到着ーー!

3度目の蛇骨岳ここは多分上から見ると蛇の骨のように細い尾根が続いているからそう呼ばれるのかと思います。ここから先はわたしもまだ行ったことがないです。夏はその先へ縦走したいと思いますが、冬は日が短いしもうお腹空いたしでここがゴールです。

写真の左のぼこっとした岩場で浅間山独り占めでお昼です。山の形が完全にチョコレートケーキなので今回は甘いお昼にしました。持ってきた水筒にココアを入れてシェイクしたら出来上がり。ホットココア。行動時間が短かったので簡単にパン。メロンパンを食べました。

浅間山よりも登ってきたトーミの頭(左側の岩のぼこっと出てるとこ)と黒斑山(右側の一番高い木があるとこ)がかっこよすぎます。

雲が出てきたので悪くなる前に下山。

またね、浅間山。この日は平日だったのに10組以上のパーティーにあいました。黒斑山は夏も冬も人気あります!トーミの頭まで引き返してきてすぐ近くにある中ルートで下山開始!

黒斑山は小諸市の管理の方がとってもいいので迷わず行けます。

中ルートはこんな感じで視界がないので、無言で特に写真も撮らずサクサク下ります。

駐車場まで到着。無事下山!天気も良くていい雪山登山できましたー♡あーたのしかった。冬山登山は準備と天気さえよければ夏山登山以上に楽しいと思います。