登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

冬山登山@高見石①

2018.01.31

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。青空が多めでうれしいです。気温は相変わらず低めの昼神-4℃浪合は-9℃でした。今日で1月終わりですね。2月は出張が多くなるのでブログの更新が減るかもしれませんがたまーに覗いてもらえると嬉しいです。

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:15時から雲が増えてきそうな予感です。明日は曇り予報なので夜星を見るのは厳しいかもです。

さてさて、今日は冬山行ってきたのでまた登山編です。登山と言っても今回は山頂に行ったわけではありません。前回の富士見台で雪山にいけなかったので雪を求めて行きました。

寒波がきた後だったので、積雪も十分にあると山小屋の人からの書き込みがありました。これは!と思って大好きな八ヶ岳へ北八ヶ岳の高見石へ行くことにしました。高見石は白駒池が一望できる眺望の良さと、高見石小屋が通年営業でそこの揚げパンがおいしいと評判だったので食べてみたくなって行きました。夏場は白駒池まで麦草峠を通ってスイスイ―と行けるので実際に高見石まで歩くのは1時間くらいのハイキングになります。冬時期は麦草峠が通行止めなので下の渋の湯から登ることになります。

という事で渋の湯へ。諏訪インターで降りて茅野方面へ進みます。昼神からは高速利用で2時間。

大きな国道から山へ入って行くと渋の湯までの道はこんな感じです。登りはいいんですが、下りは結構怖いです。冬用タイヤ必須ですので必ずお願いします。坂の途中で止まっている車が2台ありました。国道から渋の湯までの道へ入ると1車線。すれ違いができない道にさらに工事中でもうヒヤヒヤ。朝早かったので出てく人はいないでしょーと言い聞かせなんとか駐車場に到着です。

渋の湯の駐車場に停めさせてもらうので先に旅館へ受付。1日1000円です。無事に駐車して、いざ!準備している間にもバンバン車が入ってきます。土日のいい天気は混んでいます。みんな寒波明けのフカフカの雪を求めて山の中へ来ています。県外ナンバーばっかりで皆さん何時間もかけてきてるんですねー長野県民なので2時間くらいで登山口まで来れる幸せ。

8時30頃に登山届を出してチェーンスパイクを履いて進みます。

初めから結構な積雪です。渋の湯は高見石方面と天狗岳へいくルートがあるのでかなり冬山登山の人が多いです。わたしも装備がしっかりしてれば天狗岳方面へ行きたいんですが、まだまだ技術不足なのでまだいけません。来年くらいは行きたいです。冬山は夏山以上に準備や技術が必要だと思います。安全登山で楽しい山ライフをお願いします。

樹林帯の中は無風なので、気温が低めでも歩き始めるとあったかくなってきて快適です。木にまっすぐつく雪がなんだか不思議です。渋の湯から高見石ルートは夏場は岩がゴロゴロらしく大変らしいですが、冬場は雪のおかげでとっても歩きやすかったです。サクサク進むとだんだん雪が増えてきました。

樹林帯を超えると視界が開けて空がバーン!風が強いので雲がグングン動いています。

両サイドに雪をがっつりかぶったモミの木が登場で一気に北欧の山に変身しました。天気もいいし楽しいなー♡雪もフカフカ。写真を撮りながらのんびりまったり登ります。

木の間をバフバフ進むと、

木がなくなり岩だらけの賽の河原という場所になります。谷間なので風が強いです。樹林帯のなかでバフバフの雪の中だったのに、賽の河原まで来ると雪が固くなっています。

自然の美しさにうっとり♡風は強いけど、この異空間がかっこいいーーー!

後半戦はまた次回に続きます。