信州の南天龍村

2017.03.15

こんにちは、観光局です。お久しぶりです。こんな長くブログをお休みしてしまいました。実は先週から人生初のインフルエンザになってしまい寒気と頭痛に苦しめられ大変な週末を送っておりました。外に出るのが大好きなわたしが4日間も家の中だけで過ごしました。本当に体調管理って大事です。皆様も体調には十分お気を付けください!!

昼神は晴れ。また最近冬っぽい気温が続いています。気温は昼神3℃浪合0℃でした。寒いです。

今日の道:雪無し。

今日の星:21時くらいまで曇り。

今日の花粉:やや多い

さてさて、わたしがインフルになる前に行ってきた長野県の最南「天龍村」ではもう桜が咲いているとの情報を耳にしたので、見に行ってきました。天龍村は飯田線にのって行った以来で駅のホームしかおりなかったので是非行ってみたいと思っていた場所でした。昼神温泉からは1時間ほどで行くことができます。意外と近い。もっと遠いと勝手に思っていました。

緑の多い1300人ほどの村民がいる本当に小さい村です。ここは長野県では珍しいお茶畑とゆずの栽培が盛んです!ここは天龍村のパンフレットになっている場所で天竜川と平岡ダムまた天龍村の人口の8割の人が住んでいる集落が見ることができる絶景ポイントです!カーブが多く道がとても狭い本当に田舎の村でした。

役場へまずパンフレットをもらいに行ってきましたが、長野県で信じられない南の島に生えていそうな南国感たっぷりの木がお出迎え。この木はシュロの木といって村木になっているそうです。南部の特に温かい地域にみられる特徴だそうです。今にも白い砂浜。さざ波が聞こえてきそう。ザザーンザザーン

そしてお目当てのカンザクラを見に行きました。見るポイントは天龍村といえば数多くの秘境駅のある飯田線沿線で!写真を撮っていると飯田線の電車が5分後に通るというので一緒に桜と飯田線を撮るべく待ちました。

踏切の音がして電車が!構えていると「この駅止まらないからね!」と一緒に待っていたおじさんが。

急遽連写に切り替えて撮影!

うーん。まぁまぁですね。桜は3分咲き位でした。そろそろ見ごろになっていると思います。「天龍村役場のHP」でも桜の開花情報を載せていますので是非チェックしてから行くのをおすすめします。見たら14日で9分咲きとのこと!!おおおー

またこの見に行った伊那小沢駅には「バナナの木」という地元の人が呼んでいる木(バナナじゃないけど、似てるらしい)があるそうで、今は切ってしまったそうなんですが、本当にバナナの匂いがするんです。切って枯れているんですが、不思議です。バナナじゃないのに匂いがバナナ。ますます南の島みたい。

そのあと梅林もあるというので案内してもらいました。

こちらは満開。もしかしたらわたしがインフルで寝込んでいる間にもう散ってしまったかもしれません。。。一面梅のいい匂いがします。春ですねー。

梅はようやく阿智村でも咲いている木が増えてきました。天龍村まだまだ見どころたくさんです。次回に続く。。。