ヒッチハイクと木目込み雛

2017.03.21

こんにちは、観光局です。今日は雨。浪合は吹雪。気温は昼神2℃、浪合0℃でした。浪合は朝から雪が降っています。結構水分多めの重い雪でした。昨日はお天気良かったんですが、今日からまた下り坂。

道の積雪はありませんが、国道153号と国道256号は峠道ですので、凍結注意です!

上の真っ白はもちろん浪合。昼神温泉は雪ないです。ご安心ください!浪合の今日の朝は真っ白で奥の山が見えません。

そして、昨日は奈良県からヒッチハイクで昼神を目指してきたという大学生が。

ブログ載せていいとの事でパチリ。とってもかわいい元気な3人でした。

おととい星も見れたそうでよかったです。

大学在学中に人生で絶対やらないことがやりたいと思い立って3人でヒッチハイク。奈良公園からスタート。滋賀や名古屋を通って無事に目的地の昼神温泉へやってきたそうです。

いやーすごい。写真からもわかるようにめっちゃいい子でした。また夏に帰ってくるそうです。楽しみです。こんなおもしろい出会いなかなかないです。ここが最終目的地を昼神温泉にしてくれるなんて、嬉しいですね。

今日は天気が悪いので早めにヒッチハイク開始するそうです。気を付けてね――!

今日の道:昼神は雪無し。ただ治部坂峠153号と清内路峠256号は雪がふっていますので、お気を付けください!

今日の星:21時から晴れそうです。こんなに雨で夜見えるのかな。。。ちょっと心配。

今日の花粉:少ない

さてさて、今日は今絶賛展示中の中馬ぬくもり街道ひな祭りの見どころをご紹介します。

このひな祭り4月3日までやっています。以前もこのブログでご紹介しましたが、駒場地区の旧銭湯「玉の湯」の中にあるお雛様

写真奥のお雛様は昭和38年の特大雛で今も残っているのがとっても珍しいんです。

わたしのオススメは右側に置いてある昭和のお雛様これは昭和63年の新しいものですが「木目込み雛」というものです。人形の表情もとっても柔らかく一体一体とっても優しい顔をしています。ちょっとふっくらしています。

木目込み雛は木や桐塑(とうそと読み、桐の粉末に正麩糊(しょうふのり)を混ぜて作った強度の強い粘土の一種です。)で作った胴体を彫り、溝を入れて、衣装の端を木目込んで製作した人形のことで、正式には江戸木目込み人形と言います。

つまり型を作りそこに粘土で人形の土台を作ります。そのあとその土台に着物の布を差し込み、パッチワークのように布の柄を合わせながら作っていきます。手作業で作っていき作業工程が多いので何年もかかる職人技です。

玉の湯は本当に珍しい昔の銭湯と雛人形がありますので、ぜひぜひ見に行ってみてください。駐車場は駒場の阿智村商工会か阿智村役場へお停めください。商工会のが銭湯には近いです。