ドライブ・スポット 木曽方面

今年は仔馬も産まれました!

2018.06.10

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。14時から雨予報です。台風が接近中の様ですので、皆様お気を付け下さい。ようやく梅雨らしい感じになりましたね。

さてさて、そんな梅雨の貴重な晴れに久々に開田高原へ御嶽山と木曽馬を見にいきました!事前に木曽馬の里のHPで調べて行ったらなんと仔馬が産まれたそうな!これは見たい♡と思って久々に清内路峠を越えて大好きな木曽街道へ向かいます。今清内路トンネルの工事やリニアの関係でしょうか?256号は工事をたくさんしていたので、片側通行になっていました。時間に余裕をもってドライブしてくださいー🚘

昼神から開田高原までは1時間40分くらいです。

久々の19号は相変わらず左側に中央アルプス、右側にはグリーンのきれいな川が流れています。山深い木曽地域もすっかり初夏の新緑が映えるようになりました。ばびゅーんと行くと、

ようやく開田高原の案内が出てきました。ここで左折して開田高原へ入って行きます。延々まっすぐ登っていくと新地蔵トンネルまで来ました。ここでまたトンネル内点検。閑散期はやっぱり夏に向けて工事が多いです。

このトンネルを抜けると一気に25℃から20℃くらいになりました。涼しい―やっほーう!

開田高原まで行くと気付くんですが、開田高原って信号が無いんです。ホントに平和な場所で道も広くていいところです。ただ、開田高原の子たちは信号機を見たこと無くて大きくなってルールを知らないと困るので、必要ないけど一か所信号機がある場所もあります。「水生植物園」という信号です。この唯一の信号のある水生植物園は今「忘れな草」が満開になっていました。

小さい花がばーと咲いていてきれいなのでおすすめです♡

去年知ってお気に入りだったので、今年も満開を見れてよかったです。開花は6月7月を見れるみたいです。

そのまままっすぐ行くとようやく目的地「木曽馬の里」に到着です。

うーん!御嶽山今日は見えないかなぁ泣8合目より上が雲の中でした。御嶽山はとりあえず諦めて木曽馬に逢いに行きます。

近くまで行くと寄ってきてくれます。こちらはオスの木曽馬

木曽馬は温厚な性格で首と足が短くずんぐりむっくりな体格の馬です。日本在来種で農耕を手伝う馬でしたが、明治以降は活躍の場が減ってそのために数も減ってしまいました。現在は開田高原で木曽馬の里で保護されています。無料なので気軽に触ったり写真を撮ったりできます。

奥はメスの木曽馬のゾーンです。みんなのんびり食べていますが見に行くと寄ってきてくれるかわいさ♡奥には御嶽山が見えるはずなんですが、行った日は雲が多くて見れなかったです。。その隣は今年の春に生まれたばっかりの仔馬と母馬のゾーン

しかも、見に行くとこのかわいい子が「わーーかまってかまってーー」ってしっぽを振って近づいてきてくれるのがめちゃくちゃかわいいです。お母さんは後ろから様子を見ています。

めちゃくちゃかわいい仔馬に夢中で何枚も写真を撮ってしまいます。あーかわいい。

2頭仔馬が生まれたそうで仲良しで遊んだりしていました。あーかわいい。それしか出てこない。。

開田高原は長野県内でも1位2位を争うほどの涼しさなので、この日はいい感じの気温で風がそよそよ、気持ち良くなってきて寝だす仔馬。かわいい。お母さんは夢中でご飯を食べていました。

開田高原は何度来てもいい場所です。木曽馬はかわいいし、広々してて白樺の中をのんびり暮らす木曽馬を見るだけでも癒されます♡ぜひドライブに木曽も行ってみてくださいーー!

ちなみに6月7月の毎週月曜日はこの木曽馬に逢いに行けるバスツアーも8:00-14:30でお昼付き一人7000円で運行しています。バスで来た方はバス利用で開田高原までご案内します。