伊那市 登山

ガチ登山@甲斐駒ヶ岳2967m③

2018.07.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。昨日の夜ザーと降ったようですが、今は曇り空です。夜から台風の影響で大雨予報になっています。ナイトツアーは大丈夫でしょうか?また情報が入ったらHPにてお知らせが出るかと思います。

さてさて、引き続き甲斐駒ヶ岳登山レポート③です。

山頂ではさっとお昼をとってバスの時間があるので下山開始。

帰りはまき道で下山しました。砂が沢山ある北アルプスの燕岳みたいな場所なので、なかなか歩きにくいです。しかも雲の動きがスゴイ。一瞬で真っ白になったり景色が見えたり忙しいです。

六方石から駒津峰までが登りになるのでめちゃくちゃ暑くて大変でした。岩登りになるんですが、岩が暑くてヤケドしそうでした。

何とか登ったら向かいに見える仙丈ケ岳の上にも雲がかかり始めていました。

ここからは本当に午後の暑さと疲労が襲い掛かってきました。暑いし、水はぬるいし、しかもほとんど量が残っていないし、バスの時間のせいでほんとにさっさと下山しなきゃだし、と思いながら駒津峰に到着。

2時間で北沢峠という看板がありました。12時40だったので急げば15時のバスが乗れるし、16時も余裕で乗れそうです。あーよかった。でもとりあえず暑くて喉乾いてこのままいたら熱中症になりそうなので、とりあえず下山開始。下山したら炭酸が効いたジュースをがぶ飲みしたい気持ちでした。

陽射しも暑くて日焼けしまくりなので、早く稜線から樹林帯へ行きたくなりました。何も考えずとにかくただひたすらに下山。

30分くらいで樹林帯へ入ったので、とりあえず日焼けの心配はなくなり、日陰の中に入ったので涼しくなりました。しばらく行くと、

こんな感じの仙水峠という分岐に出ました。八ヶ岳の天狗岳の天狗の庭という岩だらけのような場所でした。仙水峠から北沢峠まで1時間でやっぱり計画通り15時前には着きそうでバス問題は大丈夫そうです。

進んでも岩だけ。こういう岩場好きなので歩くのは楽しいんですが、とにかく喉乾いて大変でした。しかも、ここでなんか背中がやたらと濡れていることが発覚。「あれ?汗かなー?」と思ってザックを下ろしてみたら、ザックの中の飲み水を入れてるハイドレーションが水漏れしていることが発覚。

ハイドレーションが緩んでいて水がほとんど流れていました。残り500mlを切っています!これはやばいいいいいいーー北沢峠まで1時間。なんてもたないよー泣とりあえずその先の仙水小屋という小屋に水マークがついていたのでそこの水場で水を補給しよう!と思いながら進みました。ただ水マークでも雨が少なかったりすると水場が枯れている場合もあります。(仙丈ケ岳の仙丈小屋は枯れているという情報が!)

小屋までの道はほんとに疲れた体には優しいフラットな樹林帯。なんていい道なんでしょうか。涼しいし鳥の声が優しいです。

そしてついに小屋到着。水の音が聞こえてきて

やったー!南アルプスの天然水飲み放題!最高!4℃のキンキンに冷えた水がダクダク流れていました。思わずコップ4杯もがぶ飲みで生き返りました。最高―!ハイドレーションの中のぬるくなった水と新しく入れ替えてやっと元気になりました。

その後はこんなきれいな川沿いを歩いて行きました。

最高。

アー最高!下山にこのルートって最高じゃんーと元気になったので足が軽くなった感じでした。その後長衛小屋を通って無事に北沢峠まで15:10頃戻ってきました。

15時のバスはもう行ってたのでのんびりこもれび山荘に寄ってみました。

このかわいい看板が目印!南アルプスの小屋の中で多分一番かわいいんじゃないかという山ガールにも大人気の小屋です。かわいすぎ!

バンダナがめちゃくちゃかわいかったので買ってきました。甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳があったんですが今回は登った甲斐駒ヶ岳にしました。大好きなライチョウが描いてあります!1000円とバンダナの中では安い!

無事に16時のバスで帰ってこれました。日帰りはやっぱりコースタイムが長くバスの時間もあるので結構大変かもですが、南アルプスの中ではアクセスしやすいのでおすすめです!