登山

ガチ登山:御嶽山編②

2017.08.27

こんにちは、観光局です。今日はとても良いお天気で、30℃超える一日になりそうです。ただ夜は、現在雲がでてきそうな予想となっています。

本日のナイトツアーは2部営業です。会場はヘブンスそのはら

1部チケット販売 17:15より 上りゴンドラ17:30-19:30

2部チケット販売20:45より 上りゴンドラ21:00-22:00です。

日帰りの方は予約制ではありません。先着順の当日チケット売り場へ並んで購入のみになりますので、お気を付けください。当日行かれる方はご注意ください!列に並んでも先着順の為上に行けない場合もあります。ヘブンスそのはらHPで詳しい混雑状況などを確認することができます。

さてさて、早速昨日の続き。9合目石室山荘2800mから二ノ池を目指します。

トレランのお姉さんに置いて行かれ、また一人でのっしのっしと上がっていきます。

本当は御嶽山山頂は目の前ですが、今もまだ9合目までしか行けません。噴火の爪痕はまだまだ残っています。絶対に立ち入らないようにお願いします!

いつか元の御嶽山に戻ったら3067m剣が峰山頂にも行ってみたいです。

朝あんなに曇っていたのに計ったように9合目からはいい天気!森林限界も過ぎているのでとってもいい眺め。青空って素晴らしい。ここからは大好きな稜線歩きです。

しばらく行くと二ノ池に到着。海のようになっていました。砂浜のように見えるのは噴火の影響か灰が固まっています。白いのは雪渓。水は噴火前は青かったみたいですが、底に灰が沈んでいるのでおもしろい色をしています。これはこれでキレイ。

この横に二ノ池山荘があったんですが、噴火の影響で現在は営業していません。工事していました。

二ノ池の後は摩利支天山を目指します。御嶽山で今登れる最高峰です。

ただ、この後数分後に一気に猛烈な風が出てきてガスがどんどん視界をふさぎあたりは真っ白。視界が一気に悪くなりました。数メートル先もわからない状況。音も風のビュービューという不気味な音しか聞こえません。少し歩いたんですが、自分がどこにいて摩利支天山までどれくらいなのかわからない状況になってしまいました。ソロ登山の為不安になります。

どうしよう。午後は天気雨だったしなーこのまま天気悪くなって雷とか雨降ってきたら帰るのはとっても大変です。権現岳で不安の中ハイペースで下山して親指の爪が内出血したり、足が動かなくなって大変だった経験があるので悩みます。無理すれば行けると思うけど、地図を確認すると摩利支天山まで行くと下山まで距離が長くなるしなー

しばらく頑張って歩いたんですが、やっぱり怖くなったので三ノ池を目指して下山することを決定。

ここで落ち着いてアウターを着ます。汗が冷やされて低体温症になって動けなくなったら困ります。一人なのでとにかく落ち着くことが最優先。周りが見えなくなって道迷いしたり滑落したりしたらシャレになりません。

岩の陰でドライマンゴーで糖分補給。(これも権現岳で食べずに無理したので糖分不足で手がしびれて大変だった経験により)

この時も決めたくせに、正直どうしよう。せっかくここまで登って来たのになーもうちょっとなら行けるんじゃないかなーと葛藤しながらでした。

でも、せっかく来たけどこの感じだったら山頂で景色は見えないし。御嶽山なら昼神からも近いしまた天気がいい時にリベンジすればいいやー!と切り替えました。

(ここら辺。ホントに怖かったので写真を撮ってる余裕がなく、文章ばかりですみません。)

気持ちを切り替えたとたんに落ち着いたからなのか登りの時に全く気が付かなかった8合目、三ノ池➡の看板を発見。

おおおーーーこんな近くに三ノ池に行くルートあったんじゃん!と一安心。ホントに周りが見えない(視界も、気持ち的にも)って怖いです。

という事で三ノ池目指して下山開始。下山は登りよりも危ないので慎重に下ります。

つづく。