グルメ・お土産 ドライブ・スポット 飯田市

しらびそ高原へ行ってみた!

2019.09.30

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。秋晴れのいい天気が続いています。朝晩は冷え込むようになってきましたが、昼間はまだまだ暑いくらい。今日も29℃くらいあります。台風が接近しているようなのでまた天気は崩れそうです。明日で10月。今年も残り3か月です。早い!この前花桃が咲いて大賑わいだった昼神ですが、夏休みが終わりナイトツアーが運休期間中で少し落ち着いた日が続いています。

次は秋シーズンが10月12日~21日となります。この期間が終わると今シーズンのナイトツアーは終了です。その後は早朝のご来光や雲海をみる雲海ハーバーへ切り替わって行きます。(10月22日~11月24日まで)また紅葉もいい時期になり、ヘブンスの三段紅葉が楽しめるようになってきます。(10月中旬から11月中旬にかけて)

さてさて、今日は近くて遠い下栗の「しらびそ高原」へ行ってきたのでご紹介します。10月14日から11月11日まで毎週月曜日は半日バスツアーの大人気コース下栗の里への特別便が運航されるので、道などの視察に行ってきました。近くて遠いというのはしらびそ高原は阿智村の隣の飯田市にあるので、飯田市へ行くのはスグですが、しらびそ高原まで行くのは車で2時間ほど。飯田市へ入ってからが遠いのです。

くねくねの細い道をひたすら登って1900mまで車で一気に登ります。

登った先には南アルプスの南部の山が望めるしらびそ高原に到着です。阿智村が29℃でしたが、しらびそ高原は19℃ほど。標高も高く涼しい秋の陽気でした。

天気が良く遠くの山も良く見えました。

だいぶ分かりにくいですが、伊那の山の奥が中央アルプスでその奥にうっすら北アルプスの槍ヶ岳が見えました。数日前に槍ヶ岳に登ったばかりなので、あそこへ登ってたんだなぁとなんだかしみじみしました。ホントに自分が登ったのか不思議なくらい遠い山です。(現在激しい筋肉痛なので、ホントに登ってます)久々の3000mで初めての槍ヶ岳でしたがかなりかっこいい山でした。

しらびそ高原から見る南アルプス南部の山です。どっしり。全て未踏の地

左から荒川前岳と一番右のとんがった耳二つが聖岳と光岳です。かっこいい。

しらびそから下ってお昼にしました。道の駅遠山郷の横にあるご飯屋さんがジビエ料理があるという事で行きました。「食楽工房元家」さんです。道の駅の端っこにあります。

入って行くと大将の元気な声が!「お好きな席へどうぞー!」と言われてメニューを見ます。

お昼はご飯とお味噌汁お代わり自由です。

色んなサイズのお茶椀がどっさり。

遠山郷といえばジビエでしょう。わたしは鹿肉が好きなので鹿カツレツ。一緒に行ったガイドさんは鹿味噌グリル定食にしました。

夜は居酒屋でやってるみたいです。

数分待つと

奥さんが「はーい味噌グリル定食ですー。鹿肉だから、かたかったら、ナイフで切ってくださいねー」と持ってきてくれました。柚子胡椒がきいていました。お肉は全然固くなかったです。

わたしの鹿カツレツ。鹿おいしい!やわらかくて最高です。獣臭さ全くないです。鹿肉は栄養も抜群!牛肉や豚肉と比べるとカロリーは3分の1、脂質は80分の1、鉄分は豚肉の4.6倍、鶏肉の9倍以上です。また、アミノ酸やミネラルバランスも優れ、ビタミンAも豊富です。青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)も摂取できる総合栄養食なのです。

さらに美味しい。近くにあれば完全に通っていますが、なんてったってそこまで行くのに2時間かかる。なかなか簡単には行けません。

お会計の時に大将に「美味しかったです!全然かたくないんですねー」と言うと「ありがとうございます!嬉しいなぁ下処理とかで柔らかくなるようにしてるんですよ。」と話してくれました。ご飯とお味噌汁お代わり自由だけど普通に1杯だけでしたが、トラックの運転手さんとかいっぱい食べられる人は嬉しいサービスです。

ぜひこれから紅葉のしらびそ高原と鹿肉がおいしい元家にも行ってみてください。隣のかぐらの湯もおすすめです!

食楽工房「元家」・・・〒399-1311 長野県飯田市南信濃和田456-1

定休日:火曜日 TEL0260-34-2501

 

また下栗の里へは道がかなり細くカーブが多いので昼神温泉発着のバスツアーもおすすめです。今年の下栗の里へのバスツアーは去年道の崩落で行けなかったしらびそ高原とお昼は殿町の茶屋のおばあちゃんたちが作る特別下栗弁当を準備して頂けることになりました!ぜひご予約下さい!!

予約はこちら