お知らせ

【人気体験!】五平餅づくり

2018.05.11

阿智村、南信州などの郷土料理「五平餅」。
元は男の人の山仕事の合間のごはんとして食べられていたという五平餅は、炊いたごはんをつぶし、わらじ型やメガネ型にして串にさす。そこへたっぷりのタレをつけて炭火焼きにする。
タレにも種類があり、クルミだれやゴマだれ、エゴマだれなど様々。
NHK連続テレビ小説「半分、青い。」でも登場し、今話題の五平餅です。

購入してから食すのもいいですが、自分の手作りの五平餅はまた格別です。
ここ阿智村では、地元のお母さんたちが作り方を教えてくれる「五平餅づくり体験」を行っております。
もちろん、作った後は焼き立てのおいしい五平餅を召し上がっていただけます。

費用はおひとりさま1,000円。事前予約制のため、ご予約はお早めにされることをお勧めします。