お知らせ

「天空の楽園 ナイトツアー」が第3回 日本サービス大賞 地方創生大臣賞を受賞

2020.10.31

日本一の星空「長野県阿智村」の、「天空の楽園 ナイトツアー」が、このたび「第3回 日本サービス大賞 地方創生大臣賞」を受賞しました。

長野県の南端、豊かな自然に囲まれた阿智村は、環境省認定の日本一星空が綺麗な村。適度な高度、澄んだ空気、山々に囲まれた、この地で見る満天の星は息をのむ美しさです。その美しい星空を堪能できるのが阿智村にある富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらで開催している「天空の楽園 ナイトツアー」です。全長2,500m、所要時間約15分のゴンドラで標高1,400m地点まで暗闇を進み、街の光が届かない山頂では星空をテーマとしたロマンチック体験を提供するサービスを通年展開しています。

日本サービス大賞について

「日本サービス大賞」は、日本国内における今までにない独創的なサービスや、人々に感動を呼ぶような優れたサービス等を表彰し、周知・展開することで、我が国のGDPと雇用の7割超を占めるサービス産業だけでなく、サービス化を進める製造業、農林水産業等のイノベーションと生産性向上を促し、地域経済や社会の活性化に貢献することを目的としています。
・主催:公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会(SPRING)
・後援:総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省
▼日本サービス大賞ホームページ
https://service-award.jp/

特に評価されたポイント

①解説型の天体観測でなく、ゴンドラ乗車前から山頂での星空観賞・エンターテイメントまで、参加者が徹底的に感動体験を味わえるサービスを提供。
②首都圏・大都市から、村の人口の25倍に相当する年間16万人もの観光客を呼び込んでおり、そのうち10~20代の若者が4割を占める。
③星をテーマに他に例のない様々な観光資源開発を行い、山頂だけではなく村全体が「日本一の星の村」として盛り上がり、村外のパートナーとの連携も活発に行い、地域の雇用増や交流人口増を実現。

受賞コメント

スタービレッジ阿智誘客促進協議会 会長 熊谷秀樹(阿智村長)
地方創生大臣賞を頂きまして大変光栄に存じます。日本一の星空の村として、より多くのお客様に星空を楽しんでいただけるよう、これからも取り組み、お客様も住民も星空のように輝く村づくりを推進していきます。