登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

雪山登山@入笠山1955m①

2017.12.15

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ!今日もキーンとした寒さの昼神です。寒いです!気温は昼神-1℃浪合は-4℃でした。

ヘブンスそのはらではWinterナイトツアーも開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっているみたいです☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。

会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

さてさて、今日はまた雪山登山に行ってきたのでご紹介します。今回はこの冬オープンしたばかりのスキー場のリフトを使えば楽に行ける富士見町の入笠山に行ってきました。

昼神温泉から登山口まで車で1時間40分ほどです。諏訪南インター降りて富士見パノラマリゾート方面へ進みます。わたしはリフト利用ではなく歩いて登ったので登山口は「沢入登山口」まで行きました。

なぜ入笠山にしたかというと、入笠山が冬山登山入門だということ。あと山頂付近にあるマナスル山荘という山荘のビーフシチューが美味しすぎる!と見たことがあったので気になっていたんです。ただ、マナスル山荘が富士見パノラマリゾートのオープン後でないと冬の営業が始まらないと書いてあったので、12月9日まで待っていたのです。休みと雪と次の日の晴れが重なったので早起きして行ってきました。

リフトで行く場合は「富士見パノラマリゾート」へどうぞ。リフト代金に「登山」というのもあり、スノーシュー冬山登山にも優しい!ゴンドラ往復1650円です。割引もあるみたいなのでスキー場のHPをご覧ください。

高速降りて登山口まで向かいます。雪が降った次の日だったので、道にも雪が。ノーマルタイヤなのか結構道には立ち往生している車が目立ちました。冬の長野県は冬用タイヤじゃないとやっぱり危ないです。

雪の積もった、くねくね道にびびりながらなんとか沢入登山口へ到着!スキー場のゴンドラを使えば山頂まで1時間くらいで行けます。下から登っても山頂まで2時間30ほどでいけるなんともお手軽な山です。なので、リフトを使わずのんびり下から。駐車場には5台くらい車があって2組くらい出発の準備をしていました。

すっかり日が昇った9時スタート!まずは木の間をチェーンスパイクでサクサク進みます。新雪なのでふわふわのもさもさ。積雪量は20㎝くらいでした。

途中あんまんを発見。いいなーあんまん食べたいなー。

道がしっかりしているので迷いません。一本道。トレースも先行者の方がいるのでばっちりありました。

特に景色も変わらぬまま、冬場は鹿よけの柵が空いています。

入笠湿原到着です。ゴンドラ利用の方はここから登る感じになります。空が青い!

駐車場のトイレは閉まっていたのでここでトイレと休憩しました。冬でも多目的トイレは開いているのが助かります。

積雪があんまりないので必要ないですが、せっかく持ってきたのでスノーシューにしてわざわざ誰も通っていない道を進みます。ふわふわワッサワッサ!いやっほーい

日が当たると反射してキラキラでビューテフォー♡

蓼科山と八ヶ岳方面が見えます。雪をかぶっていい感じです。登り切ったら雪が少ないのでまたチェーンスパイクに切り替えてサクサク登っていきます。

雪と空と雲の中でとってもいい感じです。最後にぐいっと上ると、

つきましたーー!11時40分ごろ到着。奥は北アルプス方面!やっぱり山頂は遮るものがないので風が強いです。ビュービューです!

予想外に見えた富士山にびっくり!やっぱり富士山は雪がないとですね。かっこいい。さらにかっこいいのが右側の富士山より高そうにみえる南アルプスの貴公子甲斐駒ヶ岳です♡

諏訪湖も見えました。

そして大好きな八ヶ岳ーーー♡♡里は真っ白です。次々に山頂へ登ってくる方がいました。やっぱり雪山入門として人気です。皆さんこの絶景に大満足な感じでした。

お手軽にこんな360℃の絶景が見れるなんて知らなかったです。冬山入門にはピッタリです。いい山すぎてお気に入りになりました。夏は登山入門したい!と思っている人にオススメだなーと思います。

そのあとはマナスル山荘にビーフシチューを食べに行きます。人気なのでまだ残っているかどうか。。。次回に続く!

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本 温泉巡り

雪山登山@北横岳2480m③

2017.12.08

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。朝浪合は雪が降っていました。細かい雪だったので積もらなそうですが、いよいよ本番です💦やだなーと思いながら、山への雪はうれしいので、またスノーハイクにいけるなーとちょっと嬉しかったです。気温は昼神2℃浪合は-2℃でした。浪合寒いーー!わたしだけ車が白くなって出勤しました。

さてさて、他村への視察なんやらで止まってしまった北横岳ブログ。ファイナルです!お待たせしました。下山と温泉編。やっぱり下山は早いですね。坪庭までは凍っているところも多いので注意しながら帰りました。途中登ってくる方も4組くらいいたので「どんな感じですか?」って聞かれつつ、強風だと強調しておきました。防寒というより今の時期は防風対策が必要だと思いました。

下りはちょっと余裕が出てきたので北アルプスが美しいことにも気が付きました。稜線が真っ白になっていて浮いてるみたい!きれいです。

どんどん下ってほぼほぼ休憩せずにスキー場まで降りてきました。登りで結構大変だったのにこんな感じだったっけ?という感じで下れました。

昼になって陽射しが当たると暖かいです。坪庭より下に来るともう全然風もないので快適に下れます。スキー板があれば滑って下れれば早いのになーと思いつつww

ピラタスはスキー場の準備が進んでいました。9日の明日オープン!今日山は雪だと思うのでよさそうです。今度は樹氷を見に行きたいです!

チェーンスパイクでそのまま下るのもよかったんですが、せっかく背負ってきたのでスノーシューを発動!重いのが難点なんですが、アルミのかっるい・安っすいやつを買ったので使ってみました。スノーシューやワカンを履くと靴だと沈んでしまう雪の上でもふわふわっと進んで行けます。

しっかり圧雪されていたので一切沈まずでしたが、ザクザク進めたので、歩く練習になって良かったです。次回は新雪で試したい感じでした。そんな感じで帰りも動物の足跡を探したり、9日のオープンに向けて試運転をしているロープウェイを見たりしつつ貸切でゆるゆるーと帰ってきました。

そのあとは温泉温泉!!諏訪まで行こうかと思いましたが、特に決めずにフラーと出発。途中蓼科共同浴場の看板があったので入る前に料金をネットでチェック。500円だったのとお馴染みの長野県天然温泉の赤いマークがあったのでいっか!て感じで入ってみました。

500円で券を買って受付のおじちゃんに渡すと「はじめて?今女湯誰もいないから案内するね。ここのお湯43℃くらいでちょっと熱いかもしれないから」と案内してくれました。

案内によると、源泉かけ流しでダバダバ注がれているので、熱かったら自分で水を加えて好きに入ってくれていいという感じでした。「じゃあごゆっくりねー」と優しいおじさん。しかも貸切嬉しいなー

でた!シャワーないパターン!!!秘湯感あるーー♡内湯だけですが、キレイに手入れされています。よさそうーととりあえずおじさんに言われた通り水を入れつつ洗ってから入ります。思ったほど熱くなかったので水は止めて入りました。源泉を飲んでみるとクエン酸みたいな酸っぱい感じの味です。珍しく酸性のお湯っぽい!ふむふむ。

適度にあったまって頭と体を洗います。蛇口をひねると勢いが良すぎなほどのお湯がバッシャ――!!!!ジャバッー!と出てきました。これはカランのみのお風呂で助かるなーと思っていると、水圧がどうも一定じゃない。なんか普通のお湯じゃないっぽい!!!!

これはカランからも温泉が出ているジャーないかーい!!!とびっくり!!珍しい。最近めったに会えなかったので嬉しくてカランも大放出お湯を浴びまくります。すごい。すごい。天然温泉かけ流しな感じでたまに熱湯になったり、水ほど冷たくなったりするのが、また天然温泉かけ流しっぽい!

今まで入った中でカランまで天然温泉が出てきたのは、青木村の有乳湯と高山村の大湯に次ぐ3つ目!

何にも知らずに行ったので久々にいい温泉をチョイスした自分エライ。と髪を微風で乾かしながら思いました。ドライヤーも弱かったけど使えたことにも感謝。(普通カランだけでシャワーがないとこはドライヤーナシやシャンプーやリンスがなにも置いてない所などが多い)受付のおじさんに「いい湯ですね。カランからも源泉出てますよね?」と話しかけたら「そうだよーいいお湯でしょ?ホントはシャワーにしたいんだけど水圧が一定にならないからできなくてね、不便でごめんね」と言うので「いやいや、こんないい温泉久々に入れました。また絶対来ます!」と宣言しお礼を言って帰ってきました。

調べたら1回500円で11回券4000円って安すぎ✨近かったら回数券を買いたいくらいでした。蓼科すげぇです

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

雪山登山@北横岳2480m②

2017.12.05

こんにちは、観光局です。今日の昼神はアラレ。浪合は雪です。降ってきました!!!ぎゃーーー!やだー気温は昼神6℃浪合3℃でした。そこまで気温は低くないですが、降っているのでなんだかいつもより寒く感じました。

昨日言っていた満月ですが、残念ながらこんな感じでした。

雲がすごいスピードで流れていったので、見えそうだったんですが、モヤモヤーー☁

さてさて、昨日の続きです。

山頂駅について北横岳方面へ行きます。

この階段はガチガチなので、チェーンスパイクやアイゼンがないと滑ってとても危険です。登りはいいけど下りが怖かったです。

階段を上ると坪庭登場。本当にお庭みたい!

もっと雪が積もったら真っ白になりそうなので次回はロープウェイで楽に来たいと思いましたww

坪庭を回って休憩所などを通り過ぎると北横岳登山道に入ります。ロープウェイ利用じゃなくてスキー場から登ったのでもう十分登山道を登ってきたわたし。この看板で若干また心が折れます。そんな時は・・・

この景色!!これぞわたしの登山する理由のひとつ!絶景です。奥に御嶽山が頑張れー!と励ましてくれています。

うおー!!最高じゃーーー!標高差709mのうち坪庭からは残り200m。頑張ります。一歩一歩。山頂駅よりも高くなりました。

次は北横岳ヒュッテまでもう少し!

日が出てきていい感じになりました。帰りはソリ出来そうな傾斜♡(下りでやりました)

ようやく北横岳ヒュッテに到着。今はロープウェイも運休中なのでヒュッテもお休みです。冬の期間は予約がない時はお休みらしいので、詳しくは北横岳ヒュッテにお問合せください。

ここのご飯もおいしいそうなのでいつか泊まりたい。と思いながらちょっと休憩して暴風対策しっかりして北横岳アタックします。稜線に出ると尋常じゃない風で体がもっていかれそうになります!しっかり装備しましょう。

わたしも強盗団のような目出し帽にニット帽ネックウォーマー。ガチ手袋をして携帯をしまっていざ!!

ついにこの上が山頂かなーという感じ!空の青さがやばいです!八ヶ岳ブルーというやつらしいですがまさに、八ヶ岳ブルー!素敵。

そしてー!!!

ズバーーーーーーン!!!!大好きな南八ヶ岳ががんばったねー!とお出迎え!いやっほーーーーー!と叫びたいくらいですが、風がやばいです。

このブログをよく見てくださっている方はお馴染みの南八ヶ岳ですよね。

左からなだらかな台形っぽい山が硫黄岳。その横ゴジラの背中が横岳。隣りは八ヶ岳最高峰の赤岳。その下のチョンととがったのが中岳。その隣が阿弥陀岳。みっつコブになっているのが、権現岳。ミニ富士山みたいな編笠山。一番右端が西岳。この8つで南八ヶ岳。こちらの山々は上級者向きなのでいずれは行きたいなーと思います。やっぱり八ヶ岳かっこいい♡

北アルプスもめっちゃくちゃキレイに見えています。ひゃっほーかっこいい

御嶽山もかっこよくなっています。ここまでくると風がすごいです。暴風警報!!!吹っ飛ばされそうなので要注意です。肌が出ているところが痛い。山頂まであと少し!

11時登頂!10時に坪庭だったのでコースタイム通り1時間で登頂できました。これから雪が増えるともう少し時間がかかるかもしれません。休憩入れて1時間なのでいい感じで来れました。ここも風がやばい!!!風の音以外聞こえません。吹っ飛ばされそうです。目の前の大きな山は百名山蓼科山です。ここも冬山登山したいです。山頂の白くなっている部分夏に行くと岩がゴロゴロで地球じゃないみたいな異空間です。急登なので山始めた頃行って達成感が半端なかった思い出があります。

蓼科山を挟んで北アルプスの稜線がとっても素敵。

北アルプスを見るには手前の蓼科山に登るのがよさそうです。行けそうなら今年トライしてみたいです。

今日はここまで。次回は下山&お待ちかねの温泉です♨久々に名湯に出会ったのでお楽しみに!

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

雪山登山@北横岳2480m①

2017.12.04

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。気温は昼神1℃浪合-2℃でした。昨日はスーパームーン🌕だったみたいですね!今日は満月なので、夜いい天気だったら満月撮りたいと思います。うまく撮れたらご紹介しますね♡

さてさて、このブログでも宣言しておりましたが、ようやくわたくし雪山デビューしました❆

今日はその様子をご紹介します。今までスノーシューとかはしたことあったんですが、平地をサクサク行く程度で山登りは初めて。去年位から本格的に登山に目覚め、今年も登っていました。山好きな人を虜にしているのは、そう実は「冬の山」なのです。冬の山はもちろん雪崩、遭難など死へのリスクも高まります。天気が悪くなればとっても危険。登山はすべて自己責任です。夏よりも冬の方がもちろん危険なのですが、冬にしか見れない、それはそれはきれいな景色も待っているという事で、今年からようやく冬山にも行ってみたいなーと思い始めました。

まずは10月終わり位から装備や知識を少しづつ収集。と言っても、お金もないし大変なので、今まで登山道具+αくらいで行けそうな山に今年は行くことにします。

夏にもたまーに見かけますが、「行きたい山へ行く人が最近多い」という事です。ご自身のレベルにあった山選びがとっても重要です。とにかく「行きたい山より行ける山へ」安全登山がとっても大事!

そんなことを言われるとますます行きたくなくなっちゃう!と思われると残念なんですが、空気も水も普段とは非日常なところがとっても素敵!景色も最高で汗かいて頑張った人だけが見れたというのがヤミツキポイントなんです。

という事で今年は夏装備+α登山で楽しく冬山入門したいと思います。その開幕戦は、わたしが登山好きになったきっかけの八ヶ岳に決定。八ヶ岳はアクセスがいい。山小屋も通年営業が多い。初級から上級向けの山がそろっている。そして何より太平洋気候で晴れが多いというのが決め手でした。

太平洋気候と日本海気候があるそうです。北アルプス・中央アルプス・御嶽山などは日本海で南アルプス・八ヶ岳・浅間山などは太平洋気候らしいです。詳しくは山岳雑誌に載っていますのでご覧ください。

次に装備は、夏に使っているザック、山用靴下、ユニクロダウン、レインウエア上下にチェーンスパイクとスノーシューとゲイター(足元から雪が靴の中に入ってこないための膝までのカバーみたいなもの)を買い足し。冷え性なのでネックウォーマー、目出し帽(カインズで激安200円でどちらも購入)インナー手袋と防水手袋も買い足しました。

あと、水はペットボトルとかで持っていくと凍って飲めないらしいので、保温機能の水筒に熱湯を入れて持参しました。

前置きが長くなりましたが、八ヶ岳の中でも冬山入門の定番「北横岳2480m」へ行きます。登山口はピラタス蓼科スノーリゾートです。昼神から車で2時間。高速は諏訪インターで降りていきます。

久々の登山で一回起きたのに、二度寝してしまい、6時30頃に家を出たので8時30頃到着。途中別荘地を抜けていると、

道端に剥製のように固まる鹿3頭を発見。遠い目をしながら口だけもぐもぐしていますが、全く動きません。ディズニーランドのジャングルクルーズに出てくる鹿並みです。横過ぎてズームせずにこの距離感。どうなる?!今回の登山!

鹿を横目にグイっと上って登山口「ピラタス蓼科スノーリゾート」到着。

ここまで雪はなくノーマルタイヤでも普通にこれそうな感じでした。9日までリフト、ロープウェイはやってないので、わたしは下からひたすら登りましたが、9以降ならロープウェイが運行しているので足に自信のない方はそれ利用でもいいかと思います。行った日はオープン前なので駐車場も数台しか止まってなかったです。

9日のオープンに向けて整備期間中です。早速チェーンスパイクをつけて山麓駅1771mから登山開始。頂上は2480mなので、高低差709m!!!おおおーー結構ある💦

目的地は中央の白いラインがつながっている山の上(ロープウェイがあればそこまで一気に行けます。しかも7分で!)まで行って左の山が今回の目的地北横岳です。

スキー場の急登で早くも心が折れかかりつつ、、動物の足跡を見っけて頑張って登ります。タヌキかキツネかなんだろう。

ゲレンデの脇にある登山口へ到着。思ったほど雪が多くないのでザクザク進めます。

途中でどでかいスノーモンスターが!かっこいい!

2時間くらいでようやく坪庭へ到着!!ここまで来たら残り標高差200m!

ロープウェイが動いたら縞枯山とか雨池とかにも周遊したいなーと思います。

長くなってしまったので、今日は坪庭まで!続く

諏訪・岡谷・茅野・松本 ドライブ・スポット グルメ・お土産

上諏訪オススメお土産スポット

2017.11.29

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。最近いい天気が続いて嬉しいです。しかも、今日は気温が高め。昼神6℃浪合は4℃でした。車のフロントガラスが凍ってなかったのでとってもスムーズに出勤。

さてさて、今日は東京方面からくる方へおすすめの諏訪湖周辺の観光をご紹介。昼神までの直通バス上諏訪便の利用でも気軽に行けます。昼神からは高速利用で諏訪インターで降りていきます。1時間30くらいです。上諏訪便利用の方は上諏訪駅から徒歩10分ほど。

以前にもご紹介したことがある「くらすわ」さんです!以前は2階のランチのご紹介でしたが、今回は1階のお土産スペースの紹介です。(以前のランチのブログは「こちら」←文字をタップすると

ここです。養命酒の会社がやっているカフェとお土産ショップ、パン屋さんが入っています。ランチも大人気なので、オススメです♡パン屋さんのおすすめはくらすわクリームパンです。冷蔵コーナーなので、レジ横に1つづつ袋に入って並んでいます。わたしは必ず3個は買います。

シュークリームのようなクリームがとろりと出てきて、それはそれは幸せな気分になれるクリームパンです。パンもふわふわ。

パン屋さんの横はお土産コーナーです。養命酒のお酒やお酢を使った飲み物もありますが、今回はこちら。

月ごと信州の市町村のお土産を紹介しているぷーすがありました。11月は佐久市。新幹線もとまり、軽井沢にも近いので最近とっても住みやすい街になっているようで、小学校が新しくできたり、駅前におしゃれなビルが建ったりと高校生の頃通っていた佐久市とはだいぶ変わってきています。

そして、佐久市は何といっても酒蔵が多いんです!これみーんな佐久市の中にある酒造メーカーのもの。くらすわでは購入することもできます。

くらすわの月別の紹介では南信州は「松川町」「天龍村」が紹介済みでした。阿智村になったらまた行ってみたいです。ぜひぜひ上諏訪便利用のお客様電車とバスの乗り継ぎ時間がありましたら寄ってみてください♡

 

諏訪・岡谷・茅野・松本 ドライブ・スポット

エミール・ガレに恋して@北澤美術館

2017.11.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。気温は昼神3℃、浪合は1℃でした。今日の朝はそこまで寒くなくスカッと晴れたいい朝です。

さてさて、今日は諏訪湖の目の前にある美術館「北澤美術館」をご紹介します。

行った日は天気が良くて風がちょっと強かったですが、いい天気でした。北澤美術館まで昼神から車で高速利用で1時間30分程です。12月初めまで伊北から岡谷まで対面通行で工事をしているので、少し伊北から渋滞気味です。最近中央道の大掛かりな工事をしているので、本当に長野県の縦の移動が大変です。

コチラがお目当ての北澤美術館。またしても写真が下手で申し訳ございません。左の建物ではなくて、「ガレのジャポニズム展」のポスターが貼ってあるのが北澤美術館です。

諏訪湖周辺は美術館の激戦区。なのにわたしは一回も行ったことがありませんでした。水族館や博物館、動物園は大好きでよく行きますが、美術館てなかなか行きにくいと思っていたわたし。だってつまんないんですもん。見てもわかんないし。動かないし。と思っていたわたし。大人になってから段々楽しさがわかってきた気がしてちょっと気になっていたので行ってみました。

諏訪湖周辺の美術館は北澤美術館の他にも、諏訪市美術館、SUWAガラスの里、諏訪市原田泰治美術館、サンリツ服部美術館、オルゴール記念館すわのねなどがあります。

とりあえず、近かったので北澤美術館に行ってみました。大人1000円ですが、手形があれば200円引き800円で入れます。やっぱり長野県の観光は手形ですね。ホントに便利です。

早速北澤美術館のおもーい扉をぐいーと開けてお金を払って見せてもらいます。美術館には音声案内とかガイドの人がいる場合があるので、必ず美術館に行く場合は案内があると100000倍楽しく見れます。北澤美術館ではQRコードを読み取るとスマホで音声案内が聞けるという事で早速カメラで読み込み、いざ!

QRコードを読み込むと番号を入れる画面になるので、展示についている番号を入れるとスマホから音声が流れて作品の説明やその時代の説明などを聞くことができます。わたしが行ったときは丁度タイミングよく誰もいませんでした。さすが平日です。

これがエミール・ガレの代表作!「ひとよ茸」です。オレンジのガラスにこの時代に普及してきた電球が入ってランプになっている作品です。ヒトヨダケは毒キノコでホントのヒトヨダケは白っぽいキノコです。一晩で黒っぽくなってしまう事からヒトヨダケと言われるそうです。最後には液状化して黒くなり、最後はなくなってしまうのも特徴です。

これだけ写真オッケーです📷

エミール・ガレとは・・・

1846年5月4日、フランス北東部ロレーヌ地方ナンシーで、鏡ガラス工場を経営する事業家、 シャルル・ガレの家庭に生まれる。リセでは優秀な成績をおさめ、特に詩には深い造詣を見せていた。 ドイツ、ヴァイマールに留学し、詩、文学、哲学、植物学、鉱物学、建築学、装飾美術をおさめた。 植物学においては大家となり、今日においても植物学者としての存在は大きな力を残している。また、再度科学を学ぶことによって、その後のガラス制作に大きな発展を もたらした。当時の美術界をゆるがしたジャポニズムの先導者、また象徴主義の原動力として、その功績は 画家ギュスターヴ・モローと並んで、19世紀末フランスの代表的芸術家として、その名をとどめている。 高い教養が裏付けとなって、ガラス芸術に投じた信念と自信ははかり知れないものであった。 当時の万博や様々な展示会、知識階級に絶大な力を持っていたサロンでの成功は華々しいものであった。 現在、残された作品の芸術性の高さは、比類なきものと、今日また世界的に再評価されている。 1904年9月23日、白血病により、58歳の生涯を閉じた。

ガレの作品で始まる北澤美術館。今年の通常展示がジャポニズム展という事で、日本文化の影響をばっちり受けたガレが日本画とか水墨画からヒントを得て作ったガラスの作品がたくさん。

このほかにも、ガレといえばのトンボやカエル、きのこの作品もありました。晩年の作品になると技術も色合いもすごい作品ばかりになります。

次のコーナーは同じ時期にガレと並んで人気のあったドーム兄弟の作品になります。わたしがいいなーと思ったのは、青い花瓶です。雪景色の木々の間に冬には雪を引き立たせる役になるカラスが描かれている作品です。カラスは厄介者というイメージですが、昔の日本の作品では冬の雪の中に黒いカラスが入ることでグッと引き締まるのでよくカラスが冬の作品に描かれているそうです。

ガレの作品に比べて柔らかい感じがしました。ガレはダイナミックでドーム兄弟は繊細というイメージでした。そして、やはり案内は必須です。案内がないと気づかずに30分で見て回れるところが案内があるのでしっかりじっくり見れて1時間以上かけて楽しめました。案内があるので、ジャポニズム作品の多くのガレのサインは日本の烙印に似せて縦書きで書いてあったりするというのも知りました。

丁度出ると、団体さんとガイドさんが入っていきました。

おおお!と思ってまた入ってガイドさんから説明を聞きに行きました。やっぱり何もないより音声案内。音声案内よりも生のガイドさんの説明です。

その後受付の人に北澤美術館は全部北澤さんの私物なので、相当なお金持ちだったんだろうなーと思って、事を色々聞きました。現在の株式会社キッツという一流企業の創業者です。昔は北澤バルブという会社だったそうで、北澤利男の創業理念は、『常により良い品を、より安く、早くつくること』でした。そのため一貫生産を基本とし、素材である鋳物の製造から手がけたそうです。

北澤さんはずーと仕事仕事の人だったようで、芸術にも興味もちなさい。と言われたのがきっかけで、東山魁夷さんの作品など日本絵画を集め始めたそうです。そのあとガラスを収集し始めたようです。当時はまだガレの作品は今ほど人気ではなかったので、集めやすかったそうです。北澤美術館ではまだまだ展示していない作品が沢山あるそうですが、来年の3月31までは北澤美術館創立35周年記念「ガレのジャポニズム展」を開催中です!

北澤美術館・・・〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り1丁目13−28 ☎0266-58-6000

4月-9月9:00-18:00 10月-3月9:00-17:00 定休日:基本なし、展示の入れ替えの為休み期間あり。

大人:1000円

諏訪・岡谷・茅野・松本 ドライブ・スポット グルメ・お土産

松本食べあるき

2017.11.25

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。今日も寒いです。お休み中でようやくノーマルタイヤから冬用タイヤへ衣替えしたので11月頭でお休みしていた登山も再開できそうです。冬山が待ってるぜ。ただ、「タイヤが結構すり減っているから、慎重に運転しないと滑るよ。」と言われ、今年から冬の登山も始めようと思っていたので、登山口までそんなタイヤでたどり着くのか心配です。

さてさて、今日は今年の冬山登山へ向けて登山装備を松本まで見に行ってきたので、その時に発見した喫茶店などを紹介しようと思います。

昼神から高速利用で1時間30分。松本ICで降りて松本城・松本駅を目指していきます。なわて通りに近いのです。松本は一方通行も多いので、市営の駐車場に止めて散策しながら行くのがいいと思います。

 

松本はかなり外国人が多いです。久々に行くとホントに町の様子が変わったなーと思いました。観光客の人だけじゃなく、町自体がもリノベしたオシャレなカフェや喫茶店・雑貨屋さんなども増えたと思います。そんなオシャレな町松本でようやくよさげな冬用登山グッツも買えたし、お腹空いたので前から行きたかったカフェへ行ってみることに。。。

ここだーと思って近づくと「お休み」と看板が!まじかー!wwまたしても休みに行っちゃうやつやっちゃいました。しょうがないので、また次回にして来る途中にあった良さげな喫茶店へ行ってみることに。

ここです!「時代遅れの洋食屋 おきな堂」なんかカフェに行く途中で通ってた時に建物は古いけど絶対おいしいだろうなーと思って通り過ぎたので即決定。入ってみます。

カランコロンと扉を開けると、「1階が混んでいるので、2階へどうぞ。」と案内されました。店内はジャズが流れていますが、店内は本当にジャズがあうあう!ホントに昔の洋食屋さん・喫茶店という感じ。階段の絨毯や手すり2階へのドアまでもオシャレ。

おきな堂の歴史がHPに載っていたのでご紹介・・・

松本上土通りの菓子店「翁堂」から、昭和8年に「翁堂喫茶部」として独立。翁堂創業者・木内象次郎の長女・とし路と、その夫・安之助が初代オーナーを務める。樹齢200年の木を通し柱とする木造3階建の店舗を建築現在の建物は当時のまま。

昭和32年に安之助が逝去。長男・章皓が2代目を継ぐ社名「翁堂喫茶部」を、現在の「おきな堂」に改名。喫茶中心のメニューから、独立当初からあったカレー・ハヤシ・ポークソテーなどの洋食メニューを充実させて、路線を「喫茶店+洋食」から「洋食店+喫茶」へ、徐々にシフトしていった。平成10年にはイタリアで知り合ったシェフ・ロベルト氏の指導の下、手打ちパスタをはじめとするイタリアンメニューも導入。

平成17年より、章皓の長男・伸光が3代目を継ぎ、現在に至る。

 

2階もそこそこ混んでいましたが、すぐに案内してもらいメニューを眺めます。

せっかく洋食屋さんに来たのでオムライスとかハヤシライスとかポークソテーとかナポリタンとかそれっぽいのが食べたいなーという事で結局一番人気のに。

知らなかったけど、調べてみたら人気の喫茶店らしく、土日はすごい混んでるようです。

こちらーー!オムライスにデミグラソースとチキンカツのプレートです。1500円

オムライスは人気で混むときは注文できない時もあるらしいです。(メニューに注意書きが!!)

デミグラスソースは濃厚でオムライスによく合います。チキンカツにもつけて食べれてサクサクで大満足♡黙々と食べていると混んできました。平日なのに、スゴイ。わたしも一気に黙々と完食してお会計。いい場所発見したなーと思ってグーグルマップにチェックして保存していると、グーグルマップの口コミは☆4つの名店でした。やっぱり。いいお店だったなーとなわて通りをぶらぶら。

なわて通りも小さいお店がいっぱいで雑貨屋さんやカフェが沢山!せっかく来たので、前テレビでやっていて気になっていた「たい焼き」を買って帰ってきました。

おばあちゃんが1人でせっせと焼いています。皮が薄くてサクサク!あんこもぎっしりでおいしいかったです♡いろんな種類のたい焼きがあったのでまたトライしたいです。このたい焼き屋さんもグーグルマップに保存決定!松本もまだまだ未開拓地です!

諏訪・岡谷・茅野・松本 温泉巡り

登山後温泉編:浜の湯

2017.11.14

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。これからパラパラ雨が降りそうな予報です。

昼神の紅葉もそろそろおわり。今回の雨でかなり散ってしまうと思います。もう冬ですねー!!今年は雪が多そうみたいなので、ちょっと今からゲンナリ気味です。早く春が来ないかなー。

さてさて、今日は昨日の続き登山後のお風呂編です。唐沢鉱泉には入ったことがあったので、別の温泉がいいなーと。そして岡谷から高速に乗って帰るので諏訪周辺の温泉でどこか探すことに。。。

下諏訪なら「片倉館」かなーと思いつつ、けど一回入ったことあるしなーと思いながら、手形をパラパラ。日帰り入浴1000円が半額の500円になるという旅館を発見!!!おおお!!いいじゃんいいじゃん。という事で手形使うと半額になる上諏訪温泉「浜の湯」へ行くことに。

さすが上諏訪・下諏訪温泉。規模が昼神と全然違います。上諏訪だけで300か所から1日15000リットルお湯がザブザブ出ている地域。諏訪湖の周りに大小の旅館が沢山!湯量が豊富な諏訪地域。素敵です。

ただ、諏訪の温泉は少々温度が熱めなイメージが。1日に4か所巡る(ホントは2日利用が普通なんですが、日帰りだったので1日で入ることに)公衆浴場巡りをした時はいったお風呂はぬるめでも44℃、あつめになると46℃位あるんです。地元の人は普通にあつめに入っています。わたしはそこからオーバーフローして洗い場に流れているお湯を踏んであっちー!となったくらい。びっくり。そんなイメージの諏訪湖周辺の温泉。はたして??

浜の湯のロビーで手形を出して500円。こんな日帰り感・山登りました感満載のわたしに、とっても優しく。日帰り入浴なのに着物をキレイに着ている仲居さんにエレベーターまで案内してもらい「お風呂は三階です。どうぞごゆっくり。」と笑顔で見送られました。

エレベーターはガラス張りで1階ロビーが見えるんですが、ロビーには滝みたいな水が流れていてエレベーターの周りには大きな鯉がスイスイ🐟ロビーのグランドビアノは自動演奏でクラッシックがしっとり流れていました。とんでもなく場違いな場所へ来ちゃったなーと思っているとあっという間に3階大浴場へ到着。

 

3時ごろでお風呂は誰もいませんでした。ラッキー♡

広ーい洗い場(仕切りがあって隣の人にお湯が飛び散らないです。)と内湯2つ、ミストサウナ、薬湯そして露天風呂がありました。しかもしかも、洗い場にそれぞれシャンプーリンス、ボディーソープがあるのに別に脱衣所からお風呂への通路にシャンプーバーというものが!!!5種類くらいのシャンプーとコンディショナーがずらっと並んでいて好きなものを使ってオッケーというシステム。

どうしても備え付けのやつって髪がギシギシしちゃって自分で持っていくことが多いですが、そんな心配なし!!こういう気遣い嬉しいですね。早速普段買わない高いやつを選んで(←ずうずうしい)いざー!

シャワーの水圧も問題なし。泡泡で幸せ―♡になりながらさっぱり。心配していたお湯の温度も薬湯はじっくりあったまれるようにぬるめ(38℃くらい)内湯は40℃くらい。露天は42℃くらいでした。露天は秋の風がふわーと抜けてとっても気持ちよかったので露天ばっかりいくわたし。あー極楽極楽。これでホントに500円?!すごい贅沢な日帰り入浴です。

チェックポイント②のドライヤーの風圧もしっかり強くて大満足。アメニティも充実。化粧水をたっぷり。保湿もしてぽかぽかです。お家につくまでしっかりぽかぽかでした。さすが諏訪は名湯です。

お風呂をあがるとまたまた嬉しい気遣い。諏訪の名産カリン水というものが。

八ヶ岳のおいしいお水もありましたが、カリン水をチョイス。ゴクゴク。おいしいーーーしみるー♡

ぜひ八ヶ岳登山の後は諏訪で温泉もいい感じです!

浜の湯」日帰り1000円手形利用で500円 14:00-20:00 除外日:諏訪の花火大会の日

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

晩秋登山:八ヶ岳「天狗岳」②

2017.11.13

こんにちは、観光局です。ブログの更新途切れてしまい、すみません。

今日もかなり冷え込みました⛄霜で一面真っ白になっていました。

さてさて、間が空いてしまいましたが前回の続き天狗岳下山編です。(前回は唐沢鉱泉から西天狗までのブログ→「天狗岳①」)

西天狗が高いので写真を何枚か撮ったら東天狗岳へ向かいます。

東天狗へは一回少し下がって登っていきます。写真の左側の先が東天狗岳山頂です。ぐいーと登っている間にもいい景色が見えるので、たのしいー天気が良くて最高でした。

登っている途中でヘリが通過。ヘリと秋の雲そして南八ヶ岳のヒーローがかっこよすぎです!眺めながらのーんびり登っていくと

東天狗山頂です。東天狗の看板はこんな分岐のついでみたいな山頂看板です。ここでもこの景色。

東天狗からの方が南八ヶ岳がの山々が良く見えます👀いい眺めやー!そう思っていると

雲が面白い形になっていました。鳳凰みたいな雲からピューと光線が出ています!おおおーーー☆彡この登らないと見れない景色が見れるので登山てやめられないです。

登山したことないという方!

本当にご自分のペースで登ればいいのが登山です。のんびりお散歩みたいに行けばいいのです。お山選びは、登りたい山よりも登れる山を基準に選びましょう。

わたしも槍ヶ岳や剱岳とか穂高岳とか行きたい山はたくさんありますが、自分の技術では難しいので今は自分のレベルに合わせて楽しみながら徐々にレベルを上げています。慣れないのにチャレンジしてお山を嫌いになったり、危ない目に合うのだけはもったいないです!!準備をしっかりして安全登山でいけば難しくありません。

そんな点からみても、八ヶ岳はロープウェイで簡単に登れる山もあるし、上級向けの山もあるので、山登りを始める方にはオススメです。山小屋もかわいいし。都心からのアクセスもいいですよー!

八ヶ岳の神様にもいいご褒美をもらえたのでお昼を黒百合ヒュッテで食べるために来た道とは別ルートで下山開始!

日陰は雪が岩に乗っていますので、滑って滑落しないように登り寄りも気を付けて下りましょう。(初心者の方は11月になると雪も降るので10月か9月くらいまでだと思います。)危ないのでカメラもしまって手袋して進みます。

日陰ゾーンを過ぎると岩々ゾーンへ。ぴょんぴょん岩を飛んで進みます。やっぱり登りも下りも岩々ゾーンが好きです。

分岐まで来ました。中山峠からは北八ヶ岳へむかうルートになっているので、夏は南八ヶ岳から北八ヶ岳まで何泊かしながら縦走したいと思います。今回は唐沢鉱泉へ戻るので黒百合平へ行きます。

木道テクテク行くとかわいいかわいい黒百合ヒュッテが出てきます。

八ヶ岳の小屋の中でもかわいいで有名な「黒百合ヒュッテ」中は・・・

こんな感じの看板。山の中にある山小屋とは思えない程です。夏はここへ泊まろう。と思いながらここでお昼。

その後はひたすら樹林帯を下っていきます。黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉の方が木道などあるので楽しいですが、唐沢鉱泉のから第一展望台~第二展望へいくルートの方が眺めがいいので、行きはやっぱり展望台を巡るルート。帰りは黒百合ヒュッテからのコースがおすすめです。

まだお昼ぐらいなのに日差しが夕方っぽい。あー日が短くなってきて寂しいなーと思いながら、どこの温泉に行こうかの事ばっかり考えながらハイペースで進みます。

にょきにょきかわいい🌲段々下っていくと川の流れる音が聞こえてきます。もうすぐ唐沢鉱泉という合図。

やっとこ唐沢まで下りてきました。ここを進むと車のある唐沢鉱泉へいけます。その前に最後の絶景ポイント。

じゃーん!唐沢鉱泉の源泉です!!!上は真っ白。下は真っ青です。冷泉なので触っても全然熱くないです。とってもキレイ♡夏に来たときは写真を撮りたくてもアブがいっぱいでとまって写真を撮ろうとすると、ガブっと噛まれて「ぎゃー!」ってなります。秋はこういうときもラッキーです。

無事に唐沢鉱泉まで下山しました。次回は山後の温泉編にします。唐沢鉱泉も日帰り700円で秘湯なので、わたしのオススメ秘湯温泉トップ10に入ります。ぜひ、天狗岳登山の際はご利用ください。ただ今回は唐沢鉱泉行ったことがったので、唐沢鉱泉ではなく下諏訪に行きました。お楽しみにー♨

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

晩秋登山:八ヶ岳「天狗岳2648m」①

2017.11.10

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。気温は昼神7℃浪合4℃でした。天気予報でも寒いという予報ですごい構えて外に出ましたがそこまで寒く無くて安心しました。

今の昼神の様子です。そろそろ昼神は紅葉がおわりかなー?という感じです。

さてさて、昨日くらいから恵那山登山したいという方の問い合わせが多くなりました。百名山の恵那山なので登る方が多いようです。みなさん登山の秋ですねー🍁わたしも負けじと八ヶ岳「天狗岳」に登ってきたのでご紹介します!!やっぱり八ヶ岳が一番好きだなーと思いました♡長いので何日かで分割してご紹介します。

昼神から天狗岳の登山口の唐沢鉱泉までは高速利用で2時間ほどです。この日も3時起きして高速の深夜割利用したかったので素早く準備。4時前になんとか滑り込み、6時くらいに登山口の唐沢鉱泉へ到着しました。

日の出前で木の影が切り絵みたいになってとっても素敵です♡こういうのが見えるので早起きっていいですね。3キロほど未舗装の道を進んでいきます。ただ、美濃戸口や桜平に比べて登る人が多いからか全然普通に運転できます!秘湯の唐沢鉱泉へ到着。唐沢鉱泉の駐車場と天狗岳登山者用駐車場が無料であります。夏はギュウギュウでしたが、さすがに11月。車は5台くらいだけ。好きな所に停められました。

唐沢鉱泉まで来たらトイレと登山届けを書いていざ出発。駐車場に登山者用のトイレがあります。バイオトイレなんですが、においもなくとってもきれいでホントにいい。困るのは便座が究極に寒い⛄

初めは樹林帯を登っていきます。気温は0℃だったのでネックウォーマーと手袋をして上がっていきます。風が少し寒いですが、登るときに段々あったかくなります。

7時くらいになるとパー!と木の間に太陽が!朝だー!という感じです。この先少し上ると一気に展望が開けます。

第一展望まで来ました。風がビュービュー!でも眺めは抜群です。

朝のキリっとした空気がとってもステキ!左側には赤岳・中岳・阿弥陀岳・編笠山が見えてきました。

もう少し行くと第二展望台まできました。赤岳かっこいいーー!

第二展望台まで行くとこれから登る西天狗岳2648mが見えてきました!さーて登るぜーい!と気合を入れていきます。平日で晩秋なので、全然人はいないかなーと思っていましたが、2組とすれ違いました。山好きは天気がいいと年中無休ですねー(わたしもですが。。)

さて、ここから天狗岳へ最後の岩登り♡岩々大好きなので、天狗岳が好きな理由もここにあります。〇と⇔を目印に登りますが、ここから両手を使うので念のためカメラとスマホはザックの中へ。

振り返ると奥には北アルプスが!雪をかぶってかっこいい山脈が続いています!!右のボコッとしているお山は八ヶ岳の富士山こと蓼科山。あそこの山頂も岩だらけで異空間なのでオススメです!

岩によじ登って疲れたら振り返って絶景に励ましてもらいまた登るを繰り返していくと、、、

いやっほーい!!2回目の西天狗岳登頂です♡いい天気で最高!9時30到着。6時30頃登り始めたのでのんびり行って3時間で山頂です。このお手軽感も好きな理由♡樹林帯→展望よし→岩登り→絶景というわたしが好きな山登りが全部味わえる山が天狗岳です。

この眺め!!根石岳が手前にあって奥のティラミスみたいななだらかなお山が硫黄岳その隣が八ヶ岳最高峰「赤岳」(赤岳登山のブログはコチラ→「赤岳①」「赤岳②」「赤岳③」)その隣が「中岳」その横が「阿弥陀岳」(阿弥陀岳登山のブログはコチラ→「阿弥陀岳①」「阿弥陀岳②」)そして一番みぎが編笠山です。この景色を見るためにました!!!やっぱり南八ヶ岳を一望できる天狗岳最高ーー♡♡

わざわざ登ってきた甲斐がありましたー!ヤッホー!!

次回に続く。。。