温泉巡り 諏訪・岡谷・茅野・松本

下諏訪温泉の銭湯へ行ってみた

2019.09.21

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り、台風が接近中なので、空はどんより。雨が降りそうで降らない微妙な暗い日となりました。夏場の暑さはどこへやら。セミの声もしなくなり、川の音が涼しさをより一層引き出しています。スタッフの服装も半袖から長袖へ変わり始めています。10代の子だけは今日も半袖で出勤。若いです。

 

さてさて、今日は温泉好きのわたしが前から気になっていた銭湯へ入りに下諏訪まで行ってきたのでご紹介します。

下諏訪までは昼神から車で高速利用で1時間20分程。飯田山本から岡谷まで利用して行きました。

下諏訪温泉の菅野温泉です。「すがの」じゃなくて「すげの」と読むみたいです。

下諏訪といえばぬるめが42-3℃くらい。熱めになると46℃くらいのかなり高温の温泉です。下諏訪の温泉を色々入ってみましたが、非常に熱くて熱めなんて入ろうとした日には浴槽からあふれて洗い場へ流れてきたお湯で足がアチ!となって湯船に入れなかったくらいです。

そこへ地元の人は普通に入っているのでびっくりです。

さぁ今回の菅野温泉はどうでしょうか?

まず場所ですが、ここは非常に分かりにくいです。諏訪大社の秋宮の近くです。秋宮から下り坂を下って行くと「大社通り」という信号のある交差点があります。そこを秋宮を背にして進んだ場合右折。

ちょっと行くと町が運営している「四つ角駐車場」があるのでそこへ車を停めて行きます。

この有料駐車場菅野温泉の駐車場も兼務しているので、温泉利用者は無料です。

まず、車を停める前に受付のおじさんに温泉に来たことを話します。

すると車のナンバーを聞かれて紙をもらえます。

この紙を持って温泉へ行きましょう!

駐車場をぶった切るように温泉へ行く道があります。地元の人は洗面器とタオルとシャンプードレッサーを片手に持って小道へ行きます。

 

人しか通れない道。民家の間を通って進みます。

すると完全に温泉の入口だとわかる「ゆ」ののれんが登場します。

レトロすぎる廊下というか、通路が登場。

(ちなみに車で来ない人は奧の明るい方から入ってくることもできます。)

レトロ感満載でワクワク。ガラガラーと引戸を開けると目の前には番台と入って左右に靴箱。チケットを券売機で買って番台に出す仕組みになっています。

大人230円。子ども110円。

高級なチョコ並みの安さ。しかも5:00―21:30。さすが下諏訪。地元の人はみんな自宅ではお風呂入らないのでは?疑惑。

おばちゃんに券と駐車券を出してスタンプを押してもらいます。(駐車券は温泉のスタンプがあるものを帰りに持って行くと無料になります)

ロッカーとレトロすぎるマッサージのイスとこれまたレトロなパーマかける椅子?がありました。

貸切ではなかった為ここから写真がないです。

そのレトロ感満載な休憩スペースを過ぎると脱衣所。広くて銭湯の定番籠編みのカゴ発見。(このレトロなカゴ、もしくはケロリンの桶ががある銭湯はいい温泉だと勝手に思っています。)服を脱いでいざ!

真ん中に小判型の浴槽が1つ。小さなタイルが敷き詰められた本当にレトロな銭湯です!最高。

浴槽の両サイドに洗い場があります。シャンプーやリンスなどは無いのでご持参ください。地元のおばあちゃんたちがのんびり入っていました。

温度は嬉しい41-2℃。凡人でも充分に入れる温度で嬉しい。

壁にはモザイクタイルで洋風なお城と山と湖が描かれていました。

シャワーはひねる式。水圧も問題なし。カランは押す式の為押している間しかお湯が出ません。そしてカランが1つに赤いマークと青いマークの所があってお湯と水なのかと思って両方試してみましたがどちらもお湯でしたww

 

みずは水道1箇所のみです。

レトロでかわいい。泉質は下諏訪温泉のツルっとしたお湯です。

ドライヤーは1回10円みたいです。(が、おばあちゃんは普通にそのまま使っていました。地元ルールなのかも。。)

そして、脱衣所にボトルキープ並みに地元の人のマイ桶&シャンプーリンスセットが棚にずらりと並んでいました。

安いし、レトロでかわいいし、泉質もいいし、何より温度が普通に入れる温泉でした。ぜひ温泉好きの方行ってみてくださいーー!

菅野温泉:https://shimosuwaonsen.jp/item/751/

住所:長野県諏訪郡下諏訪町大社通3239-1

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪登山:乗鞍岳3026m②

2019.07.20

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り雨。本日もどんよりしています。この週末はまだまだお天気悪そうです。今日明日とヘブンスそのはらではイベント日です。ナイトツアーというよりイベントが強くなりますので、もし星を見に行きたい方(と言っても天気が悪そうなので見えなそうですが・・・)浪合パークでの星座鑑賞会がオススメです。

7/20・21のヘブンス園原でイベント情報はこちら→ヘブンスそのはら

浪合パークでの星空観賞情報はこちら→浪合パーク

さてさて、先日の登山ブログの続きです!

やっとこ汗だくで稜線に出たわたくし。

ここから雪が無いので夏道をズンズン進みます!

そしてやっとこ剣が峰(山頂)までつきました!山頂へ行くとワンダホーな御嶽山がどーん。同じ時に登ったご夫婦が「あの雪かぶってる山何かなーー?」と御嶽先輩を知らなそうだったので、「御嶽山ですよー」と紹介しておきました。

御嶽山って見る角度によって山の見え方が違うので分からない人が結構います。

多分御嶽山といえばこの形↓

なんですが、乗鞍から見ると山を写真の右横を見ることになるので

乗鞍の左側にこのような形にで見る感じになります。横長ドーンな形がすきなので、確かにこの形に違和感はありますが、乗鞍から見る御嶽先輩はこの形です。かっこいいぜ。御嶽山

ちなみに、北アルプスは

こんな感じでド迫力でした。最高です。山頂に鳥居と神社があるのですが、その裏に行くとこんな感じで北アルプス連峰がどーん。

しかも、建物の陰で風が無いのでポカポカ。最高。

登山口から1時間ちょいくらいで山頂なのでお手軽すぎ。これで長野県内の3000m峰15座のうち2座目のゲット。(仙丈ケ岳と乗鞍岳)

3000mの山で一番簡単なのが今回の乗鞍岳だと思います。夏になったら初心者の人でも小学生でも普通に登れると思います。

残り13座。結構ありますがマイペースに攻略していきたいです。その他の山は御嶽山以外日帰りでは厳しそうなので、なかなかハードです。

ちなみに100名山は28座が長野県と近隣の県にまたがっています。こちらは11座ゲット中。こちらもまだまだ先は長いです。

山頂で延々ボーとしていましたが、バスの時間もあるし、雷鳥も見たいのでそろそろ下山します。

下りは登りで急斜面だったところを下るのでかなり怖いです。残雪期はトレッキングポールがないとかなり怖いです。わたしはポールがあっても滑って下まで落ちるかと思うほどでした。

こんなに下ってきたなぁと振り返ると彩雲がチラリ。めっちゃラッキーでした。山の神様ありがとうー!!

その後雷鳥を探しましたが、真っ白い羽根を広げてハイマツの中へ消えて行った後ろ姿しか見えず。。。雪がズボズボで探すのもかなり大変だったのでまた来年のお楽しみにしました。

下りは昼過ぎでしたが、結構登ってくる初心者風な装備の登山者がチラホラいました。ゲイターもしていないので、雪解け水が川となっている登山道で足がガッツリ濡れていました。靴もスニーカーでめちゃくちゃ心配になりました。

山は自己責任です。おまけに日が長くなっているとはいえ昼から登るのは少し危険な感じです。早着早出が山の基本ですので、安全登山をお願いします。

ザクザク大雪渓を貸切で下って行きました。登りあんなに苦労したのに、下りは楽しかったです。ソリを持ってくれば一気に下れたのになぁと思いつつ。。

バックカントリースキーの方が稜線から一気に大雪渓まで下っていてすごいかっこよかったです。が、板を担いで登る元気がないので、わたしは絶対やらないなぁと尊敬のまなざしで見ておりました。

バスの時間まで30分位あったので、雪の壁を見に行ってみました。富山県の黒部アルペンルートが有名ですが、乗鞍の雪の壁もなかなかの壁具合でした。

無事に駐車場へ下山完了。

下は新緑満開で、目の前の山が黄緑のタスキをかけていました。この後は下山後の楽しみ温泉です。今回は事前に調べていた無料の源泉かけ流しの温泉へ行ってみました。

駐車場から徒歩3分程川を渡って砂利道を進むとお目当ての「せせらぎの湯」の看板が。

ここにも書かれていますが、バス停横のスペースを駐車場として勝手に利用している人がいるようです(わたしが行った時も県外ナンバーの人が無断駐車していました)せっかく無料なのにこういう方が多いと地域の人も封鎖もしくは有料となってしまうのではと悲しくなりました。めちゃくちゃ近いのでぜひ駐車場は正しい場所へお願いします。

こちらがせせらぎの湯です。見かけは完全に小屋!しかもかなり小さめ!

混浴ではなくて、わかれているので女性も安心です。

洗い場はなく、とってもシンプル。湯船があるだけ。

シャンプーなどの石鹸類の使用は禁止です!(これも書いてありますが、無断駐車の女性グループはがっつり泡だらけで悲しくなりました)

泡泡2人があがり貸切になりました。

源泉かけ流しの乳白色の温泉です。これが無料!最高!しかも、川のすぐ横でまさにせせらぎの湯でした。

本当にオススメですので、ルールを守って気持ち良く利用してみてくださいーー

乗鞍岳も登りやすくてこれからお花畑シーズンになるので、ますますオススメです!!

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪登山@乗鞍岳3026m①

2019.07.18

こんにちは、観光局です。久々のブログの更新になってしまいました。梅雨時期毎日雨が降っていて、休みでも晴れている日に家にいるのがもったいない病のわたしですが、雨の日なので家にこもることが非常に多く全く外へ行けていませんでした。

行けても曇りで写真を撮るほどでもないし、どこかへ出かけることがない毎日でした。

休みの日にはスーパーとガソリンスタンドへ行くくらいしか出歩いていないので、ますますブログで書くことなく。気づけばもう7月も半ばすぎ。

夏シーズンのナイトツアーも7月は星が見えそうな日が1日位しかなく、、、早く梅雨明けしてくれないかなぁと毎日天気予報を見てはため息です。

1か月近く山に行けてない&青空の休みに巡り合えていないので、梅雨入り前に登った乗鞍岳をアップします。

しようと思っていたのにすっかり忘れておりました。乗鞍岳はまだ行ったことがなく夏場は上までバスが通っているので、初心者向けのお山で有名です。しかも簡単に3000m峰へ登れるという事で人気。

わたしはさすがに夏場に行くなんてもったいないなぁと思い残雪期にアタックしました。しかも、休みが丁度天気良い日&バスが登山口の「大雪渓・肩の小屋口」まで開通したとの情報をゲットして早速行ってみたのです。(登ったのは5月27日)

長野県側から乗鞍岳へ行く場合「乗鞍エコーライン」で登山口までバスで行きます。乗鞍岳へ行く場合長野県からは乗鞍エコーライン岐阜県からは「乗鞍スカイライン」で行く感じになります。名前が似ていて紛らわしいのでお気を付けください。

車はマイカー規制で上がれないので、どっちの県からもバスで行くしかありません。

平日だったので高速代を安くするために深夜に出発そして4時前に何とか高速に乗って深夜割で松本まで一気に移動しました。目指すは「乗鞍観光センター」です。昼神から2時間20分です。

高速を降りでコンビニで朝日を眺めてお昼を買ったら一気に観光センターまで頑張ります。

シャキッとした空気とカッコウの声が最高の駐車場。200台停められて駐車場代は無料です。

道の向こうにはこれから登る乗鞍岳がチラリ。今年は4月に雪が降ったので5月末でもしっかり雪が残っていました。天気もいいし、絶対いい山日和!

バスの始発は8:30!着いたのは6:30だったので仮眠。涼しい風と鳥の声が最高です。

8時を過ぎると乗り場にお客さんが集まり始めたので、準備をして並びました。平日はこのシャトルバス乗り場に並んでいれば係の人が来てくれてチケットを買います。(土日のみ観光センターのチケット売り場で買うようです)

観光センターからこの日は大雪渓・肩の小屋口まで往復2500円です。(観光センターよりも上のバス停で休暇村や三本滝もありますが、料金は同じなので観光センターが一番駐車場が広いので、観光センターがオススメです。)

残雪期だったので、バックカントリースキーをする方が9割。わたしのような登山者が0.9割。観光で来た無防備な方が0.1割ほどでした。観光の方は少し場違いなほど無防備でした。

バスはいっぱいになるとすぐ2台目が待っているので、絶対に乗れるようになっています。45分位バスに乗っていると目的地大雪渓・肩の小屋口に到着です。

思った以上に大雪渓。装備がない人は入ることも難しそう。バックカントリーの方は板を履いて準備。登山者はゲイターをつけてアイゼンやチェーンスパイクで登ります。観光客の方たちは写真を数枚撮ってすぐに折り返し運転になるバスの中へ戻っていました。

準備をして9:30頃いざ乗鞍へ登攀開始!!クライムオン!

雪渓を登って行きますが、雪で登りにくい。ぐしゃぐしゃで全然進まない。おまけに暑い!!汗だくの中なんとか雪渓を超えました。

雪がない場所もあるので、バックカントリーの方は板を背負ってスキー靴で登って行きます。わたしもチェーンスパイクを外していきます。やっぱり夏道が歩きやすい!

ただ、又すぐに雪道復活。しかも、ところどころ溶けているのでぐしゃぐしゃびしゃびしゃ。

果てしない雪の中を進んで行きます。かなりの傾斜で1本道を前の人について登って行きます。

振り返ると北アルプスがどーーん!いや最高。もっとゆっくり行きたいけど、道は一本なのですれ違いができず、傾斜があって踏み外したら下まで滑落しそうで怖い。緊張しながら一歩一歩登ります。

直登ルートで登るバックカントリーの方すごい。もうちょいで稜線まで出そうです。

やっと稜線!風が抜けて涼しい。稜線まで出たらチェーンスパイクを脱いで逆にアウターを羽織って風を防ぎます。

稜線からは溶けかけの権現池がサファイアブルーでキレイ。さらに岐阜の名峰白山がチラリ。稜線まで登らないと見れないのでやっと登ってきたなぁという感じ。

やっとこ山頂が見えてきました。

がんばれワタシ。気合をいれていざ!

つづく。。。

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪期登山@硫黄岳2760m②

2019.05.18

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。雲が多めです。

さてさて、日が空いてしまいましたが、硫黄岳の続きです。

横目に硫黄岳の爆裂火口を望みながらわっせわっせとケルンをひとつづつ越えて行くと最後の山頂前のケルンが登場。

しかもその上には彩雲も登場!彩雲目指して登って行きました。

やったー!4度目の硫黄岳登頂できました。

山頂からは南八ヶ岳オールスターの山々が!!

左から横岳・八ヶ岳最高峰の赤岳・権現岳・阿弥陀岳を独り占めできる絶景スポットです。八ヶ岳の奥には南アルプスの甲斐駒ヶ岳もうっすら見えていました。

平日登ったので、山頂は山小屋の人が言ったとおりの貸切。

雪も少なく歩きやすく、リハビリ登山にはもってこいでした。陽射しもあってぽかぽかでした。

硫黄岳から硫黄山荘へ向かう登山道もなだらかでおだやかでした。燕が飛びまくっていました。春ですねー

1時間くらいボーとして下山です。

途中下りで足元ばかり見て歩いていたらやたらと鳥の声が大きいなぁと思い顔を上げると目の前のケルンにいました。3mくらいでほとんどカメラのズームを使わずに撮影出来ました。ごきげんに歌を歌っている小鳥さん(結構大きめ)

その後チェーンスパイクをつけてヒュッテ夏沢への急斜面を一気に下ります。雪が気温の上昇でずぶずぶで滑りやすくなっていました。滑落しないように気負つけながらササっと下山。

無事に樹林帯へ入ってオーレン小屋から夏沢鉱泉まで一気に下り、16時前には無事に下山完了しました。

開山式前の静かな八ヶ岳やっぱり山は最高でした。これから本格的に山のシーズンが始まります!!今年は何座登れるかなぁーー

また登ったらご紹介します。

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪期登山@硫黄岳2760m①

2019.05.14

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。最近天気が不安定で、昨日も夕方からゴロゴロ雷と雨がすごかったです。沖縄の方でも集中豪雨だったみたいですね。今日もそんなわけで天気が悪く気温も低めです。

さてさて、今日は久々半年ぶりに登山をしたので半年ぶりの登山レポートです。

半年ぶりだったのでリハビリを兼ねてコースタイムが短くて絶景が眺められる山。大好きな八ヶ岳の硫黄岳(2760m)に登ってきました。

久々の早起きがめちゃくちゃ辛かったですが、朝4時30で既に空が明るくなっていて日が伸びたなぁと思いつつ準備。5時過ぎに出発。気温は4℃でした。飯田山本から高速に乗って一気に「諏訪南」へそこから登山口の「桜平」まで上がって行きます。阿智から登山口まで車で2時間。桜平駐車場まではすっかり雪もなくなって夏道でした。未舗装ですが、年々通りやすくなっているので、山小屋の方・登山道整備関係者の方へ感謝をしつつ、こすらないように気をつけて進みます。

鹿が登場。これは幸先よさげです。

桜平(上)の駐車場に7時過ぎに着。わたしを含めて車は3台のみでした。GWすぎた開山式前の平日なのでがら空きです。7時でこんなにがら空きラッキー。

準備をしていざ最初のチェックポイント登山口の「夏沢鉱泉」まで登ります。舗装路なんですが、駐車場から登山口までがキツイ。自分の中で硫黄岳登山の中でこの登りが一番きつい。

きついのに、登山口にすらたどり着いてない。そう思うと余計にキツイ事

「まだ登り口にすらたどり着いてないのになんでつらいんだよー」と思いつつ何とか夏沢鉱泉へ到着。半年ぶり。なまった体が憎い!

神々しいwwやっとこ桜平登山口に到着です。

登山者カードを書いて入山。必ず登山届の提出をお願いします!!!山は自己責任です!!何があるかわかりませんので、備えを各自していきましょう。

やっとこ登山開始。夏沢鉱泉まで雪や氷がないので準備していたチェーンスパイクをザックにしまって約100歩

つるんつるんの氷道が出現。。しまわなきゃ良かったと若干後悔しつつ、すぐ出して装着。チェーンスパイクを履いたのでザクザク氷に刺さる感触が楽しい。

次のチェックポイントは「オーレン小屋」です。地味な登りでじわーと汗が出始めた頃

スーパー整備されたありがたい登山道が出現。これはきっとオーレン小屋が近い証拠だなぁとしみじみミニ氷の壁ロードを歩いていると

登り始めて1時間30で第二チェックポイント「オーレン小屋」に到着。小屋の方がみんないたので皆さんに見に氷の壁ロードのお礼を言って眺めのいい次のチェックポイント「ヒュッテ夏沢」まで頑張ることにしました。

オーレン小屋から20分でヒュッテ夏沢

オープンは7月の様で誰もいませんが眺めがいいのでここで初めての休憩。硫黄岳がキレイに見えていて、飛行機雲の演出が加わってさらに今日はかっこいいぜ。

登った日は天気が最高でポカポカでした。ここから森林限界になって風が吹くと激寒なので、長袖Tシャツの上に一枚羽織ってから出発。

えげつない急登を登って行きます。雪が閉まっているので歩きやすい。一歩一歩頑張ります。硫黄岳で登山口までの登りとこの森林限界の所が踏ん張りどころ。

森林限界を超えると雪や氷は無くなったのでチェーンスパイクをしまって夏道を進みます。さっきまで休んでいたヒュッテ夏沢がかなり下に見えます。

登ったなぁー振り返ると夏沢峠の奥には天狗岳がちょっこと見えます。右側にはかすんでいる浅間山も。

御嶽山・乗鞍岳・北アルプスがかすんでいますが見えてきました。

最後の登り。あの奥まで行けば山頂です。最後の稜線歩き。陽射しと鳥の声風が気持ちいい。思っていたほど寒くないので速攻で羽織った一枚を脱いで結局Tシャツで登りました。

途中でこれから行く硫黄岳の爆裂火口が登場。あとちょちょいと登れば山頂なので、ここでまたしてものんびり。オーレン小屋の人が「今日は天気も良くて最高だよ。山頂は貸切かもね。」と言っていたのを思い出しつつ半年ぶりの非日常に浸るわたし。

雪はほとんど解けて地層がむき出し。かっこよさ倍増!覗き込んだら真っ逆さまです。ここから滑落したら絶対助からないので、遠目からズームでパチリ。

さぁあて山頂までは最後のひと登り。

つづく。

ドライブ・スポット 諏訪・岡谷・茅野・松本

富士見高原リゾートへ行ってきました。

2018.06.17

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。明日から本当に天気が悪くなるのかと思うほどのいい天気です。週間天気を見ると来週はずーと雨ですね。悲しい。

さてさて、今日は富士見町の富士見高原リゾートへ視察に行ったのでご紹介します。富士見町へは昼神から高速利用で諏訪南インターで降りて1時間30分。

最近ユニバーサルフィールド作りにすごく力入れているのが富士見高原リゾートです。ユニバーサルフィールドとは「誰でも安心して旅行できる観光地」というもので障害の有無や高齢者の方でも楽しめるというのがポイントです。

早速富士見高原リゾートへ行きました。取組みなどの話を聞いた後早速中を散策させてもらいました。

白樺が青空に映えて本当に素晴らしい場所でした。初めて来ましたが、とても広くて1日じゃ回り切れない広さです。

ここでは遊覧カートを使って展望台まで上がることができて、富士山や南アルプス、遠くの北アルプスまで見る事が出来ます。このほか、フランスのかっこいい車いすHIPPO(ヒッポ)や駒ケ根の会社が作ったJINRIKI(ジンリキ)という車いす牽引器があって無料で借りることができるのです。

ヒッポもジンリキも乗る方の快適性はもちろん一緒に旅行する家族や友人も一緒に楽しめるというのがポイントです。通常の車いすはコンクリート道路のみで段差に弱くバリアフリーの場所でしか活躍できませんが、ヒッポやジンリキを使えばでこぼこ道でも走行可能です!長野県は自然豊かな場所なので、自然を全てバリアフリーにするのには限界があります。そんな長野県内で誰でも楽しめるようにとできたのが、まさにこのヒッポやジンリキなのです。

ヒッポはもともとユニバーサルフィールドの先進国ヨーロッパから来た車いすで日本の車いすと形が少し違ってかっこいい形!

ジンリキは普段使っている車いすに簡単に取り付けるだけで介助する人が格段に楽になり段差や雪道、階段なども超えていけるというドラえもんの道具のようなものです。

多少のバリアで1人だけなら無理でも一緒に誰かと旅行し、道具や富士見高原リゾートのように観光地づくりができれば誰でも旅行することが可能です。

ヒッポに乗るとこんな感じです。(ちゃっかり楽するわたし)この車いすはこんな未舗装道路でも楽に進んで行けるので、乗る方も押す方もとても楽です。

普段乗ったことのないヒッポに乗れる為か会話が増えたり、簡単に押せるのでおばあちゃんの乗るヒッポをお孫さんが助けてくれたりするご家族もいて本当に皆さん「来て良かった。まさかみんなで旅行に来られると思わなかった」と言われるそうです。

車いす目線ではこんな感じでニッコウキスゲと白樺が最高でした。富士見高原リゾートでは10万㎡にたくさんの花が咲きまくりです!

長野県全体で障害の有無にかかわらず誰でも気軽に旅行できる場所が増えるように、また昼神温泉・阿智村もそんな場所になるように頑張らねばいけないなーと感じました。富士見高原リゾートのできるユニバーサルフィールドづくりと昼神温泉のできるユニバーサルフィールドづくりはもちろん全く別です。バリアはそれぞれの地域や環境で全く違うので、うまく活用しながらになると思いますが1日でも早く昼神温泉のユニバーサルフィールドづくりをしていこうと思います!!

ちなみに視察後NHKの取材を受けました。(NHKのディレクターの方と偶然におソロコーデの上司)

もう放送は終わってしまいましたが、その様子が「イブニング信州」で放送されました。(わたしがちゃっかりヒッポになる様子も全県に放送していただきました。)昼神温泉にジンリキやヒッポが来たらまたご紹介します。ちなみに普通の車いすは2台ありますので、ご利用の方はお気軽に阿智☆昼神観光局(ACHI☆BASE)へ☎0265-43-3001 9:00-18:00

富士見高原リゾート・・〒399-0101長野県諏訪郡富士見町境12067

☎0266-66-2121

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

初!山小屋泊南八ヶ岳縦走③赤岳~横岳~硫黄岳

2018.06.01

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。朝からスカッと気持ちのいい青空が広がっています。昨日の雨はすっかり明けでこれから週末にかけていい天気が続くので嬉しいですね。

さてさて、おとといからの登山南八ヶ岳縦走ブログも今日で完結です。2日目は3:30頃に一回起きて目の前の窓から外を見てみるとぼやーと富士山が見えていました。

雨は降ってなさそうだけど雲が多くてうーん🤔とりあえず日の出は4:30ごろだったのでゴロゴロしてからトイレに起きました。するとなんだか外が明るい。。
あれ?富士山の方から日が出るんじゃなかった?!(勝手な思い込み)
でもコンタクトが入っていないのでなんだか分からん。

またしても慌てて部屋に戻ってコンタクトを取り行って目に入れてトイレの横から見てみたら、明らかに富士山じゃない別の方が明るく赤くなってた。
なんてこった。まじか太陽🌄

防寒着をガッツリ持って外へ
パーっと雲の間から朝日もギリギリで眺めることができました☺️

今日もいい一日になりそうだ。しかも今日は北アルプスまで見えていたので計画通り横岳と硫黄岳に行くことにしました。
5:30からの朝食です。湯気の立つご飯にお味噌汁あったかい食べ物って本当に幸せな気分になりますなー☺️
最後に山バッチを買ってお礼を言って、横岳へ向かいます。

山小屋を出ると日の出の方向(多分清里方面)いくつも天使の架け橋が出来ていました👼

赤岳を下りてる途中で展望山荘に泊まった方と少しお話し。展望山荘も2人しか宿泊がなかったようです。
さらに下って展望山荘横を通り過ぎようと思ったら「キャン‼️」と鳥にしては大きな声がしました。なんだー??と登山道横を見てみると茶色いオコジョが真横の登山道横の岩から丁度出てきていました!😍
わたしもビックリでしたが、大きな声を出したオコジョ本人が一番ビックリしていました。
「うわ!人間だ‼️」みたいなリアクションで飛び上がって慌ててハイマツの横から展望山荘前に、飛んでいきました。

(ズームで分かりにくいですが、一応オコジョの横顔↑)

そのあとキョロキョロしてわたしを見つけて山小屋の下へ逃げてました。
(トトロのメイちゃんがカンタのおばあちゃんに始めて会ってビックリするシーン。あっち行ってもこっち行ってもおばあちゃんがいてビックリするあの名シーンが蘇りました。)
出てこないかなーと思って見ているとまた出てきてキョロキョロ。
そのあとはぴょんぴょん出てきたと思うと、またわたしに気づいたのか「うわ!まだいるし‼️」という感じで猛スピードで逃げてしまいました。
ちゃんと写真撮れなくて残念。。

でも雷鳥、カモシカ、オコジョとわたしの山で会いたい動物トップ3を偶然にも制覇できて幸先の良いスタートでした。また会いたいです。目が大きくてかわいかったーーー🤤😍

横岳は見るからにゴジラの背中だったのでヘルメットを被って⛑臨みました。鎖場やハシゴ高度感のあるところも多かったけどめちゃくちゃ楽しかったです。

横岳に登る途中の赤岳がスーパーイケメンでした。横岳側から見る赤岳が多分一番かっこよく見られる気が来ます。(奥には南アルプスの貴公子甲斐駒ヶ岳もチラリ)
山頂に行くとお姉様2人がいました。「いい天気で最高だねー☺️☺️」という所から始まり「ツクモグサ見つけた?どこにあった?」と聞かれました。
ハテナ?ツクモグサ?「何ですかそれ?レアなんですか?」と聞くと

「そうだよ‼️黄色くて毛が生えてる花で横岳周辺しか見かけないからそれを見にきたんだよー!」とお姉様達が。

「えーー!そうなんですか?全然気づかなかったです。近くにあるんですか?」と3人でちょっと赤岳方面側に行ってみましたが、

お姉さまが「多分もうちょっと山頂手前だったから引き返さなきゃダメだったかも。。」と言われ、、ガビーン‼️😱😭😓

これから横岳行く方いましたら必ずチェックしてきてください。。あー見たかった。調べたら、本州で見れるのは横岳と白馬岳のみみたいです。。。
あまりに見たすぎてお姉様達に「でもわたしオコジョ見ましたよ。」と対抗してみました。
「エ?!オコジョ‼️それもいいね!どこで?!」と盛り上がりました。
しかも山頂でパラパラとアラレみたいな粒も降ってきたんです。3人でおおおーーー!すげーと大興奮でした。なんだか不思議な山横岳でした。

その後は硫黄岳に向かいます。

硫黄岳山荘も始めて行ってみました。


ここで見れなかったツクモグサが書いてある限定の横岳バッチもゲットできました。
その後はケルンが続く硫黄岳へアタックです。


青空が広がって本当に気持ちいい山歩きができました☺️☺️やっぱり青空最高です。

山頂まで行くと前回来た時に噴火口の雪も全くなくなってティラミスじゃなくなっていました。

そして硫黄岳から阿弥陀岳赤岳横岳を振り返ります。


朝いた赤岳山頂山荘がめちゃくちゃ小さく見えました。頑張って歩いて来たなーとしみじみ。

そっからは一気に赤岳鉱泉へ。

「赤岳♩赤岳♪赤岳鉱泉♬」と歌いながら降りましたが、途中からお腹は空くしトイレに行きたくて「トイレ♩お昼♪赤岳鉱泉‼️」とブツブツ言いながら降りました😂

やっとこ沢まで来てようやく到着しました。鉄の成分で赤い!

トイレを借りて(100円)お昼をかるーく食べて北沢ルートで美濃戸口まで一気に降りました。
初めて歩いた北沢ですが、横にずーと川が流れていて何度も橋を渡ったりできて楽しかったです。

途中「ケーン‼️」という声でパッと顔をあげたら川の向こうに鹿が3頭いました🦌🦌🦌

堤防から美濃戸口までの砂利道が飽きましたが、行きには見れなかった八ヶ岳っぽい苔の森も見れてよかったです。

無事に縦走完了ー!わーい。
やっぱり八ヶ岳大好き❤😘❤

八ヶ岳はいろんなバリエーションの山があるので、ご自身の体力やレベルにあった山歩きで安全で楽しい山登りをお願いします。

以上です!縦走記録でした。

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

初山小屋泊!南八ヶ岳縦走②赤岳2899m

2018.05.31

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇りです。昨日の雨もそこまで多く降らなかったので良かったです。

さてさて、早速昨日の登山の続きです。

夕方睡魔に勝てず30分くらい軽いお昼寝を挟んで、またしてもやることがないので談話室兼食堂へ行ってみました。ガラス張りの食堂なので眺めが最高で、ガスが隣の横岳にぶつかって抜けていくのがスゴイかっこよかったです。

久々にタイムラプスで撮ってみました。雲が抜ける様子がかっこいいです。

山小屋には山の雑誌や山の漫画が大充実。漫画好きには嬉しいです。漫画を読んでいると17:30この日の夕食の準備ができましたよー。と山小屋の方に言われて取りに行きました。わたししか泊まっていないので好きな席で、いただきます。

わたしは横岳が見える席に・・・焼肉定食うんまー❤️美味しくてばくばく食べました😋😋😋幸せ。ご飯はお代わり自由だそうです。

そのあとそういえば赤岳の山頂に行ってなかった事を思い出し、山小屋の人が明日は下り坂かなーと言っていたので、赤岳の山頂へ行こうと外へ。

そしたら、めちゃくちゃいい夕日が見えそうな空じゃありませんか!!!!

お昼寝前はガッスガスだったのに、いつのまにかガスがスカーと抜けて良さげな夕焼け宣言。

しかも阿弥陀岳山頂には神様が降りているような雲がかかって何とも神々しい。

行者小屋で会ったおじさんの言う通り。おじさんすごい。ありがとうおじさんと心の中でお礼を言いつつ、これは大変だー!と風が強かったので、慌てて部屋に戻りました。

フリース・ダウン・カッパ持ってきている防寒着をもガッツリ着込んで、手袋もして夕焼けを待てる準備をして再度山頂へ行きました。

空がスゴイきれいなことに!

赤岳の山頂看板が夕日に照らされて赤くなってきます。そして奥には南アルプスもしっかり見えていました。

もう今日諦めずにきてよかったー!しかも貸切。
最高ーー!!!

わーい🙌🙌ヤッホー!わーい🙌うわーい!

1人で赤岳山頂でアルペン踊りしたいくらい。

喜んで山小屋の方で見ようと行くと山小屋の人も出て写真を撮っていました。

「こんなキレイな夕日いつも見れていいですねー」って言うと「いやこんなにキレイなのは月に1回か2回あるかどうかかなー?よかったね。いい時きたねー」と言ってもらえてさらに嬉しかったです。本当に来てよかった。

明日登る予定の横岳や硫黄岳も夕日に照らされてかっこよさが増していました。
大好きな八ヶ岳のしかも八ヶ岳の最高峰で最高の夕日。

しかもしかもの山小屋貸切で優しい山小屋の方にも恵まれ本当に最高な1日になりましたー

小屋の方が言うに今の時期は北アルプスの西穂高の所に沈んでいるみたいです。

太陽が沈んだ後も真っ赤になる空を見て風に吹かれながら少したそがれました。どうなるかと思った初日ですが、思いがけずいい景色も見れて山小屋にも泊まれて美味しいご飯も食べられて、夕日まで最高。あー来て良かった!やっぱり八ヶ岳いい!と噛みしめて、20時消灯で1人なので静かーに即爆睡。

続く。。

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

初山小屋泊!南八ヶ岳縦走①赤岳2899m

2018.05.30

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。久々に暑かった後で雨が降りました。週末にかけて天気は回復するそうですが、今日は少し寒いです。久々の長袖出勤しました。5月22日からナイトツアーもお休み期間に入ったので、バス予約も減り、お客様をあまり見かけなくなりました。最近は次の7月から始まるナイトツアーの問合せや予約という感じですが、今多いのが外国人のお客様からの英語で問合せです。休み明けで出社するとわたしのメールボックスは外国人のお客様からの何か月も先の星の事へのお問い合わせが何件も!多くは中国からですが、それ以外で香港やマレーシア、タイ、シンガポールなどアジア圏のお客様から問い合わせがあります。日本のこんな小さな村に海外からわざわざ旅行しようと思ってくれるのだから、星が有名になったことを実感します。すごいなー阿智村。

さてさて、昨日おとといと連休だったので以前から行きたかった八ヶ岳縦走しに行ってきました。

しかも日帰りが多い中で今回は山小屋泊もしてみました!大嫌いだった山登りがまさかこんなにハマって山を歩いて登って泊まって次の日も登ることになるとは、、、人生何があるかわからないですねー

天気がずーと微妙だったのでホントに心配だったんですが、相変わらずの晴れ女ぶりを発揮していい景色が見れました。2日で何百枚と撮ってきたので、厳選してここ何日かにわけてじっくりと八ヶ岳の魅力をご紹介します。今年から山登りしてみたいなーとか長野県の山に登ってみようかな?という山好きが一人でも増えてくれたら嬉しいです。

とりあえず行程は1日目美濃戸口から南沢ルートで行者小屋まで行ってそこから赤岳へ。山小屋泊して2日目は天気よけえれば横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~北沢ルートで美濃戸口へ戻ってくるという周遊ルートで縦走します。八ヶ岳は初心者の方でも登れるか山か上級者向けの山があったり、山小屋が沢山あって充実している&アクセスがいいので本当にオススメです!!!

前日にパッキングをして新品のヘルメットもザックにつけて遠足前日の小学生並みに良く眠れないまま起床。1日目の行程は片道4時間ほどで1760mから2899mまで登っていきます。標高差1139mなので結構大変です。長野県のグレーティングを見ると3C(数字が体力です。数字が少ない方が簡単。英語は山の難しさです。Aが簡単)

Cのレベルはハシゴ・くさり場、また場所により雪渓や渡渉箇所がある。ミスをすると転落・滑落などの事故になる場所がある。 案内標識が不十分な箇所も含まれる。

という山の事です。登山の紹介ブログでは結構何度も書いていますが、計画や準備をしっかりして安全に楽しい登山をお願いします。登りたい山よりも登れる山への登山を!!

前置きが長くなりましたが、美濃戸口から未舗装の道をガタゴト登って登山口まで上がっていきます。

赤岳山荘の駐車場が1日1000円で停められます。わたしは2日間なので2000円。ここに登山届のポストとトイレ(100円)があります。

今回も南沢から行者小屋まで大体2時間10分のコースタイムですが荷物も重いのでのんびり行こうと思います。3度目の美濃戸口から3度目の南沢ルートで8:45頃出発です。

南沢から入ってすぐに激レア植物「ホテイラン」という花が咲いているそうなので注意深く下ばっかり見て行きました。ホテイランは絶滅危惧の植物です。以前2回歩いたときは真夏でもう既に終わっていたので、囲いと看板のみだったので、どんな花か楽しみに行きました。

コチラがその激レア植物「ホテイラン」です。可憐な妖精と言われていて、登山道脇で普通に見られるのは八ヶ岳だけみたいです!!わかるようにロープや印が近くにあるので簡単に見つけられます。写真じゃ分かりにくいんですが膨れた唇弁を布袋(ほてい)様の腹に見立てたと言われます。結構これを目当てにこの時期に八ヶ岳に来る人が多いみたいです。登り始めて10分くらいで見れます。

その後は延々登り。汗ダラダラです。もう3度目なので大体どこら辺とか分かるようになってきました。

開けた平坦で歩きやすい道に出ます。先には横岳のゴジラの背中みたいなごつごつの山が見えています。気づいていると思いますが、天気は曇り。陽射しがないので、涼しいですが、平日の一人でこの天気で登っていると、本当に大丈夫なのか若干不安になりました。人がいればまだいいんですが、すれ違う人は下りの人ばかり。この時間にこの天気で登っていく人はいませんでした。不安だなー不安だなーと思っているとようやく行者小屋に到着です。

行者小屋は開山式の6月2までお休みの様です。でもベンチも水場もトイレも使えるのでここで水を調達。小屋の奥にはゴジラの背中横岳がギザギザしています。

そしてこれから登る赤岳。今日のお宿はあの左のコブのてっぺんです!あそこに行かないと今日は泊まれない。そして相変わらずドン曇りです。休憩していると赤岳から登り終わって帰ってくるおじさんが。写真を撮って欲しいとお願いされたので何枚か撮って少し話しました。「赤岳良かったよー今日泊まりなんて最高じゃん!気を付けてね。」と言ってもらい、ようやく「そうだ、午後からいい天気になるって予報だし!」と前向きになっていざ階段地獄の文三郎尾根ルートで行きました。

少し雪が残っていましたが日陰の部分だけだったので全然平気です(ただ滑りやすいので注意してください)

そして天に伸びる階段が続きます。この写真はまだ両側が安全ですが登っていくと片側が切れ落ちています。疲れるけど一歩づつ集中して登っていきます。

雲がすごい速度で流れて行って青空も見えてきました。明日晴れたら行きたい横岳とその奥はべたっとした硫黄岳が見えています。階段だけだと嫌ですが、南八ヶ岳のかっこいい山々を見ながら登れるので結構好きなルートです。

反対側は中岳と阿弥陀岳。中岳は多分この階段ルートから見たこのアングルが一番かっこいいと思います!阿弥陀岳はまだまだ北側で日陰の部分が多いので雪が多いみたいです。

階段地獄が終わった後は最後の鎖場です!ここは本当に滑落したら大事故になるので更に気を付けていきます。新しく買ったヘルメットもここからしっかりかぶっていきます。

これが見えたら本当にあともう一登り!!!がんばれわたし!もうちょい!そしてうりゃーと登ってようやく山頂です。

本日のお宿わたしがずっと泊まりたかった山小屋「赤岳頂上山荘」すぐ横に赤岳山頂が

山頂は宿に入ってからでもすぐ行けるので先に山小屋にチェックインしました。山小屋泊の基本は「早着早出!」だって本で読んだので先にチェックイン。14時までにつけばいいかなーと思っていましたが、1時間早めの13時に着きました。

山小屋の人が「お疲れ様でした。今日の予約はおひとりだけです。このまま他にお客さんが登ってこなければ貸切になりますので、お好きな場所でどこでもどうぞー夜も寒かったら隣の毛布とか好きに使ってくださいねー」と案内してもらいました。びっくりして「え?昨日とかもそんな感じですか?」と聞くと「昨日はゼロ土曜日は少しいて6人くらいでしたよ。」と教えてもらいました。

始めての山小屋泊でまさかの貸切。一人だけ。一緒に泊まる登山者とどんな山に行ってどうだった、こうだったとか山トークを楽しみにしていたのでびっくりしましたが、周りの人のいびきとかで寝れなかったらどうしようと思っていたので、これはラッキーかもと思いました。

山頂荘は個室(多分4人から)かそれ以外という感じです。わたしは窓から富士山が見える場所にザックを置きました。結局人が誰も登ってこなかったので貸切でした。ラッキー!1泊2食で9000円です。

早速着替えて、売店でチューハイを買って里から持ってきたおつまみで山を眺めながら14:30には飲み始めました。

食堂兼談話室の窓の向こうはダイナミックな横岳に雲がぶつかってかっこよくなっていました。横岳の下に見えるのが赤岳展望荘です。(次の日そこに泊まった人と朝すれ違って聞いたら、展望荘は2人だけだったらしいです。)

正面にはうっすらと雲の上に浮かぶ富士山が!!!晴れてたらもっとクッキリなんでしょうけど、見えているだけでもなんだか嬉しかったです。

それにしたって1人で飲んで小屋にある漫画や雑誌を一通り読んで夕食の17:30まで時間がある。なんだか眠くなってきたので、一人お昼寝タイムにしました。昨日の夜遠足前の小学生並みによく寝れなかったので、どうせ一人でやることもないので1時間くらい寝ました。

続きはまた明日。

グルメ・お土産 ドライブ・スポット 諏訪・岡谷・茅野・松本

ランチパン食べ放題@SWEET縄手本店

2018.05.05

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。GWも残り最後の週末になりました。色んな所でUターンラッシュなどがはじまっていますねー。週末は両方ともいい天気に恵まれてよさそうです。昼神温泉は花桃は終わってしまいましたが、満館です。天気もいいのでバイクやオープンカーが良く走っています。気温が少し低めですが、陽射しがサンサンで新緑が風に揺れてとってもいい季節になりました。

今日のナイトツアーは2部営業制です。1便17:30-19:30の登りのゴンドラか2部21:00-22:00の登りのゴンドラになります。

肝心の星ですが、18時より一気に雲が増えて見えにくい予報です。あと月もかなり大きいので星は見えにくいかもしれません。

さてさて、久々にランチで行ったお店の紹介です。GWなかなか忙しく更新できていなくすみません。。ちょっと前に夏山に向けて登山道具を買い足しに松本に行ってきました。今年は北アルプス槍ヶ岳に登るのが目標なので、ヘルメットを購入しました。お店が平日だったので空いていて店員さんに色々相談で来たので良かったです。ついでに今年からは縦走したいと思っていたので、靴の相談もしました。わたしが山好きになったキッカケでもある北アルプスの唐松岳に一緒に登ってくれた安曇野在住の数少ない山友だちに言わせると「登山はとにかく靴と靴下!歩くて登れなくなったらどうにもならないよ!」と言われたことがあるので、靴選びは慎重に選びたかったのです。(値段も高いので、服以外の山道具購入は何でも慎重なんですが。。。)

結局靴は4万以上するのでもう少し考えてから(結局この時買えばよかったと後悔中)お腹もすいたのでランチをして帰ろうと縄手通りへ行きました。おいしいパンのお店「SWEET縄手本店」さんです!

実は前にも行ったことがあったんですが、新装開店してお店の内装がガラッと変わっていたので全く気がつかなかったんです。いやお恥ずかしい。4月16日にリニューアルしたらしいです。

パン屋さんなのでパンだけ買っていく方も結構いました。わたしもパンも買ってランチも食べるという食いしんぼうぶり。

スープランチが950円。サラダとデザートとワンドリンクがついてます!

パンを食べて待ちます。松本なのに奥のビル群はなんだ?!と思うかもしれないので一応補足ですが、カウンターのシートがこういう背景なんです。なんかおもしろい。超高層ビルを目の前に食べているわけではございません。ホントの外は観光の外国人がバンバン行きかう縄手通りが見えています。

パンは全部で10種類くらいありました。ジャムが3種類とゆで卵とかも食べ放題でした。モチモチふかふかーー♡すごいお店です。前に来た時はパンの食べ放題とかはやってなかったんで、リニューアル最高です。

パンのお代わりを行っている間にスープが来ました。スープも2種類から好きな方を選べます。スープの器が陶器なので冷めにくくてずーとおいしく飲めました。クラムチャウダーに硬めのハード系のパンを入れて食べるのも美味しい。

カウンターで食べましたが、食べてる間もひっきりなしにお客さんが入ってきていました。しかも、半分は外国の方!しかも、このお店外国のスタッフがいるので、英語で対応してくれます。こりゃ外国人も気軽に入れます。食べ放題のパンをとりあえず全制覇してまったりできました。950円で大満足できます。お腹いっぱい

 

パン食べ放題なのに、パンのレベルが良くてこれは思わず食べた後に買って帰りたくなっちゃうな―と思いました。(わたしのように食べる前から買うような人は稀です。)これは完全にまた山道具買う時に寄ること決定です。

みなさんもぜひ松本に行った際は寄ってみてくださいー松本てまりかわいっ!

SWEET縄手本店・・・〒390-0874長野県松本市大手4-1-13
電話 0263-32-5300 定休日:水曜 9時ー17時(ラストオーダー16時)