グルメ・お土産 ドライブ・スポット 大鹿村

大鹿村の道の駅行ってみた!

2018.10.19

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れです。徐々に紅葉が進んできています。

南アルプスや北アルプスには冠雪も観測されたようでこれから徐々に寒くなっていくんだなぁと思うとちょっと嫌ですね。

浪合は早くも室温が13℃くらいと低めになってきたので暖房付けたいけど我慢!みたいな微妙な時期になりました。11月入るまでは何とか頑張りたいです。

今日の外の気温は浪合9℃昼神14℃でした。浪合さむーー!!

さてさて、今日は南信州の中でわたしが一番秘境地だと思っている大鹿村に道の駅ができたという情報を聞きつけて行ってきました。大鹿村の印象はザ・山の中。しかも現在はダムやリニアの工事真っ只中でトラックが多いんです。

あーまたあの秘境の場所へ行くのかーーどうしようかなーでも道の駅巡り好きとしては行かないとなーみたいな使命感で2度目の大鹿村へ行ったのでした。

だた今回は週末だったので工事車両が無かったのでスムーズでした。トラックなどは平日だったからなのかも。もし行く場合は工事の片道規制やそもそも道が細くて2車線になってる場所が少なかったりしていますので、カーブなどは徐行で気を付けて行ってください。特にトンネル内はすれ違いができない場合がありますので、入る前にトラックなど大型車量が来ていないか確認してから進んだ方がよさそうです。(トラックなど大型車両が通る前には「今から通るよー!」みたいにクラクションで合図してから通りますので、クラクションが聞こえたらトンネルに入らず止まっていた方がいいかと思います。)

今回はトラックが通らなかったのであっという間に大鹿村です。初めて行った時はどんだけ山の中だよーと思ったけど、2回目は結構あっという間に着きました。

昼神からは高速利用で1時間10分松川ICで降りて小渋ダムを横目に見ながら進みます。もし下道の場合は1時間20分くらいです。

わたしはもちろん下道一択。道の駅巡りの勝手な掟として「道の駅が目的地の場合は高速利用を固く禁ずる」みたいなマイルールがあります。(わたしが長野県の道の駅巡りを始めたときに勝手に決めたルール)なので、今回ももちろん下道で行きました。

トンネルを超えてすぐの信号もない交差点を右に曲がるんですが、看板が分かりにくくそのまま通り過ぎてしまったので要注意です。大鹿村役場の方へ曲がってください。しばらく行くとどどーんと看板と道の駅の看板も出てきます(道の駅の看板もっと手前に欲しかった)

わたしの40か所目が大鹿の道の駅でした。長野県内で現在50か所あるので、あと10か所です。(毎年毎年すごい勢いで増えているので追いつきません。始めたときは43か所だったのに・・・)

こんな感じです。ものすごい曇りの日に行きました。写真が見にくくてすみません。

奥は大鹿と言えば中構造線です。道の駅の建物の上の崖みたいなところははっきり断層で色が違っているのが分かります。(建物の後ろは川が流れていてその奥が断層の見える山です)

なかなか県内の道の駅でもすごい場所にあります。さすが大鹿村。県内イチ秘境だなやっぱりと再確認。

さっそく道の駅巡りの目的スタンプを探します。入口入ってすぐにありました。なかなか優しい道の駅です。場所によってはめちゃくちゃわかりにくい場所にあったり、隣の建物にあったり、レジ前にあってちょっと気まずかったり道の駅によってそれぞれです。

どん!と今にも終わりそうなスタンプ帳に押しました。こちら↓

いや失敗したーーー!!!!ガーン!歌舞伎の隈取がちゃんと映らなかったです。泣

しかも大鹿の「大」も消えた。ガーン!

ここでもマイルールでスタンプは一回と決めているのでミスってもこれ以上は押せないと決めています。あーあー1回だけなのでかなり集中してやったのに多分大きすぎて横のリングに当たってうまくできなかったのかもしれません。

あとこれも道の駅巡り好きとして言いたいのが、このスタンプのインクが全くない道の駅が多いんです。1回しか押せないし(これはマイルールですけど)、失敗できないのにインクカッスカスで全くないところとか結構あって本当に何時間もかけて来たのに、どうしてくれるんだよーーーーおおおおおぉおおおぉぉぉ。。泣 みたいなところも結構あります。

大鹿は若干失敗したけど、デザインはかっこいいのでよかったです。満足です。

その後はせっかく大鹿まで来たのでお昼を食べました。以前大鹿に行った時に美味しすぎて感動した山菜天ぷらそばを出しているお店おい菜さんが道の駅の食事処に入っていたのです!!やったーー!!山道行かなくてもおい菜のそばが食べられるんだ!!!すげーー大鹿道の駅!と食券売り場で興奮しました。

おい菜さんの方は大鹿らしいメニュー満載でジビエカレーとかジビエ定食みたいなのがありました。わたしはきのこソバを注文。そば1200円ってちょっと強気だなぁジビエカレー1000円 鹿肉ステーキ2500円 鹿焼肉定食1300円です

大好きな山菜天ぷらそばは夏限定みたいでした。

道の駅の食事処は2か所のご飯屋さん麺料理の秋葉路さんとおい菜さんです。それぞれの券売機で買って別のカウンターで頼んだものをもらって食べたら別々の返却口へ返します。

それぞれの返却口へ返すのが分かりずらくて、頼んだ人みんな近い返却口へ食器を持って行って「それは隣なんですーすみません。」と言われていましたので、要注意です。

ここでポイントが高かったのが飲料水コーナー。ほうじ茶の温冷が選べるほかに濃いのも出せるのでびっくり!すご!ほうじ茶すきなので大鹿やるー!と思いました。

そんな感じで待っていると来ましたそばが!

どんだけキノコはいってるんじゃーーー!とビビるほどのキノコが入っていました。キノコソバは全部キノコです。巨大なめこみたいなキノコがこれでもか!と入っていてキノコ好きにはたまりません。

お腹いっぱいになった後は予習どおり、お店の返却口へ食器を返しました。

その後はお土産を見ました。めちゃくちゃかわいい手ぬぐいがいっぱいあってすごーく欲しくなりました。歌舞伎柄とか大鹿の山とキノコとかとりあえずナイスセンス!と言えるものばかりでした。

あとはジェラート。結構道の駅でソフトクリームやジェラートが食べられる所が多くてアイス好きとしては必ずチェックするくらいの必須項目になりつつあります。

ちなみにわたしの(今のところ)好きな長野県内道の駅ソフトクリームランキングトップ3

1位東御市 雷電くるみの里(旬のりんご・巨峰・胡桃ソフトどれでも全ておいしすぎ。東御市と言えば胡桃なので一番は胡桃ソフトがオススメ。ミックスもできます)

2位飯島町 田切の里(季節のフルーツと駒ケ根スズラン牧場のミックスソフトがオススメ!250円という激安価格&量が多い 阿智からも近いから月1で必ず行くほど。今は栗ですが、冬はいちご、夏はブルーベリー、秋は栗と季節ごと変わります。火曜は驚きの50円引きで200円で食べられる。最強。)

3位小布施町 オアシスおぶせ(栗の本場なのでここへ来たらやっぱり栗ソフト。オブセ牛乳とのミックスが最高!)

ぜひここもチェックです!

さて、大鹿の道の駅は・・・

大鹿と言えば山の中でも塩が取れることが有名です。道の駅のジェラートでもしっかりありました。大鹿塩みるく350円

塩が入っているのでサッパリでした。ちょっと量は少なめで350円は高いかも。

山の中で取れる塩はとっても貴重なのでぜひ大鹿の道の駅へ行ったら食べてみてくださいーー!

あと塩最中もオススメ。

ドライブ・スポット 大鹿村

ドライブ編:大鹿村「青いケシ」

2017.06.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は朝から雨☔どんよーり湿気てます。週末はまた夏日になるようなので、早く天気よくならないかなーと思っています。気温は昼神23℃浪合は17℃でした。

星のナイトツアーお休み期間です。5月22日から7月7日までゴンドラの安全点検などで全て動いていませんので、ご注意ください。昼も動いてませんので、富士見台へのハイキングなどの場合は神坂神社からの登山となりますので、お気をつけてください。

さてさて、今日でドライブ大鹿村編完結です!今日はついに目的地「青いケシ」をご紹介します。

場所は中村農園という場所です。(ナビ設定をすると違う場所へ案内になってしまうので、お気を付けください。前日記事のお蕎麦屋さんへ設定していきましょう)標高1500mの場所で青いケシのほかにもたくさんのお花を育てています。

やっとこ到着!ここで鑑賞料500円を払って、いざ!

おおーーー咲いてる咲いてるーー!ホントに青い!

200株から少しづつ増やして2009年で5000株まで増やしているそうです。

この青いケシとは・・・

幻の花「青いケシ」は正式にはメコノプシスといい、自生種は標高3,000~5,000メートルのヒマラヤや中国西南部の秘境でしか見られません。登山家の間では天上の妖精と称され、栽培の難しさから幻の花とも言われています。

夏でも25℃以上になる場所だと咲かなかったり、とても育てるのが難しいそうです。

このほかにもたくさんいろんなお花が!

みなさん青いケシ目当てで来られてますが、他にも珍しいお花もたくさん!気づくと写真を大量に撮ってしまいました📷ガチカメラ持ってくればよかったーとちょっと後悔。。

写真をとる事が好きな人、お花が好きな人にはとってもおすすめです。結構ご夫婦で撮り合いっこしている方もいましたよー

行ったときは一気に青空も出てきて写真日和になりました📷7月初旬まで見れるようです。とーても爽やかな気候の大鹿村!人口1050人程の秘境の地です。ぜひ一度行ってみたら大鹿が好きになりますよー♡

今回お目当ての山の中なのにしょっぱいお湯が出るという温泉に行けなかったので、真夏に避暑しに再度トライする予定です!

グルメ・お土産 ドライブ・スポット 大鹿村

グルメ編:大鹿村「おい菜」

2017.06.27

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り☁今日も湿気の多いのでなんだかじっとり。気温は昼神20℃浪合18℃でした。いつ雨が降ってもおかしくない天気です。週末また天気がいいようなので、しばらくガマンです。

星のナイトツアーお休み期間です。5月22日から7月7日までゴンドラの安全点検などで全て動いていませんので、ご注意ください。昼も動いてませんので、富士見台へのハイキングなどの場合は神坂神社からの登山となりますので、お気をつけてください。

さてさて、昨日の続き大鹿村青いケシを見に行くの旅2日目は1日目に行った観光案内所の人に教わった青いケシを見に行くために目印になっているお蕎麦屋さん「おい菜」さんをご紹介します。

「青いケシへ行くときにそのままナビに入れると事務所行っちゃうから、青いケシの畑の方へは「おい菜」をナビに入れていくんだよー」っと言うことで

地図と問い合わせ先をもらってナビに入れて早速出発。案内所からおい菜まで大体20分くらいです。「ナビ入れたー?」と聞きに来てくれる優しさ。最後まで大鹿の観光案内所の人親切ー♡

道が細いのでここでも注意していきましょう。大鹿の中でもこの青いケシへ行く途中で標高が高くなってくるので空気が変わってきます。とっても涼しいー🎐

登り切って視界がひらけるとようやくお目当てのお蕎麦屋さん「おい菜」さんへ到着です。

ウッドデッキのテラスからみる景色が最高ー!風もいい感じに吹いていてパラグライダーができるようになっていました。いいなーパラもやってみたいなー

雲の間から見えるのは中央アルプスです!

中はこんな感じ。2時頃行ったので丁度お昼が落ち着いたころでした。

山小屋みたいでいい感じーー自然いっぱいで素敵です。気温も高かったので冷やし山菜ソバ。これがオススメということ早速注文。冷やし中華みたいにソバの下につゆがあります。周りは地元の山菜に大鹿蕎麦というもので、知っている蕎麦よりも麺が黒っぽいぞー!

食べてみると山菜の天ぷらはサクサクー蕎麦もツルツルしこしこでとっても美味しい♬なんじゃこれは!うますぎー!

「これおいしいですねー!」って言うと「山菜も地元の物なんだよー」とお店の人も出てきてくれて貸切状態だったので色々お話。「夏でももちろんエアコンもいらないし、真夏日でもここは25℃行くかどうかくらいでとっても涼しいんだよー」と教えてもらいました。

アルプスは見えるし最高だなーと思っていたら「宮崎駿監督も来たんだよ」と教えてもらいました。「偶然居合わせたお客さんは、トトロを描いてとか、猫バス描いてとか結構リクエストしてサインももらってたんだよー」と言っていたので「お店のサインはもらわなかったんですか?」と聞くと「いやー恥ずかしくってもらえなかったのー」とあたしだったらもののけ姫のサン頼むなーと思いながら聞いてました。

景色も良くてお店の人も最高だったので、おすすめです。はー夏中いたいくらい🍉

おい菜は店休日(火水木)が多いのでお気を付けください。けど、聞いたら「ケシの期間はケシ中心なんだよー」と言っていたので、事前にお問い合わせください。

いよいよ明日で完結編:大鹿青いケシ。どんなものか楽しみです。続く

ドライブ・スポット 大鹿村

ドライブ編:大鹿村観光案内所

2017.06.26

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り☁隙間で青空がチラッと見えている感じです。昨日雨がちょっと降ったので湿度多め。食中毒や湿気対策が必要な時期になってきましたね。気温は昼神22℃浪合17℃でした。浪合は涼しかったんですが、里に下りてきたら一気に温度差が。。

昨日は長野県南部震源の地震で、阿智村でも震度3ほどの揺れを観測。大きな被害はありませんでしたが、木曽町や大滝村などの木曽地域ではガラスが割れたり、落石があったり屋根の瓦が壊れたりと少し被害とケガをした人もいたようです。

阿智村では幸い大きな被害などはなく普段の日と変わりありません。村内放送が凄く、音量を下げてもそれに関係なく大音量で注意換気が放送されました📻山の多い長野県は地震津波に強い県ということでなかなか防災意識が上がりませんが、備えあればうれいなし!これを機会にしっかり見直すのもいいチャンスかもしれません。

星のナイトツアーお休み期間です。5月22日から7月7日までゴンドラの安全点検などで全て動いていませんので、ご注意ください。昼も動いてませんので、富士見台へのハイキングなどの場合は神坂神社からの登山となりますので、お気をつけてください。

さてさて、今日は幻の花ヒマラヤケシが見ごろになったということで南信州秘境の地大鹿村に行ってきましたので、ご紹介します。中身が多いので3日に分けてご紹介します。1日目の今日は大鹿村観光所をご紹介!

昼神から車で高速だと1時間5分下道だと1時間20分です!15分しか違わないので、もちろん下道を選択。

松川町まで行くと「大鹿村」と書いてある看板が出てくるので、そこからは大鹿村を目指してひたすら山沿いの道を川の流れに沿って進んで行きます。

松川から行くと小渋ダムの周りを通っていくんですが、この道がすでに秘境の村へ行く道という感じで凄いです。

まず道が細い。基本は細い2車線なので、車・バスや車・車だとすれ違えますが、トラック・バスやトラック・トラックの大型同士のすれ違いはできない為広くなっている待避所でのすれ違いになります。こわー👻

おまけにカーブも多い上り坂なので、大鹿から松川へ下ってくる車がスピード出ているとカーブから急に来るのがまたこわー👻

カーブミラーでくる気配がする場合少し手前で待ってから行くのを繰り返しようやく小渋ダムまで行きました。

横にはダムへ流れる滝が。南アルプスからの雪解け水かな?岩の間を流れる感じかっこいい!

この道はトラックがとにかく多い。どうやら小渋ダムの中に溜まった土砂を出す工事やらトンネルやらを工事中の為みたいです。毎日この細い道を運転していくドライバーさん達すごいなーと思いながらもトラック同士ギリギリですれ違い🚚🚛すげー

工事現場の看板が多く普通だと「ご迷惑おかけします。下水道の工事中です。」とか「古い橋を直しています」とかだと思うんですが、大鹿へ向かう工事現場は違います。

「トンネル工事の為ドーンという爆発音にご注意ください」みたいなことが書いてありました。ドーンだけなぜか字体がマンガの文字というとこがポイント。爆発音ってどんなものかと思っていちいち看板が見えたら窓開けてたけど、一切通るときは鳴りませんでした。看板写真撮ればよかったな。今度行くとき撮りますね。平成30年まで工事中みたいなので🚧

そんなこんなで激狭みちをクネクネ進んで行くとようやく大鹿村へ

おおーお目当てのケシの写真もあるぞ!あとは大好きな山の登山口がいっぱい。南アルプス登りたいーー👟🌄

そんな感じでようやく観光所へ。

のどかー🍃駐車場広々

目の前には大きな山。3000m越えの南アルプスがある大鹿はこれくらいは丘かもしれません。左のように結構崩れているところがあります。

青いケシを見に行く場合は観光所と逆なんですが、せっかく大鹿まで行く場合はぜひこの観光所へ行ってみていただきたいです。なぜかというと、そこで観光案内をしている方が最高なので、寄ってほしい!

ケシの事はもちろんおいしいご飯屋さんや日帰り温泉、山の事、絶景スポットまでぜーんぶ教えてくれます。

さすが、大鹿は剥製もダイナミック。次回へ続く。大鹿いいわー