登山 阿智村内

紅葉最盛期🍂富士見台高原ハイキング行ってみた!

2018.10.28

こんにちは、観光局です。今日はいい天気の昼神温泉です。秋晴れの週末になりました。最近新聞に載ったおかげか紅葉の最盛期になったヘブンスそのはらへ昼間に上がる方が多くなりました。観光局では昼間のゴンドラ利用割引券もお渡ししてますので、よろしければ行く前にお立ち寄りくださいませ。

そんなヘブンスそのはらでスキー場の紅葉も楽しむのもいいですが、せっかくなのでもっと眺めの良いところまでハイキングはいかがでしょう?今日はわたしも大好きな富士見台高原へ登ってきたのでご紹介します!

富士見台高原へはいくつかルートがあって長野県側かなのメジャールートは2種類です。①ヘブンスそのはらのゴンドラとリフトを利用して富士見台高原へいくルート②神坂神社の登山口から登るルートです

岐阜県からは車で萬岳荘まで上がれるルートもあります。

今日は一番簡単に行ける①ゴンドラとリフトでいくコースで登ってきたのでそれをご紹介します。こんなに山好き!みたいにいろんな山の事をブログで紹介していますが、車で行けるとかゴンドラで行けるという山は積極的にそれを使います。だって楽したいし、簡単にいい山に行きたいし!というのが理由です。もちろん登山口から自分の足で最後まで歩くのも達成感があっておすすめですが、ご自身の登山レベルやお財布と相談して好きなルートで登ればいいかと思います。なので、わたしは思いっきり車で登って思いっきりゴンドラやロープウェイを使います。例えば木曽駒ケ岳は下から登ったら約7時間ですが千畳敷までロープウェイで行けば2時間で登れます。

それぞれのレベルで山を楽しむのが登山だと思いますので、ぜひ楽しんで登ってください。

わたしは昨日紹介した雲海ハーバーの券があったのでそれで雲海を見てから富士見台高原へ行って朝ご飯を食べて帰ってくるという感じにしました。(雲海ハーバーの券は昼間の営業時間終了16:00まで使えます)

日が完全に昇った6時30富士見台高原へ向けてハイキング開始!

萬岳荘までバスもあるので不安な人はバス利用でもいいと思います。(始発は10時です。片道400円)展望台は1600mで富士見台高原山頂は1739mなので標高差はわずか139mです。さすがの楽したがり登山家のわたしもそこは歩きます。

道が萬岳荘までしっかりと舗装されているので車道で行けば全く問題ないと思います。木が紅葉グラデーションでとってもキレイ!

歩き始めてすぐこんな感じでいい眺め登場。雲が無ければ南アルプスが一望できます。

少し行くとここでパノラマコースと車道の分岐が出てきます。そのまま車道を行くのもいいですが、行きと帰りでルートを変えて楽しみたいのでオススメはパノラマコース(看板のある方)へ行きます。

ここで少し登ります。登りきると稜線に出ます。恵那山や中津川市が丸見え!

左奥には御嶽山も見えました。右側の雲が無ければ中央アルプスがどかーんと見えます。

紅葉した針葉樹が素敵で奥には雲があってしばしぼーとしちゃいます。

太陽がサンサンと出ているので稜線で風はありましたが気持ちがいいです。

パノラマコースを通らないとこれは見れないので断然往路パノラマコース復路車道というコースがオススメです。下に車道を見ながら進むと岐阜県側だと車で上がれる駐車場まで来ました。車が6台くらい止まっていて皆さん恵那山へ行くみたいでした。

萬岳荘方面へ進むと

立派な山小屋萬岳荘に来ました。トイレもあります。ちなみに②の神坂神社から登る場合のコースはここで合流します。

ここからは一気に笹の山になります。相変わらずこの辺はのんきだぜ。なごむーー

まるい笹の山と青空と白い雲を見るだけで悩みやストレスが無くなること間違いなし。萬岳荘までバスでくればいきなりこれを見ながら進めるのでハイキング初心者の方でも大満足だと思います。

山頂へのビクトリーロードもなごむ。そして8時40分登り始めて2時間で山頂着

山頂は誰もいなくて平和。なごむ。ただ雲が木曽の方へ流れていたのでパノラマコースで見えた御嶽山はすっかり雲の中へ入っていました。稜線で見れてラッキー

下は紅葉のお山。上は笹山。雲が抜けて南アルプスが見えたり見えなかったりチラチラしながら朝ごはんおにぎりタイム🍙山頂は遮るものが何もなくかなり風が強いので防風対策していくといいと思います。山頂には3人くらいが登っていました。皆さん平和な山頂でまったり。わたしは一番初めに来たのに一番最後まで残り存分にまったりしたら下山開始。

途中で雲が完全にどいたのか南アルプス達が見えていました。おおー

帰りは車道を進みます。紅葉がえぐいほどキレイ!奥には南アルプスの塩見岳がチラリズム。

3組ほどのこれから富士見台高原へ登るっぽいハイキングの人とすれ違いました。皆さんパノラマコース行かないのかなぁ?

日が上に昇ったので紅葉の色が更に鮮やかになりました。途中で10時の萬岳荘行きのバスとすれ違いました。(バスはスゴイ人が沢山乗っていました。)

一面すごいお色!わーー

あと一息でヘブンスそのはらです

11時に無事にヘブンスそのはら着。後は楽してリフトに乗って、楽してゴンドラに乗って駐車場に帰ってきました。

秋に初めて富士見台高原へ行きましたが、かなり良かったです。ハイキングに最適です。次回はスノーシューで真冬にまた来たいと思います!ぜひヘブンスそのはらまで行く方は上の富士見台高原へ行ってみてくださいーー

登山

ハイキング@みどり池2097m②

2018.10.06

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ!台風の影響からか上空は風が強いみたいで雲がすごい勢いで流れて行っています。夕方からは雨予報なので降ってきそうです。

今日から秋のナイトツアーが始まりました。バスの予約も旅館の予約も本日より再開!大賑わいです。

さてさて、遅くなりましたが、みどり池ハイキング続きです!

真っ白なので、ガスが抜けるまで先に昼食です。

友だちはうどん

わたしはカレーにしました。雨の中歩いてきたのであったかい食べ物が染みました。おいしいなぁーー♡お昼を食べているとスーとガスが抜けていき

みどり池が出現しました。窓の外の切り株にはリスや小鳥がくるのでこの小屋は山ガールには有名なのです。行った日は雨だったからか、山ガールじゃないガチの山登りが行ったからなのか見る事ができませんでした。残念。。。またリベンジしたいです。

 

外にでるとみどり池が出てきました。おおおーー

風がないので水面にきれいな紅葉が映っていました。みどり池は池が緑というよりもまわりの木が水面に映って緑に映るんだなぁと思いました。

友だちも惚れ惚れ!うっすら根石岳が見えそうでした。それにしてもきれいな池です。いいなぁここ。散々写真を撮ったのでそろそろ下山開始!

行きに真っ白だった道もガスが抜けていい感じの道になっていました。こんな道だったのかーー!

下って行くとどんどんガスが濃くなってきました。トロッコ道をトロッコに沿って進んでいたら危うく踏み外すところでした。あぶな!

あれれ?どんどんガスの中へ。

雨はないので全然平気ですが、真っ白。このまま行ったら道がなくなって迷子になっちゃうかもね。と友達と縁起でもないことを言いながら進みます。

シダシダは霧のおかげでイキイキしていました。八ヶ岳な道だなぁーー

やがて川が出てきてそろそろ駐車場が近くなってきました。川の水がきれいーー♡緑も濃くなってきました。みどり池周辺は紅葉していましたが、下はまだまだこれからみたいでした。

無事に1時間20分くらいで下山完了!雨で気温が低かったのでそのまま温泉へ直行です。

じゃーん!秘湯中の秘湯。稲子湯です。日帰り入浴650円です。貸切でした。わーい(ここ貸切以外で入ったことないんですけどね)

この秘湯感たまりません!!ドアを開ける前から硫黄の匂いがしています。源泉が冷泉なのでお湯が湯船が熱い場合は源泉を止めているバルブをひねって湯船に投入。温度を下げるという方法で入ります。なのでバルブを止めている間は源泉がずーと外へ流れっぱなしになってしまっているんです。贅沢極まりないんです。

硫黄の匂いをまといながらポッカポカで出てきました。稲子湯やっぱりすごくいいです。ぜひこれから紅葉が始まる八ヶ岳へお越しくださいませーー

登山

ハイキング@みどり池2097m①

2018.10.02

こんにちは、観光局です。今日の昼神は台風明けの晴れ!青空全開です。嬉しい!!ただ気温はもう秋なので涼しいです。皆様台風被害はなかったでしょうか?わたしの住む浪合地区は深夜に停電になって次の日(つまり昨日)の朝は停電していました。冷蔵庫や冷凍庫が心配でしたが無事に夕方仕事終わりで復活していました。よかったよかった。冷凍庫のサバやアジはカチコチでした。

さてさて、今日も山をご紹介です!今回はわたしの地元の数少ない山友だちと浅間山の火山警戒レベルが引き下がったので行こうと思っていたんです。

が、天気が悪くなってしまい断念。普通なら山に行くこと自体辞めると思うんですが、そこで登る山を変えて別の山に行ってきました。別の山にしても長野県全域が悪天候の日だったので結局雨だったんですけどね・・・

悪天候でも行って楽しめそうな山。それは苔の殿堂「八ヶ岳」です!何百種類の苔があってまさに苔天国!雨の時こそ苔が輝き生き生きするので、行くっきゃない!という事でわたしの大好きな八ヶ岳です。八ヶ岳は大きく分けてなだらかで苔天国の北八ヶ岳と本格的な登山が楽しめる南八ヶ岳があります。今回は苔と山小屋でのランチメインの山頂まで頑張らないゆるーいハイキングにしました。山ガールがかわいいと絶賛する「しらびそ小屋」とその横の「みどり池」に行くことにしました。

しらびそ小屋へは長野県小海町の「稲子湯」という秘境の秘湯の旅館が登山口になります。昼神からだと2時間30分程です。高速は飯田山本~岡谷JCT~諏訪ICへその後「メルヘン街道」という可愛らしい名前に似合わないほどえぐい峠道をひたすらクネクネ上がって行きます。麦草峠まで来たらまたクネクネ道を下って稲子湯まではちょいと上がって尋常じゃない位クネクネしながら行きます。メルヘン感がどこにあるのか分かりませんがひたすらクネクネ。

登った日は昼から天気回復予定だったので、のんびり10時に稲子湯へ2時間くらいのんびり登って12時に小屋そこでものんびりして15時頃稲子湯そこでものんびり温泉に入って16時頃帰宅って感じのとにかくのんびりするハイキングの計画です。

10時にみどり池へ向かう登山口へ到着。しっかり雨が降っていたので駐車場はもちろん車一台停まっていません。おまけにここまでの道のりで車一台もすれ違わないというまさにこんな天気に誰が登るねん!状態です。

平日だし、雨だしで通年営業の小屋が空いているかも不安になりました。

カッパを着て、ザックカバーをかぶせて、登山届を書いて(写真の黄緑の箱がそうです)いざ入山。

前日に入笠山に登っていてその2日前位に四阿山根子岳縦走をしていて週3登山の最終日だったのでわたしはしっかり筋肉痛でした。小屋までだし、みどり池ってことは水場だからそんなに登らないでしょ。と勝手な判断でしたが、結構登りました。1500mくらいからスタートしてみどり池は2097mなので普通に500mも登りました。(多分これを知っていたらこんな筋肉痛の日に登っていなかったと思います。何も知らずに出発したわたし↑)

雨が降っているので登山道が川のように水が流れていました。最初はこんな感じでスタートなのでまさか500mも登るとは思ってなかったです。

歩き始めてすぐに雨の時だけ出現するであろう池が出現。紅葉のがきれいでした。

登山道と車道っぽい道を交互に歩いて行きます。

気付くと丁度中間地点的な場所まで来ました。みどり池まで1.2km楽勝じゃんーーと話していました。(こっから500mの登りが始まり始まり)

前日からの雨で完全に増水している川を渡って行きます。橋は丈夫そうなので晴れてれば平気だと思いますが、雨で水量があったので、ちょっとでもグラグラするところを渡る時は怖かったです。お気をつけて。

その後もあれ?なんか登るなーと思いつつも歩きます。

メインの苔も元気!食べたらやばそうなキノコも何種類も元気に生えていました。

登って行くと苔というよりもシダ植物な感じになってきました。ここら辺くらいから「あれ?なんだか登るなぁ。。」と思いました。

八ヶ岳は本当にこうやってのんびり観察しながら楽しんだり、南八ヶ岳みたいに中・上級者向けの山があったりでバリエーションが楽しめるのも魅力です。

にしたって苔よりもシダ植物が断然多いな。今回の八ヶ岳は・・・

振り返ると友だちが「こんな登るの聞いてないよ――!!」と悲鳴を上げながらえっさほいさ、と頑張っていました。ホントだよね。わたしも聞いてなかった。。

おまけにガスがすごくなってきました。トロッコの跡なのか線路も出てきて線路に沿って歩いて行くんですが、道はもはや川になっていて、石の上をうまいこと歩いて行きながら進みました。

そうしてこまどり沢まで到着。ふいーと休憩し、友達と「結構登るね。。あと40分か。頑張ろうか。。」とお互いを励ましあって出発。最後の急登をガシガシ登って行くと

やっとこ、あと300m!!!うれしい!!

あと2分!!やっほいーー!

ただ目の前は真っ白いガスがありまくりの道でした。友だちと「本当にこの先小屋なんてあるのかな??真っ白じゃない?こりゃあの世だね。」と、2人とも一回もあの世に行ってないのに無責任発言。急登を登り切ったので後はまっすぐで平坦で歩きやすかったです。

そしてやっとこ到着ーーー!!!!いや、しろーーーい!!見えんーー!なみどり池としらびそ小屋に到着です。予定通りの12時に到着しました。とりあえず小屋の煙突からはもくもくと煙が上がっていたので人がいそうな気配。

すみませーーん。こんにちはーーと声をかけると奥からおじさんが出てきてくれました。ガスガスで真っ白だし、お腹もすいたしでお昼を注文してしばらく待つことにしました。

 

続く。。。

 

ドライブ・スポット 登山

ハイキング@入笠山1955m②

2018.09.29

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。今日と明日台風の影響で雨が強くなりそうです。何事もありませんように。台風明けの秋晴れが待ち遠しいです。

さてさて昨日の入笠山登山の続きです。山頂でおいしい釜飯を楽しんだので、下ります。下りの方が気が緩みやすく木の根や石で足を滑らせる事故が多いです。山のレベルが低くても注意しましょうー

枝には雫が沢山ついていました。かわいい!

わたしが勝手に呼んでいる「山のとろろ昆布」(正式名称はサルオガセ)が沢山ありました。ガイドさんの話によると八ヶ岳や入笠山は諏訪湖からの水蒸気があるので霧が発生しやすく適度な水分があって昆布の成長には最適だそうです!

枯れた木に多いのでこのとろろ昆布が木に悪影響があると思う人もいるんですが、枯れた木は葉っぱがない分太陽の光が届くのでとろろ昆布が光合成しやすいんだそうです。なので、昆布で枯れたわけではなく、枯れた木に昆布が付きやすいんだそうです。

へー!

行きに通ったトイレの近くに立派なトリカブトが咲いていました。紫が濃くて素敵です。

時間があるので湿原をぐるっと回りました。登ってきた入笠山と入笠湿原です。

最近ハマっているポートレート設定で撮ってみました。お花が終わって種がいつでも風が吹けば飛べるようになっていました。秋ですねーー

白樺も少しずつ紅葉していて秋の湿原もいい感じでした。次回は冬に来たいです!

湿原を後にして富士見パノラマリゾートまで戻ってきました。ロープウェイに乗る前にお楽しみのルバーブソフトを食べました。

結構濃いピンクで味は酸味があってとっても美味しいです。ガイドさんはミックスの方がルバーブの酸味が中和されておいしいかも!って言っていましたが、サッパリ系が好きなわたしはルバーブのみのが好きかも!と思いました。濃厚のソフトが好きな方はミックスがいいかと思います。ルバーブソフトは350円だったかとおもいます。ソフトを食べていると、雲が動いて富士見町や原村が見えてきました。

田んぼや畑がきれいに並んでいて、その下にはお家がぎゅっとまとまっていました。

ロープウェイにのって無事に下山完了。入笠山は本当にお手軽なのでとってもおすすめです。富士見パノラマリゾートでは昼間のトレッキング、マウンテンバイクのコースの他にも9月28日から11月4日の金土日祝日は雲海を見る「雲海ゴンドラ」も朝5時30~動いているみたいです!入笠山からだったら八ヶ岳上から出るご来光雲海もばっちり見えて最高だろうなぁと思いました。いいなぁ雲海!

富士見パノラマリゾート・・・http://www.fujimipanorama.com/summer/

〒399-0211長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703

登山

ハイキング@入笠山1955m①

2018.09.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。台風前の貴重な晴れになりました。明日から台風が抜けるまでまた雨予報。。。今回はとっても速度が速い台風のようなので大きな被害がでないか心配です。皆様充分にお気を付けください。

さてさて、今日もまたしても山に行ってきました。1週間で3回も山に行ってきたので、しばらく山ブログになってしまいそうです。長野県と言えば山です。なので山ばかりですみません。

今回の山は「入笠山(にゅうかさやま)」です。ハイキングレベルのお手軽に登れる山です。わたしは一回冬に登っていたのではじめて雪のない時期に行きました。登山道で登っていくコースと、ロープウェイに乗っていくコースとありますので、ご自身のレベルに合わせて登ってください。(どちらも簡単です)

入笠山は富士見町にあるので、昼神温泉からは1時間30くらいで行けます。高速は飯田山本~岡谷JCT(東京・山梨方面)~諏訪南ICで降りてください。

登山道入り口は「沢入登山口」(山頂まで1時間40分程)

ロープウェイで行く場合は「富士見パノラマリゾート」(山頂まで40分程)です。

今回はロープウェイで行きました。

曇り予報でしたが、着いたら快晴!やったー!入笠山は眺めが最高なので嬉しいです!

駐車場では向かいにある八ヶ岳がちょこっと顔を出していました。

早速ロープウェイで上がります。片道10分から15分程のロープウェイに乗って1050mから一気に1740mまで上がって行きます。ロープウェイに乗ったらお決まりのタイムラプスを撮りました。

初めは八ヶ岳が見えそうーー!!!ってテンション上がったんですが、だんだん雲の中へ、そのままどんどん濃い霧が続き、雲の上に出ることなく到着しました。がーん

なので、降りたらこんな感じで真っ白でした。うーん。。

笹と林の中を進むと湿原の入口に出ます。鉄の策が入口です。

鹿が中に入って湿原の植物を食べないように囲われていますので柵はしっかり戸締りお願いします。

ながーい階段を進みます。なんだか雲が抜けて青空がみえそうな予感。

パー―!!と青空登場。やったーこのまま青空であれ!そのあとは入笠湿原をのんびり進みます。

リンドウ。色がはっきりしててかわいい

山の植物で大好きなマツムシソウ。花の色も名前もかわいいのでお気に入り。

湿原を抜けてトイレ休憩。水洗トイレが完備されているのでとっても嬉しい。しかも冬も多目的トイレが使えるので、冬のスノーシューしに登る時も安心です。(冬は特に便座があったかくて本当に神です。)

トイレにありがたみを感じて外に出るとさっきまでの湿原は一気にガスの中へ。。

ガビーン。山頂大丈夫かな??そのあともテクテクのんびり今度はマナスル山荘へ行きます。

ここは看板犬コハダ(看板犬ウニの後継者になったコハダ↓写真は去年の12月です。)

がいたり、ビーフシチューがめちゃくちゃ美味しい(冬は予約しないとなくなるほどの人気!)のでオススメです。(ここ限定の入笠山バッチもかわいい。パンも手作りでおいしい。スタッフの方も優しいのでとにかく最高な山小屋)

今回は山頂でお昼なのでマナスル山荘には立ち寄らず、ようやく登山っぽい道の登り開始。ロープウェイから湿原→トイレ→マナスル山荘はお散歩です。

マナスル山荘から入笠山までは20分~30分くらいです。途中分岐でゆるやか回り道コースと急で短いコースがあります。しかも、なぜか時間は同じ15分。ですが、山ガイドさんの話によると「登りは直登短い時間コース。下りはゆるやか回り道が楽でいいよー」と言っていました。という事で今回は直登短い時間コース。15分頑張れば山頂だーー!と思っているものの、先日の四阿山根子岳縦走の筋肉痛でしんどい。多分筋肉痛が無くてもわたしは急な登りが嫌いなので嫌です。

(多分ゆるやか回り道コースがあるので、次回もやっぱりゆるやか回り道を登りに選択すると思います。だって辛いんだもの。コース選択は各自の体力でご判断くださいませ。)

でも、距離は本当に短いので、つらー!と思って汗をぬぐっていると山頂につきます。本当に大変なのは10分くらいです。やっとこ山頂だー!と山頂に着くと

いや、ガスーーーー!!!!しろーーーい!何も見えませんでした。一瞬諏訪湖方面がきれいに見えたりしました。

なので、冬に登った時の写真を一応入笠山の名誉挽回の為に載せておきます。

まず右側に富士山と甲斐駒ヶ岳がこんなに大迫力。

ななめ後ろには諏訪湖と美ヶ原・車山も見えます。(左奥は北アルプスも見えます。行った日は北ア方面は雲の中)

そして正面には名峰ぞろいの南八ヶ岳がドカン!!!

こんなに眺め良くて下から登っても2時間くらいだし、ロープウェイ使えば1時間切っちゃうなんて「眺め最高&お手軽な山ランキング」なるものがあったら確実にトップ10にはランキングしちゃう入笠山です。登山入門とかハイキングとか冬山挑戦とかで登るといいかと思います。

今回は真っ白でしたけど、本当に入笠山はお手軽だし、トイレもあるし、山小屋もあるしで最高なんです。また冬登るの即行で決定しました。また雪が降ったら行きます。

とりあえずお腹が空いたので、ガスが抜けることを期待しつつお昼タイム。

今回はこちら。「峠のかまめし」です!しかも重い陶器の器じゃない物を購入したので軽くてオススメ。中身は重かった釜飯の具と同じです。(お手拭きや漬物も一緒)

かまめしも美味しかったーーわたしはシイタケが好きです。

続く。。

登山

登山@四阿山~根子岳縦走②

2018.09.25

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。もうどしゃ降りです。めちゃくちゃ降っています。台風か秋雨前線なのかわかりません。。もう昨日までせっかくいい天気だったのに残念です。また週間天気も悪いし。。今日の朝浪合から昼神へ降りてくるときの153号は霧がすごくて非常に危険でした。下りでスピードは出やすいし、工事もあってカーブ抜けたら急に徐行になる(こんな雨が降っているのに工事するのかとちょっと工事する人たちが心配になりました)けど工事看板は霧で見えにくいしで、大丈夫かなぁと思いながら出勤しました。

 

さてさて昨日の続きの登山ブログです。

昨日は9時40分登山口を出発してえっちらおっちら登って四阿山の山頂まで行きました。今日はそこから続きです。山頂には12時30頃着いたんですが、ガスが嬬恋村からかなり発生していたので群馬県側は真っ白でした。風が吹くと一気にぶわーと眼下に嬬恋村のキャベツ畑と浅間山が見えるかなというのを繰り返していました。景色が良くなるのを待ちながらペコペコなのでお昼タイーム!

お湯を沸かしてラーメン!相川らず山で食べるご飯は最高です。おいしいの一言。ラーメンを楽しんだ後はベーコンの切り落としをジュージューしました。

その後は最後のコーヒータイム。わたしはコーヒー苦手なので赤ちゃん用のココアタイムしました。

山頂の景色は変わらず最後までがっつりガスガスでした。山はやっぱり午前中が勝負だと思います。早めに登ってしっかりいい景色見て早昼早出早着。これからはどんどん日も短くなるので夏のスタンスで行動していると夕方一気に暗くなってしまいます。それから山頂でも風が吹くとかなり寒い!1枚羽織って快適なお昼タイムがオススメです。

山頂に1時間以上いてまったり&満腹になったので次は根子岳に行きます。

根子岳の方が四阿山よりも低いので400m下って200m登る感じです。下りの400mがかなり急で木の根っこが沢山あるし、前日の雨でぬれているしでかなり滑りやすくなっています。それを下りたくないけど縦走したい人が根子岳→四阿山ルートで行くんですが、急な下りという事は急な登りという事なので、キツイ登りが苦手なわたしは多分一生根子岳→四阿山というルートチョイスはしないと思います。だったら断然四阿山→根子岳のがいいと思ってしまいます。

同じグループの何人かが滑ってずっこけながらもなんとか四阿山下山。

目の前には、なだらかーな優しい笹の山。根子岳が現れました。この道は本当に癒しの道なので大好きです。根子岳の優しさがあふれている木がします。小さい木が何だ外国っぽくて更にいい。雲が多いのが残念。

チラッと青空を見ながらえっちらおっちら登っていきます。この日は風が結構強かったので体力がかなり奪われました。木が1本あるだけでその後ろには風が来ないので木って偉大だなぁなんてぼんやり考えながらラストスパート。

みんな登って下ってまた登りなので、結構疲れていました。そして、

やっとこさ15時に根子岳登頂。群馬県側だけでなく長野県の方にも上空に雲が出てきて暗ーー!な山頂でした。風もあるのでパパっと登頂写真を撮って1枚羽織って下山開始です。ここからは全て下りです。背の低い笹ゾーンで風に吹かれながら下って、行って白樺の間を下っていって、そろそろ飽きたなぁと思った頃にやっとこ開けたとこまで下ってきました。

牧場のすぐ上まで降りてきたので駐車場までもう少し。その頃には長野県側もしっかり曇りになってしまいましたが、夕日が雲の間からさしていて天使の梯子が出現していました。見れてラッキー!

ススキの道をテテテッと下って行けば駐車場に到着です。16:45に無事に下山完了しました。

登山

登山@四阿山~根子岳縦走

2018.09.24

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。昨日に続いて気持ちのいい秋晴れです。雲が秋の雲になっていました。本日もキンモクセイがいい香り♡

さてさて連休中は皆様いかがお過ごしですか?わたしは昨日休みだったので実家へ帰って山に登ってきました。山に登るのは8月以来だったので1か月ぶりで、ずーと山に行きたい山に行きたいと思っていたので、やっとこ行ってこれました。

久々にいい天気で暑いくらいでしたが、紅葉も始まっていてとっても良かったです。普段はソロ登山なんですが、今回はグループ登山で行ってきました。山登り始めたばっかりの子もいたので眺めが良くて、山が好きになってもらえそうで近場の山をチョイス。百名山の四阿山とその隣の花の百名山の根子岳です。

昼神から行く場合は飯田山本~岡谷~新和田トンネル~菅平高原の半分高速で交通費お安いコースか飯田山本~岡谷JCT~高速長野道~上田菅平~菅平高原の全部高速早くいくコースの2パターンで行けます。

時間は半分高速コースは157キロで2時間35か全部高速194キロで2時間25分です。

わたしは10分くらいしか違わないので半分高速の安いルートで行きました。

メンバーと合流してスーパーでお昼を調達して、菅平牧場の駐車場まで行きます。牧場の管理費で1人200円

連休の為か駐車場が激込みで遠くの方へとめました。トイレに行って登山届を出していざ9:40に出発

登山口までは牧場の横をてくてく歩いて行きます。天気が良くて本当に最高!

気を付けて行ってきなよ――と言われている感じで牛さんを横目に進みます。初めは気持ちいい川を見ながら少し歩いて樹林帯歩きになります。

空が秋です。白樺の紅葉はもう少し先っぽいですが、ところどころ紅葉していました。白樺の林をどんどん進むと笹が沢山のゾーン。ここが風が吹かないし、景色は笹のみで若干しんどいです。天気がいいので汗ダクダク。みんなで頑張ってえっちらおっちら登って行きます。

樹林帯を抜けると視界が開けていい景色さく裂!前回見えなかった浅間山も今日はクッキリ!こういういい眺めが見れると頑張ってよかったなーーと思えるので辛い登りも頑張れます。

ススキが沢山あって風が涼しくなっていて、夏に来た時はセミの声だったのがススキが風に揺れる音に変わっていました。秋もいいなぁーー

眺めがいいところまで登ってきたら断然山登りが楽しくなるので一気に撮影会となります。

いい天気ーーさいこうーーと言いながら進むと今日の最高地点四阿山が見えてきています。山頂はあの奥なのでまだ結構遠い・・・えっちらおっちらのんびり休憩を挟みながら進みます。振り返ると

下に菅平高原のスキー場雲があってその上には北アルプスの稜線が広がっています!!さいこうーーー!!いつの間にかこんなに登ってきたんだーーとみんなで大喜び♡

その後も登ってちょい下ってこれからアタックの四阿山。ところどころ岩場になっていてかっこいいです。

やっとこ四阿山の山頂が見えてきました。登山道にはたくさんの登山者が!!皆さん最後の登りの階段を進んでいました。紅葉が始まっていて夏と違っていろんな色がミックスされていてとってもキレイです。

最後グワッと登って無事に12時30に登頂!群馬県嬬恋村にある四阿山の山頂に到着しました。大体3時間くらいで登頂できました。わーい。ここからはお昼タイム・・・明日に続く。。。

登山 駒ヶ根市

ゆる登山@木曽駒ケ岳2956m②

2018.07.30

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。最近朝夕の気温が低くてとても涼しくなりました。昼間は相変わらず気温が高くて暑いんですが、秋のような涼しさです。明日は2003年以来の火星大接近です。浪合パークやナイトツアーなどで火星観察会があります!お天気も良さそうなのでぜひお越しくださいー!

詳しくはHPよりご確認ください。「浪合パーク」「ナイトツアー

さてさて、それでは昨日の続きゆる登山@木曽駒ケ岳の続きです!

伊那前岳を登頂してまったりした後はのんびり混んでいる木曽駒ケ岳へむかいます。稜線歩きが最高!

木曽駒ケ岳へ向かう途中で高山植物の女王「コマクサ」を発見!木曽駒ケ岳のコマクサはとっても色が濃いピンクのコマクサでした。コマクサを見ながらのんびり歩きます。

伊那前岳の時は全然人がいなかったですが、さすが人気の山。登山道が広いので渋滞はなかったですが、とりあえず人が沢山でした。

そんなこんなでサクッと登頂でした。伊那前岳からは45分で着きました。山頂からは

乗鞍岳と穂高・槍ヶ岳が見えていました。この日は雲が少なくて本当にいい眺めーー!

御嶽山もしっかり雲がなくなって見えていました。噴火の灰が遠くからでも良く見えます。わたしはこっちの御嶽山が見えるところでお昼タイムにしました。

今日はインドカレー!平らな石がたくさんあって助かる山頂でした。カレーうまし!やっぱり山頂で食べる山飯は最高です。まだまだ時間があるので、もう一回お湯を沸かして桃紅茶をいれてさらにまったりしました。今日はバスの時間も気にしなくていいので助かります。とにかくダラダラしました。

団体旅行で登っている人も多くて皆さん大満足な感じでした。ただ、やっぱり旅行ツアーの場合はかなり時間がないみたいで山頂の休憩タイムが40分くらいでした。みなさんお昼も大忙し。わたしがまったりしている間に周りのお客さんが2巡位していました。ロープウェイを使って本当にお手軽に登れるので登山入門にはいいかと思います。(ただ一気に標高を上げて登るので高山病にはご注意ください)

山頂で2時間くらいまったりして雲が多くなってきたので下山開始。

はーいい眺め!最高じゃんかーさーてサクッと下山します。下山も混雑を避けて下りたいのでまき道でいきます。

水色が中岳経由の一般的な道(9割の人がコチラを利用する安全な道)オレンジはまき道。(谷の方へ通るので冬場は通行禁止。登らないので時間の短縮になります。)各自登山レベルに合わせて選択してください。わたしは登りたくないので大好きなまき道で中岳ショートカットコース

落ちたら終わりのこの谷を見ながら行くのが楽しい。しかも、ちょっと岩登りができるので岩登り好きにはたまりません。

岩場に咲く可憐なお花を見ながらのんびり

乗越浄土まで戻ってきました。ロープウェイが午後になると混むので混む前にさっさと八丁坂を下っていきます!

下りながらも午後になっても登ってくる方が多いので下りと登りで混雑中。時間はたくさんあるのでのんびり写真でも撮りながら行きました。午後になったら一気に雲がわいてきました。宝剣岳がかっこいい!お花畑を見ながら下山完了。

お昼の千畳敷駅はかなり混んでいましたが整理券配布などはまだ始まってなかったのでスムーズな方でした。ロープウェイに一気に乗ってバスに揺られて無事に下山完了しました。

ぜひ初心者の方もゆっくりマイペースに登れる山です。しかも眺めは最高。千畳敷まで行くだけでも涼しくて快適なのでおすすめです。ぜひ行ってみてくださいー

登山 駒ヶ根市

ゆる登山@木曽駒ケ岳2956m①

2018.07.29

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。台風明けでいい青空が広がっています。関西の方は大丈夫でしょうか。。今回の台風はスゴイ進路変更ですね。被害が大きくなりませんように。

さてさて、台風前に行ってきた木曽駒ケ岳の登山レポートです。甲斐駒ヶ岳の登山でバリバリ筋肉痛になり、家から駐車場に降りる階段も大変なのに。台風前の休みがいい天気という事を知ったので山に行きたい病なので簡単に行ける山に行ってきました。木曽駒ケ岳は通称西駒ケ岳と呼ばれていて甲斐駒ヶ岳は東駒ケ岳と言われているので1週間以内に西も東も制覇出来ました。木曽駒ケ岳は駒ケ根ロープウェイがあるのでとてもお手軽に登れる山として有名です。秋は紅葉、今はお花畑で初めて夏場に行ってみました。

ロープウェイのおかげでとてもお手軽なんですが、山頂の標高は2900m以上でそれなりに登りますので、必ず登山装備で行きましょう。また千畳敷カール内を見るだけなら全然いいですが、木曽駒ケ岳に行く方はしっかりと準備して登山マナーなども身につけて全員が楽しめるように安全登山でお願いします!

早速いつも通り3時起きしてザックの準備して4時に出発。下道で5時15分頃にお馴染みの菅の台バスセンターに到着。大混雑を予想していましたが、全然混んでいなかったです。ラッキー。駐車場は後払いの600円です。

バスに乗ってロープウェイ乗り場まで行ってロープウェイで千畳敷まで上がります。

バスの始発は夏ダイヤなので6時15分発でした。時期や混雑状況で臨時便が出るみたいなので詳しくは「駒ケ根ロープウェイHP」をご覧ください。

早速準備してチケット売り場に並んで、チケットを買いました。チケットはバスとロープウェイの往復で3900円でした。チケット販売は大体5時30くらいから販売になっていました。

その後バス待ちの列に並んで始発のバスを待ちます。この日はあんまり混んでいなかったので3台目のバスに乗ることが出来ました。そこから30分くらいバスに乗ってしらび平のロープウェイ乗り場へ到着です。ロープウェイも普段は30分間隔の運転ですが、この日は9分間隔で臨時便が出て運行していました。

久々の駒ケ根ロープウェイだったので、お馴染みの一番後ろの席でタイムラプス撮影しました。雲海の奥に南アルプスが登場しました。画質が悪くてすみません💦

南アルプスの塩見岳の横には富士山も見えていました。3日前に登った甲斐駒ヶ岳もしっかり見えました。

千畳敷駅までは7分30秒で到着です。このいい景色どうですか?登らなくてもここまでロープウェイで来て、ホテル千畳敷に泊まるという優雅なプランもいいかもです。

千畳敷駅が最後の無料トイレなので、トイレを済ませて登山届をだしていきます。必ず登山届の提出をお願いします!

すぐ登るのはもったいないので、カールを散策。

チングルマとカール。風になびいて気持ちよさそうです。

早く来たのでのんびり撮影タイム。今日は帰りのバスの時間も気にしなくていいので楽しい。

7時過ぎくらいなのでまだまだ人が少なくて快適。雲一つない青空が広がっていました。今日も絶好の登山日和でした。さいこうー!

さて登りますかな。早速渋滞気味です。八丁坂を上ります。結構初心者の方は後ろが詰まっていてもどかずに頑張って登っている人が多いです。様子を見てすれ違いが出来るところで後から来ている早い人に譲りましょう。それから登と下りで優先は登りの人です。普通にガシガシ下りの人がきたり、上から石を落としたり、ずれて待っていてもお礼を言わない人も多いです。あいさつしながら気持ち良く登山を楽しみましょう。

夏休みに入ったので結構ちびっこが多かったです。小さい子も一生懸命登っていました。振り返るとホテル千畳敷と雲海。南アルプスと富士山がしっかり見えました。あーいい眺め。

のんびり千畳敷1時間くらいで乗越浄土へ到着です。こっからすぐに木曽駒ケ岳(左の山の方)へ登っても面白くないのでここからは伊那前岳に寄っていきます。(右です)

乗越浄土から伊那前岳までは20分位で到着です。めちゃくちゃ近くでいい眺めが見れるのに、こっちへ来るのは全体の2割くらい。ほとんどの人はこっちへ行かずに降りてしまうんですが、本当にもったいないのでぜひ木曽駒ケ岳まで行くなら行って欲しいです!

伊那前岳までの道の横はこんな感じで登ってきた八丁坂が一望できます。

伊那前岳までの稜線歩きが最高!左側には八ヶ岳も見えています。このめちゃくちゃ最高な稜線歩きを8割の人が知らないのがもったいない!!!わたし的には木曽駒ケ岳よりもいいと思います。ぜひ!

9時に到着ー!ここでしばらくまったりしました。あんなに混んでいた千畳敷カールも伊那前岳だけは4人のみ!

続く。。

伊那市 登山

ガチ登山@甲斐駒ヶ岳2967m③

2018.07.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。昨日の夜ザーと降ったようですが、今は曇り空です。夜から台風の影響で大雨予報になっています。ナイトツアーは大丈夫でしょうか?また情報が入ったらHPにてお知らせが出るかと思います。

さてさて、引き続き甲斐駒ヶ岳登山レポート③です。

山頂ではさっとお昼をとってバスの時間があるので下山開始。

帰りはまき道で下山しました。砂が沢山ある北アルプスの燕岳みたいな場所なので、なかなか歩きにくいです。しかも雲の動きがスゴイ。一瞬で真っ白になったり景色が見えたり忙しいです。

六方石から駒津峰までが登りになるのでめちゃくちゃ暑くて大変でした。岩登りになるんですが、岩が暑くてヤケドしそうでした。

何とか登ったら向かいに見える仙丈ケ岳の上にも雲がかかり始めていました。

ここからは本当に午後の暑さと疲労が襲い掛かってきました。暑いし、水はぬるいし、しかもほとんど量が残っていないし、バスの時間のせいでほんとにさっさと下山しなきゃだし、と思いながら駒津峰に到着。

2時間で北沢峠という看板がありました。12時40だったので急げば15時のバスが乗れるし、16時も余裕で乗れそうです。あーよかった。でもとりあえず暑くて喉乾いてこのままいたら熱中症になりそうなので、とりあえず下山開始。下山したら炭酸が効いたジュースをがぶ飲みしたい気持ちでした。

陽射しも暑くて日焼けしまくりなので、早く稜線から樹林帯へ行きたくなりました。何も考えずとにかくただひたすらに下山。

30分くらいで樹林帯へ入ったので、とりあえず日焼けの心配はなくなり、日陰の中に入ったので涼しくなりました。しばらく行くと、

こんな感じの仙水峠という分岐に出ました。八ヶ岳の天狗岳の天狗の庭という岩だらけのような場所でした。仙水峠から北沢峠まで1時間でやっぱり計画通り15時前には着きそうでバス問題は大丈夫そうです。

進んでも岩だけ。こういう岩場好きなので歩くのは楽しいんですが、とにかく喉乾いて大変でした。しかも、ここでなんか背中がやたらと濡れていることが発覚。「あれ?汗かなー?」と思ってザックを下ろしてみたら、ザックの中の飲み水を入れてるハイドレーションが水漏れしていることが発覚。

ハイドレーションが緩んでいて水がほとんど流れていました。残り500mlを切っています!これはやばいいいいいいーー北沢峠まで1時間。なんてもたないよー泣とりあえずその先の仙水小屋という小屋に水マークがついていたのでそこの水場で水を補給しよう!と思いながら進みました。ただ水マークでも雨が少なかったりすると水場が枯れている場合もあります。(仙丈ケ岳の仙丈小屋は枯れているという情報が!)

小屋までの道はほんとに疲れた体には優しいフラットな樹林帯。なんていい道なんでしょうか。涼しいし鳥の声が優しいです。

そしてついに小屋到着。水の音が聞こえてきて

やったー!南アルプスの天然水飲み放題!最高!4℃のキンキンに冷えた水がダクダク流れていました。思わずコップ4杯もがぶ飲みで生き返りました。最高―!ハイドレーションの中のぬるくなった水と新しく入れ替えてやっと元気になりました。

その後はこんなきれいな川沿いを歩いて行きました。

最高。

アー最高!下山にこのルートって最高じゃんーと元気になったので足が軽くなった感じでした。その後長衛小屋を通って無事に北沢峠まで15:10頃戻ってきました。

15時のバスはもう行ってたのでのんびりこもれび山荘に寄ってみました。

このかわいい看板が目印!南アルプスの小屋の中で多分一番かわいいんじゃないかという山ガールにも大人気の小屋です。かわいすぎ!

バンダナがめちゃくちゃかわいかったので買ってきました。甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳があったんですが今回は登った甲斐駒ヶ岳にしました。大好きなライチョウが描いてあります!1000円とバンダナの中では安い!

無事に16時のバスで帰ってこれました。日帰りはやっぱりコースタイムが長くバスの時間もあるので結構大変かもですが、南アルプスの中ではアクセスしやすいのでおすすめです!