登山

晩秋登山:八ヶ岳「天狗岳」②

2017.11.13

こんにちは、観光局です。ブログの更新途切れてしまい、すみません。

今日もかなり冷え込みました⛄霜で一面真っ白になっていました。

さてさて、間が空いてしまいましたが前回の続き天狗岳下山編です。(前回は唐沢鉱泉から西天狗までのブログ→「天狗岳①」)

西天狗が高いので写真を何枚か撮ったら東天狗岳へ向かいます。

東天狗へは一回少し下がって登っていきます。写真の左側の先が東天狗岳山頂です。ぐいーと登っている間にもいい景色が見えるので、たのしいー天気が良くて最高でした。

登っている途中でヘリが通過。ヘリと秋の雲そして南八ヶ岳のヒーローがかっこよすぎです!眺めながらのーんびり登っていくと

東天狗山頂です。東天狗の看板はこんな分岐のついでみたいな山頂看板です。ここでもこの景色。

東天狗からの方が南八ヶ岳がの山々が良く見えます👀いい眺めやー!そう思っていると

雲が面白い形になっていました。鳳凰みたいな雲からピューと光線が出ています!おおおーーー☆彡この登らないと見れない景色が見れるので登山てやめられないです。

登山したことないという方!

本当にご自分のペースで登ればいいのが登山です。のんびりお散歩みたいに行けばいいのです。お山選びは、登りたい山よりも登れる山を基準に選びましょう。

わたしも槍ヶ岳や剱岳とか穂高岳とか行きたい山はたくさんありますが、自分の技術では難しいので今は自分のレベルに合わせて楽しみながら徐々にレベルを上げています。慣れないのにチャレンジしてお山を嫌いになったり、危ない目に合うのだけはもったいないです!!準備をしっかりして安全登山でいけば難しくありません。

そんな点からみても、八ヶ岳はロープウェイで簡単に登れる山もあるし、上級向けの山もあるので、山登りを始める方にはオススメです。山小屋もかわいいし。都心からのアクセスもいいですよー!

八ヶ岳の神様にもいいご褒美をもらえたのでお昼を黒百合ヒュッテで食べるために来た道とは別ルートで下山開始!

日陰は雪が岩に乗っていますので、滑って滑落しないように登り寄りも気を付けて下りましょう。(初心者の方は11月になると雪も降るので10月か9月くらいまでだと思います。)危ないのでカメラもしまって手袋して進みます。

日陰ゾーンを過ぎると岩々ゾーンへ。ぴょんぴょん岩を飛んで進みます。やっぱり登りも下りも岩々ゾーンが好きです。

分岐まで来ました。中山峠からは北八ヶ岳へむかうルートになっているので、夏は南八ヶ岳から北八ヶ岳まで何泊かしながら縦走したいと思います。今回は唐沢鉱泉へ戻るので黒百合平へ行きます。

木道テクテク行くとかわいいかわいい黒百合ヒュッテが出てきます。

八ヶ岳の小屋の中でもかわいいで有名な「黒百合ヒュッテ」中は・・・

こんな感じの看板。山の中にある山小屋とは思えない程です。夏はここへ泊まろう。と思いながらここでお昼。

その後はひたすら樹林帯を下っていきます。黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉の方が木道などあるので楽しいですが、唐沢鉱泉のから第一展望台~第二展望へいくルートの方が眺めがいいので、行きはやっぱり展望台を巡るルート。帰りは黒百合ヒュッテからのコースがおすすめです。

まだお昼ぐらいなのに日差しが夕方っぽい。あー日が短くなってきて寂しいなーと思いながら、どこの温泉に行こうかの事ばっかり考えながらハイペースで進みます。

にょきにょきかわいい🌲段々下っていくと川の流れる音が聞こえてきます。もうすぐ唐沢鉱泉という合図。

やっとこ唐沢まで下りてきました。ここを進むと車のある唐沢鉱泉へいけます。その前に最後の絶景ポイント。

じゃーん!唐沢鉱泉の源泉です!!!上は真っ白。下は真っ青です。冷泉なので触っても全然熱くないです。とってもキレイ♡夏に来たときは写真を撮りたくてもアブがいっぱいでとまって写真を撮ろうとすると、ガブっと噛まれて「ぎゃー!」ってなります。秋はこういうときもラッキーです。

無事に唐沢鉱泉まで下山しました。次回は山後の温泉編にします。唐沢鉱泉も日帰り700円で秘湯なので、わたしのオススメ秘湯温泉トップ10に入ります。ぜひ、天狗岳登山の際はご利用ください。ただ今回は唐沢鉱泉行ったことがったので、唐沢鉱泉ではなく下諏訪に行きました。お楽しみにー♨

登山

晩秋登山:八ヶ岳「天狗岳2648m」①

2017.11.10

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。気温は昼神7℃浪合4℃でした。天気予報でも寒いという予報ですごい構えて外に出ましたがそこまで寒く無くて安心しました。

今の昼神の様子です。そろそろ昼神は紅葉がおわりかなー?という感じです。

さてさて、昨日くらいから恵那山登山したいという方の問い合わせが多くなりました。百名山の恵那山なので登る方が多いようです。みなさん登山の秋ですねー🍁わたしも負けじと八ヶ岳「天狗岳」に登ってきたのでご紹介します!!やっぱり八ヶ岳が一番好きだなーと思いました♡長いので何日かで分割してご紹介します。

昼神から天狗岳の登山口の唐沢鉱泉までは高速利用で2時間ほどです。この日も3時起きして高速の深夜割利用したかったので素早く準備。4時前になんとか滑り込み、6時くらいに登山口の唐沢鉱泉へ到着しました。

日の出前で木の影が切り絵みたいになってとっても素敵です♡こういうのが見えるので早起きっていいですね。3キロほど未舗装の道を進んでいきます。ただ、美濃戸口や桜平に比べて登る人が多いからか全然普通に運転できます!秘湯の唐沢鉱泉へ到着。唐沢鉱泉の駐車場と天狗岳登山者用駐車場が無料であります。夏はギュウギュウでしたが、さすがに11月。車は5台くらいだけ。好きな所に停められました。

唐沢鉱泉まで来たらトイレと登山届けを書いていざ出発。駐車場に登山者用のトイレがあります。バイオトイレなんですが、においもなくとってもきれいでホントにいい。困るのは便座が究極に寒い⛄

初めは樹林帯を登っていきます。気温は0℃だったのでネックウォーマーと手袋をして上がっていきます。風が少し寒いですが、登るときに段々あったかくなります。

7時くらいになるとパー!と木の間に太陽が!朝だー!という感じです。この先少し上ると一気に展望が開けます。

第一展望まで来ました。風がビュービュー!でも眺めは抜群です。

朝のキリっとした空気がとってもステキ!左側には赤岳・中岳・阿弥陀岳・編笠山が見えてきました。

もう少し行くと第二展望台まできました。赤岳かっこいいーー!

第二展望台まで行くとこれから登る西天狗岳2648mが見えてきました!さーて登るぜーい!と気合を入れていきます。平日で晩秋なので、全然人はいないかなーと思っていましたが、2組とすれ違いました。山好きは天気がいいと年中無休ですねー(わたしもですが。。)

さて、ここから天狗岳へ最後の岩登り♡岩々大好きなので、天狗岳が好きな理由もここにあります。〇と⇔を目印に登りますが、ここから両手を使うので念のためカメラとスマホはザックの中へ。

振り返ると奥には北アルプスが!雪をかぶってかっこいい山脈が続いています!!右のボコッとしているお山は八ヶ岳の富士山こと蓼科山。あそこの山頂も岩だらけで異空間なのでオススメです!

岩によじ登って疲れたら振り返って絶景に励ましてもらいまた登るを繰り返していくと、、、

いやっほーい!!2回目の西天狗岳登頂です♡いい天気で最高!9時30到着。6時30頃登り始めたのでのんびり行って3時間で山頂です。このお手軽感も好きな理由♡樹林帯→展望よし→岩登り→絶景というわたしが好きな山登りが全部味わえる山が天狗岳です。

この眺め!!根石岳が手前にあって奥のティラミスみたいななだらかなお山が硫黄岳その隣が八ヶ岳最高峰「赤岳」(赤岳登山のブログはコチラ→「赤岳①」「赤岳②」「赤岳③」)その隣が「中岳」その横が「阿弥陀岳」(阿弥陀岳登山のブログはコチラ→「阿弥陀岳①」「阿弥陀岳②」)そして一番みぎが編笠山です。この景色を見るためにました!!!やっぱり南八ヶ岳を一望できる天狗岳最高ーー♡♡

わざわざ登ってきた甲斐がありましたー!ヤッホー!!

次回に続く。。。

登山

千畳敷カール続き

2017.10.01

こんにちは、観光局です。昨日お電話でこのブログを読んでくださっている方からこのブログ宛にわざわざ激励のお電話をいただきました♡♡

わたしは丁度旅館の方へ行っていたのでいなかったんですが、あとで教えてもらいました。ますますやる気が・・・✨この場を借りてお礼を言わせてください。今日も読んでくれていますかーーー???ありがとうございました。とっても嬉しかったです。ますます外に出て南信州の魅力をご紹介します。今度同窓会で来られるそうなので、ぜひお気をつけてお越しください(^^♪

以前もブログを読んで紹介したスポットのパンフレット等を送ってほしいという問い合わせがありました。しかも北海道の方!!!!長野県の人口6500人の小さな村にはるばるとーても遠くからブログを読んで行ってみたいと思えるきっかけになったことがとっても嬉しいです。また昨日の方も「楽しみにしています」とおっしゃってそうで嬉しい限りです♡♡頑張ります(^^)/

さて今日の紅葉の様子

まだまだ緑の昼神です。キンモクセイがいい香り♪村内にはでっかいおばけキンモクセイの木もあります。

今の期間ナイトツアーはやっていません。星を見る会場へ行くゴンドラの安全点検期間中になっておりますので、会場へ行くこともできません。車で行けるのはゴンドラ乗り場までです。ご注意ください。次の開催期間は10/7-10/21です。村内で星を見る場所でしたら標高も同じくらいの「治部坂高原スキー場」か「せいなの森キャンプ場」がおすすめです。

さてさて、昨日の続きです。今日は一気に木曽駒ヶ岳登って下山までご紹介したいと思います。

千畳敷からすぐに木曽駒ケ岳登るのもいいんですが、2時間あれば登れてしまうので、せっかく紅葉がいい感じなので、今回は登ってない山にもトライ。(と言っても稜線を歩くだけ)

千畳敷から浄土平まで上がった先に分岐があって伊那前岳へ登ってみます。テクテク25分くらいです。みんな千畳敷を上がって木曽駒ケ岳へ行くみたいで空いています。

途中登山道には霜柱が!!!寒天みたい。シャクシャクしてて楽しい。稜線は寒いので、フリースやダウンなどあったかい準備もお願いします。

誰もいない稜線独り占めーーーいえーい!途中前岳行く間に2人位とすれ違っただけでした。山頂誰かいました?って聞くと「いなかったかなー!」と。こんな簡単に行けるのにみんな木曽駒ケ岳ばっかりに登っていてもったいない。

そして伊那前岳到着。(上の写真の右の先端です)

 

見てください。このすばらしい景色。南アルプスと富士山と伊那谷が一望できます。こんないい景色なのに山頂では早めのお昼か遅めの朝ごはんを食べようとしているお兄さんのみ。お兄さんいいなー。わたしも今度ここでご飯しよう。

堪能した後は木曽駒ケ岳へ登るために来た道を戻ります。宝剣岳方面もとにかくこの日は雲が全くない青空なので、景色が最高です。浄土平まで戻ったら木曽駒ケ岳の前に中岳を通っていきます。

あっという間に中岳。こんなお手軽に行けるのに2925mなんて簡単すぎです。結構にぎわっていたので写真一枚撮ってすぐに退散。

中岳から木曽駒ケ岳へは一回下がって登ります。右の青い小屋は宮田村山頂山荘です。左奥の御嶽山が雲から出てきそう。木曽駒ケ岳から見たいので御嶽山が雲から出ている間にすぐにアタック開始。

最後の登りです。太陽がサンサンですが、稜線なので風がスゴイです。休憩していると寒く感じます。頑張れ自分!と励まして登りました。

わーい!2回目の木曽駒ケ岳登頂♡白い雲がある方向が北アルプス方面なので、北アルプスは見えませんでした。でも、その代わりに御嶽山が雲から出てきてくれました!!!!わーい🙌やっほー!

おおおおおおーーデカいぜ御嶽山。噴火の跡が今もクッキリみえます。(白い灰の部分)今もまだ行方不明の方がいる御嶽山。ここから早く見つかるようにお願いしました。

御嶽山が見えるベストポジションで休憩。上松町の方から木曽駒ケ岳に登るルートもあってそこから登ってきたお兄さんと軽くお話。「5時間くらいで登って来たかなー?ルートも良くて最高だったよー!」と言っていたので、ずく(長野県の方言)があったら木曽方面から登るのもありかなーと思います。(けどロープウェイでのお手軽登山を考えるとなかなか。。。)

そんな感じで山頂を堪能した後下山します。下山は中岳の登りをしたくないので、巻道で帰ります。(巻道は崖になりますので、登山経験者の方のみ利用をお願いします。冬は危ないので通行できません)

おおおーーいい感じの道。人が多くて大変だったので、巻道がいいなーと思いました。次回から登りもここを使おうww

絶景絶景♡この巻道に危険を知らずに来たカップルが「ええ?こんなのと行くの??怖いからやめようよー」と途中で引き返していました。興味本位ではなく計画しての安全登山で必ずご自身のレベルにあった登山をお願いします。

ただ、この巻道空いてるし、岩登り好きとしては大好きな道です。だけど、距離が短いのが物足りない。

出ると宝剣岳がドーン!!山頂には宝剣岳に登った勇者の姿が。宝剣岳も近いのでお手軽に登れそうなんですが、宝剣岳も鎖場です。すれ違いもこんな感じの崖を横に歩いている感じですので、ここへの登山もご自身のレベルに合わせてお願いします。

帰りのロープウェイもギュウギュウになりそうなのでビビって13時ごろ千畳敷へ帰ります。途中もキレイすぎて全然下れないww

ご夫婦で仲良し登山している方もたくさんいました。こんなきれいな山に二人でのんびり行くの良いなーと思いました。うらやましい。午後でも南アルプスや富士山がクッキリ♡

ロープウェイは想像以上に激混みで並んでいたら整理券の配布が始まりました。

わたしは88番。1-60の人は14時から61-120の人は14時9分という感じでホワイトボードに時間が掲示されていました。14時9分の時間が来るまで千畳敷でまったりしました。もう下るだけなのに、ここでもお菓子を食べながら写真を死ぬほど撮りました。

隣に座った人が「どこまで登ってきたの?」と聞かれておしゃべり。時間になったので列に並んで下りロープウェイを待ちます。

ギュウギュウです。下りも特別便の9分間隔でした。

下りロープウェイは山に登った人ともギュウギュウなので、みんなが頑張った証かロープウェイ内のにおいが大変なことにww

元水泳部の肺活量を活かして息を停めつつ7分30秒早く過ぎてくれと願いながら下りました。ようやくしらび平まできました。すぐにロープウェイから降りて駐車場行きのバスを待ちます。

バスも臨時便がバンバン出ているので、すぐ乗車。駐車場まで午後の良い陽気でぽかぽかの車内の為また睡魔が。。爆睡で気づいたら駐車場でした。

さーて温泉♬温泉♪次回に続く。

ドライブ・スポット 登山

今すぐ行ってほしい!千畳敷カール

2017.09.30

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り、晴れ気温が低く、とっても寒かったです。夜は湯たんぽがついに登場しました。気温は昼神14℃浪合11℃です。浪合は夜は6℃くらい。去年こんな寒かったっけー?と思うほどです。気づけばもう10月目前!年末近くなってるんですねーーきゃー!

昼神の紅葉の様子ですが、まだまだ緑が多いです。標高が1000mを超える浪合は少し紅葉が始まっています!

今の期間ナイトツアーはやっていません。星を見る会場へ行くゴンドラの安全点検期間中になっておりますので、会場へ行くこともできません。車で行けるのはゴンドラ乗り場までです。ご注意ください。次の開催期間は10/7-10/21です。村内で星を見る場所でしたら標高も同じくらいの「治部坂高原スキー場」か「せいなの森キャンプ場」がおすすめです。

さてさて、今日は昨日紅葉宣言が出た「千畳敷カール」へ、うかーれ気味に行ってきましたので、さっそくご紹介します。もし昼神から車なしで行く場合はバスかタクシーで飯田駅から電車で駒ヶ根まで。駒ヶ根駅からはロープウェイ乗り場までバスが出ています。

車の場合は時間は高速利用だと40分ほどで菅の台バスセンターまで行きます。そこからは一般車両は行けません。

目的は千畳敷の紅葉と木曽駒ケ岳に登る。あと以前木曽駒ケ岳には登っていてロープウェイを使うとホントにすぐ終わってしまうので、伊那前岳にも行ってみることです。

朝、毎度のことながら3時起きしてボーと準備。今回駒ヶ根なので下道でも1時間15分くらいあれば行けるのでゆーくり準備しました。ロープウェイのダイヤを見ると8時から動いているような感じだったので駐車場で仮眠でもすればいっかーみたいなお気楽な考えで4時半ごろ浪合出発。高速使わなくてもよく駒ヶ根まで行くので下道で!朝は空いてるし下道でも全然はやーい。

途中段々朝日が出てきて明るくなってきました。これから行く中央アルプスに日が当たってオレンジのモルゲンロートが!!!おおおおおーー写真撮りたい。写真撮りたい。でもうまい場所で停まれずに横目で見ながら駐車場へ。

菅の台バスセンター周辺には350台停められます。1日600円。

6時前に到着しましたが、すっごい混んでる!!!!えええええー?前来たときは11月で千畳敷の紅葉が過ぎていた時と冬だったのでこんな混んでいるとは思わなかったです。

しかも、バスとロープウェイは臨時便が出ているらしく6時ころでもバンバンしらび平へ行っているじゃーありませんか!!なんだー早くても良かったのか―と思いながら若干出遅れ気味にチケット購入バスとロープウェイ往復で3900円です。

慌てて準備してバスに乗る列にまた並びます。

↑これ。10℃切っているので寒いです。わたしも手袋ネックウォーマー、フリースベストで多分1時間くらい並びました。結局バスには7時くらいに乗車。

その後しらび平まで1時間くらいかけて登っていきます。睡魔に勝てず。。

ロープウェイは普段は30分置きですが臨時便が出て9分間隔。助かります。かなり天気がいいのでロープウェイで上がっている7分30間の間に富士山と南アルプスが見えていました。ロープウェイ降り場(ホテル千畳敷で)登山届けとトイレを済ませます。(トイレはココ以外の山荘は有料です)

そしてバーーーン!!!!

千畳敷カール!!!!今日もいい感じにカールしてます。お菓子のカールを持ってくるのを忘れました。

これから登る伊那前岳方面黄色の絨毯がとってもきれい。

宝剣岳方面こっちのお山が一番きれいです♡

着いてもキレイすぎて登れません。まぁこれを見に来たのでとにかくシャッターを切りまくり。1時間くらい写真を撮ってようやく八丁坂を登ります。

ロープウェイ乗り場のホテル千畳敷が遠くに!登山の方がとにかく多いです。

気軽に登れる山なので、家族で・ご夫婦で・ツアーで、などなどいろんな人が登っています。そしてすっごい軽装で登っている人がいるんですが、仮にも2900mを超える山になります。準備はしっかりお願いします。もちろん登山届けは絶対です。天気が良くても何があるかわかりませんので、しっかり準備してください。登山は登りが優先です!あと後ろから早い方が来たら安全な所で道を譲るのもお願いします。昨日はずーと渋滞で大変でした。お互い譲り合って楽しい登山をお願いします。

1時間くらいで乗越浄土まで来ました。カールの途中は暑いんですが、上まで登ると風が強いのでとっても寒く感じます。フリースやダウン、手袋など防寒着もお忘れなく。

この景色ーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

サイコーです♡朝雲が少なくて午後になるとガスってくるというのが山なんですが、この日は一日ずーとこんな感じで富士山が見えていました。南アルプスも見れてます♡下の駒ヶ根は田んぼが黄金色。

山はいいです。登らなくても千畳敷までならロープウェイで簡単ですので、ぜひ。

登山ブログは続きます。また山ネタごめんなさい。。

登山

登山編:八ヶ岳最高峰「赤岳」2889m③

2017.09.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。昨日の夜から降っています。気温が下がったので一気に紅葉が進むかなーと期待大🍁

今日は網掛山も霞んで見えにくくなっています。気温は昼神17℃浪合15℃でした。明日はいい天気そうです。

今の期間ナイトツアーはやっていません。星を見る会場へ行くゴンドラの安全点検期間中になっておりますので、会場へ行くこともできません。車で行けるのはゴンドラ乗り場までです。ご注意ください。次の開催期間は10/7-10/21です。村内で星を見る場所でしたら標高も同じくらいの「治部坂高原スキー場」か「せいなの森キャンプ場」がおすすめです。

さてさて、今回「赤岳」完結編です!いっぱい引っ張ってすみません。もう下山しますのでwww

お昼も食べて景色も見たので、昼以降ガスが上がってきていたので早めに下山します。秋は夏と違って天気が良くても日が短くなっています。15時くらいには下山できるようにしましょう。山頂でまったりしていると下山の時間が足りなくなって夕方暗くなってから下山になるというケースを聞きます。そうなると道迷いや転倒・滑落・遭難のリスクも高くなりますので、注意が必要です。安全に楽しく登りましょう。

下山は地蔵尾根ルートで下山しました。体力に自信のない方はピストンしてもいいと思いますが、階段地獄が嫌なので、わたしは周遊で地蔵尾根ルートを選択。

雲が横岳の右から上がってきて、かっこいい感じになってます。下の赤岳展望荘まで下りていきます!ガレ場で足元が不安定。ながーい鎖場もありますので、慎重に。

赤岳山頂山荘の次は赤岳展望荘がお出迎え。ここは五右衛門風呂もあるみたいなので、次はここか山頂山荘に泊まって縦走したいです。山頂山荘でトイレ(100円)を借りてひと休み。さーて地蔵尾根下ります。安全に下山できますように!

赤岳から横岳に続いていて連休の人がうらやましい。けど、日帰りなので帰ります。

ばいばい✋赤岳!またくるねーー!

地蔵尾根からだと赤岳がしっかり見えてステキです♡山頂だけ青空が出てきた!神ってるーーー✨土が赤いのも赤岳の特徴です。

ちょっと危なかったのでカメラしまってて写真が少ないのですが、文三郎ルートよりかなりハードな登りです。足場もあんまりよくないので、登りの人はヒーヒーでした。わたしは下りなので体力的には楽ですが、下りこそケガしやすいので登りの時より気を引き締めて、下ります。

少し下ってくると紅葉している所が・・・🍁🍁🍁

赤岳の登山道なので、土が赤い。トトロに会えそうな道を進んで行者小屋まで戻ります。

行者小屋は人がワイワイしてました。山頂でお昼食べたので、まったりして

赤岳がとーてもキレイ♡行者小屋からの赤岳が!青空だしステキーーー行者小屋で雲の動きが違うくらいしか差がない写真を撮りまくり。帰ってみたら上の写真で何が違うの?と思うような同じような写真が30枚くらいありました。29枚すぐ消してこれだけ残しました。

下山は黙々と・・・

トリカブトがめっちゃきれいでした。15時頃に駐車場に到着。今回もいい登山でした。帰りはお決まりの原村の「もみの湯」でさっぱりして昼神へ帰ってきました。

さーて次はどこへ行こうかなー!紅葉ハンターこの秋まだまだ登ります!!

登山

登山編:八ヶ岳最高峰「赤岳」2889m②

2017.09.27

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り雨予報。今日明日は天気あんまりよくなさそうです。気温は昼神18℃浪合16℃でした。

昼神周辺の紅葉情報:村内の紅葉は1割ほど。昼神は長野県でも南の方なので10月中旬から11月初旬が見頃だと思います。手前のキンモクセイは満開。とってもいい匂いです。

今の期間ナイトツアーはやっていません。星を見る会場へ行くゴンドラの安全点検期間中になっておりますので、会場へ行くこともできません。車で行けるのはゴンドラ乗り場までです。ご注意ください。次の開催期間は10/7-10/21です。村内で星を見る用でしたら標高も同じくらいの「治部坂高原スキー場」か「せいなの森キャンプ場」がおすすめです。

さてさて、昨日の続きです。行者小屋で休憩して、赤岳へアタックします。ルートは文三郎ルートと地蔵尾根ルートの2パターンがあります。わたしは文三郎ルートで行くことにしました。

ここで阿弥陀岳と赤岳の分岐です。周りが紅葉でキレイ♡

文三郎ルートは階段ルートです。赤岳は急登で崖に階段があって登っていくイメージです。

階段

階段・階段・階段

辛ーい!けど周りの眺めが最高♡

右が阿弥陀岳。左が中岳です!反対側はコチラ

左のなだらかな硫黄岳その横の外国の山感が半端ないゴジラの背中が横岳です。この4峰に見守られながらヒーヒー登っていきます。

奥には北アルプスが!槍ヶ岳もチラッと見えます👀おおおーーー元気出る―!

そして最後の階段地獄。アウトドアブランドマムートの階段!ロゴがかわいい♡

階段地獄の後はようやく岩登り!後ろには権現岳と編笠山その奥は南アルプスがドーン!

高度感がすごいけど岩登り大好きなのでやっと楽しくなってきたぜーい!

ここから先は鎖場です!ヘルメットをかぶった人もたくさんいました。浮石や落石それから下へ石を落とさないように注意してください。登ったり降りたりしますのでちょっと渋滞気味。前の人と間隔をしっかり開けて注意していきましょう。あと、登りも下りも同じルートなので譲り合って声を掛け合って気を付けて登りましょう。

やっとこ分岐まで来ました。ここからチラッと一瞬だけ富士山が見えました。そのあとはガスが上がってきちゃって全然見れなかったです。残念。

そしてようやくトップオブ赤岳!2889m!!!イエーイ!登頂しました。空も真っ青!八ヶ岳ブルーと言うそうです。(近くのおじさんが言ってた)

日曜日なので、次から次に登ってきます。ガッスガスになっちゃったので、景色は隣の赤岳山頂山荘の方で楽しむことにして早速隣へ移動。

今度は泊りできて、ここに泊まって、夕日とか朝日見てみたいなーと思いました。11時頃早いけど混みそうなので早めにお昼ーー!

じゃん!新兵器ホットサンドメーカーを担いできました。なので、今回初の山飯でパンをチョイス。中はチーズインハンバーグ♡上手にできて満足です。

デザートは大好きなシャインマスカットとナガノパープル。山で甘いのがとってもいしく感じるので、ナガノパープルがうますぎました。シャインマスカットとの比率を逆にすればよかったと思ったほど。山頂山荘の周りもとっても混んでいました。

コチラが山頂山荘の小屋の中。とってもおしゃれでかわいい♡ここで山頂山荘限定バンダナを購入1200円です。残りわずかだったので、ギリギリセーフ。しかも、この後山荘もめっちゃ混んできた。。。。

長くなったので、また明日。

登山

登山編:八ヶ岳最高峰「赤岳」2889m①

2017.09.26

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。からっと今日はいい天気です。気温は昼神18℃浪合15℃でした。

今日から昼神周辺の紅葉の様子もお伝えしますね。村内の紅葉は1部ほど。色づきしている木があるかなーという感じです。昼神は長野県でも南の方なので10月中旬から11月初旬が見頃だと思います。手前のキンモクセイの香りがとってもい香り。昨日のブログでも書きましたが、キンモクセイの香りはココからだったみたいです。

今の期間ナイトツアーはやっていません。星を見る会場へ行くゴンドラの安全点検期間中になっておりますので、会場へ行くこともできません。車で行けるのはゴンドラ乗り場までです。ご注意ください。次の開催期間は10/7-10/21です。村内で星を見る用でしたら標高も同じくらいの「治部坂高原スキー場」か「せいなの森キャンプ場」がおすすめです。

さてさて、今日は紅葉が始まった八ヶ岳の最高峰「赤岳2889m」に登ってきたのでご紹介します。いつも通り長くなるので何回かに分けて更新します。

昼神温泉から美濃戸口まで高速を利用して1時間50分ほどです。この日も3時起きしてボーと準備。3時30に出発して飯田の24時間スーパーでお昼の買い出し。今回から新兵器を買ったので、パンとチーズinハンバーグとお菓子と朝ご飯を買って飯田インターから乗りました。ビューンと諏訪南まで行きます。そこから美濃戸口まで行きます。

おおおー今日はいい天気じゃないかー!テンション上がるーーーフー!

美濃戸口まで行くと早くも登山者が!さすが日曜日。混んでます。この前阿弥陀岳に登った時は平日だったので車ばっかりだったんですが、日曜日はきっと関東方面から鉄道とバスを乗り継いてくる登山者もいるので、バス停から登山口まで歩いているんだと思います。わたしは車なので登り口まで進みます。美濃戸口から登り口まで車で20分くらい。歩きだと1時間くらい半舗装道路を登っていきます。登る前にまだ歩くなんてヤダ――ww私ホントにエセ登山者だなーと思いますが、時間もかかるし楽できるところは楽します。という事でここでガッツのある登山者の人を車で抜きつつ登り口まで行きました。

お馴染みの赤岳山荘へ到着。日曜日なので混んでる―――!!!何とか空いてるスペースを案内してもらい駐車できました。1日1000円。土日は駐車するスペースがないみたいで,車中泊していく人もいるみたい。さすが人気の山です。

ここで、いつものように登山届けを出して、トイレ(100円)を済ませていざ6時30に入山。

阿弥陀の時と同じ南沢ルートで行きます。

初めは樹林帯です。横は川が流れているので川の音を聞きながら進みます。んーいい気持ち。

その後地味に登り始めて汗がダラダラ。

デカい岩の横を通り抜けながら、歩いていきます。前回阿弥陀岳に登った時は行者小屋までの途中で苦しくて休憩をとりながら登ったんですが、今回は休憩なしで行けました。こういうところでも自分の進化を実感!しかもコースタイムも前回2時間30だったのが今回は2時間10分で到着。すげー自分。進化してる。次回は2時間切りたいなー

そんな感じで自分を励ましながら登っていくと、

大好き平坦コースへ。紅葉もきれいで嬉しいです♡

ナナカマドが朝の青空に映える♡秋だ――!こっから道が平坦になるので、写真撮りまくりで全く進みません。

(こんなことしてなかったら2時間切れたんじゃないか疑惑)

この眺め!横岳のゴジラの背中みたいなところが見えてきました♡これは!遅くなってもいいや。(2時間切り諦めwwだったら登る時間を早くします!w)ホントこの道大好き―!!!稜線歩き以外で好きな登山道ベスト10に入ります!大好き♡

開けた道と樹林帯を交互に歩いていきます。

苔ゾーンは朝日があたって嬉しそうな苔ちゃんが♡おはよーー!かわいい♡八ヶ岳はかわいい苔とかっこいい山が両方楽しめるから大好きです。

そんなことでようやく8時40分に到着。

八ヶ岳は北アルプスみたいな有名な所じゃないし。南アルプスみたいに全部が名峰ってわけじゃなくて、八ヶ岳登ったことないっていうベテランの山登りの人にも何人も会ったことあるんですが、もったいないと思います。いい山いっぱい見れるし、高い山がいい山ってわけでもないので、おすすめです。アクセスもいいし。日帰りでも泊だったら山小屋も充実してるし、という事で、初心者の方も八ヶ岳はおすすめです!(初心者の方は南八ヶ岳じゃなくて北八ヶ岳からトライするのがおすすめです)

明日へ続く。

登山

ガチ登山:御嶽山完結編

2017.08.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は、曇りのち晴れという予報です。

本日のナイトツアーは2部営業です。会場はヘブンスそのはら

1部チケット販売 17:15より 上りゴンドラ17:30-19:30

2部チケット販売20:45より 上りゴンドラ21:00-22:00です。

日帰りの方は予約制ではありません。先着順の当日チケット売り場へ並んで購入のみになりますので、お気を付けください。当日行かれる方はご注意ください!列に並んでも先着順の為上に行けない場合もあります。ヘブンスそのはらHPで詳しい混雑状況などを確認することができます。

さてさて、御嶽山登山完結編です。

三ノ池を目指して下っていると、なんか聞いたことある声が。。。

ん?よーく見ると

ライチョウーーーーーー♡♡

しかもヒナです。という事は近くにお母さんもいるはず!!!!

いたーーーー!!!!もっさもっさのお母さんライチョウ。岩を登ってヒナを呼んでいます。周りをよく見たらヒナが3羽よちよちしてるーー(動画はお母さんだけです。ヒナはバラバラだったので写真なしです)

おおおおおーきっと山の神様が山頂を登るのはまだ早いから今日はだめだけど、その代わり頑張ったご褒美をやろうー!と言って大好きなライチョウを見えてくれたんだと思いました。

ライチョウに夢中になっていて気が付かなかったけど、三ノ池も目の前に!!!

 

おおおおおおおーーなんじゃあのきれいな池は!!!しかも青空が池の上にぽっかりあるじゃないかーい!ライチョウと三ノ池に大興奮で、ノックダウン。

動けなくなるわたし↓

キレイな景色も見れて、曇り予報だったのに9合目からはしっかり青空も出てきてくれて、山頂諦めて下山し始めたとたんにお礼のようなライチョウ登場。山の神様凄すぎます。また絶対来ます。

三ノ池でから女人堂に向かって下山します。このルート看板に雪渓や沢歩きアリ。危険だと思ったら引き返せ!との文字が。

およよよーと思っていたら、その道を登って休んでいるおじさん3人が。横を挨拶して通ると「一人?この道下るの?雪渓とかちょっと危険なとこあるから気を付けて行った方がいいよ。」と教えてくれました。ホントに優しいなー山の人は。と思いながら集中して下山します。

途中沢も雪渓もありましたが、沢はちょっと前に仙丈ケ岳で渡っていたのでそれよりも水量が少なく大丈夫でした。雪渓も立山で経験していたので立山より距離も短く思ったほどではなかったですが、もし三ノ池を行く場合は本当に気を付けて行ってください。来た道を帰るルートもありますので、ご自身の体力や技術に合わせてお願いします。

もう少しかなーと思って歩いていると前から8合目くらいで会ったタンクを背負ったお兄さん!!!「あー!やっと会えましたねー」と言うと「おおおおー今2往復目なんだよー」と覚えていてくれました。お互い安全に帰ろうね。と話してバイバイ。お兄さん相変わらず登るの早い。

別れた後すぐに8合目の女人堂が見えました。あーやっと帰ってきたーと安心。女人堂ですこーし休んでそこからは鬼のような速さで1時間で8合目から6合目の駐車場まで一気に下りました。自分でも2時間かなーと思っていたので、途中苦しんで登ったところまで来たのに15分しか経っていなかったので、びっくりしました。途中7合目の御岳ロープウェイ利用のお客さんにも会いました。上まで行かずに皆さん7合目の小屋で力餅を食べたり散策していました。

こんにちはーと挨拶したら、「一人で上まで行ってきたの?スゴイねー!今できることは今のうちに、食べたいものは食べれるうちに、行きたいとこは行けるうちに、とにかくできるうちに何でもやっておいた方がいいよ!そうじゃないとあたしみたいになったら自分の足じゃいけないもの。」と急に神様のようなことを言うおばあちゃんに会いました。今思うと神様かもしれません。

駐車場まで行く途中に行きにお参りをした神社があったので「無事に帰れました。」と報告とお礼をして駐車場まで戻ってきました。

とっても不思議体験な登山でした。さすが神域の御嶽山。

登山

ガチ登山:御嶽山編②

2017.08.27

こんにちは、観光局です。今日はとても良いお天気で、30℃超える一日になりそうです。ただ夜は、現在雲がでてきそうな予想となっています。

本日のナイトツアーは2部営業です。会場はヘブンスそのはら

1部チケット販売 17:15より 上りゴンドラ17:30-19:30

2部チケット販売20:45より 上りゴンドラ21:00-22:00です。

日帰りの方は予約制ではありません。先着順の当日チケット売り場へ並んで購入のみになりますので、お気を付けください。当日行かれる方はご注意ください!列に並んでも先着順の為上に行けない場合もあります。ヘブンスそのはらHPで詳しい混雑状況などを確認することができます。

さてさて、早速昨日の続き。9合目石室山荘2800mから二ノ池を目指します。

トレランのお姉さんに置いて行かれ、また一人でのっしのっしと上がっていきます。

本当は御嶽山山頂は目の前ですが、今もまだ9合目までしか行けません。噴火の爪痕はまだまだ残っています。絶対に立ち入らないようにお願いします!

いつか元の御嶽山に戻ったら3067m剣が峰山頂にも行ってみたいです。

朝あんなに曇っていたのに計ったように9合目からはいい天気!森林限界も過ぎているのでとってもいい眺め。青空って素晴らしい。ここからは大好きな稜線歩きです。

しばらく行くと二ノ池に到着。海のようになっていました。砂浜のように見えるのは噴火の影響か灰が固まっています。白いのは雪渓。水は噴火前は青かったみたいですが、底に灰が沈んでいるのでおもしろい色をしています。これはこれでキレイ。

この横に二ノ池山荘があったんですが、噴火の影響で現在は営業していません。工事していました。

二ノ池の後は摩利支天山を目指します。御嶽山で今登れる最高峰です。

ただ、この後数分後に一気に猛烈な風が出てきてガスがどんどん視界をふさぎあたりは真っ白。視界が一気に悪くなりました。数メートル先もわからない状況。音も風のビュービューという不気味な音しか聞こえません。少し歩いたんですが、自分がどこにいて摩利支天山までどれくらいなのかわからない状況になってしまいました。ソロ登山の為不安になります。

どうしよう。午後は天気雨だったしなーこのまま天気悪くなって雷とか雨降ってきたら帰るのはとっても大変です。権現岳で不安の中ハイペースで下山して親指の爪が内出血したり、足が動かなくなって大変だった経験があるので悩みます。無理すれば行けると思うけど、地図を確認すると摩利支天山まで行くと下山まで距離が長くなるしなー

しばらく頑張って歩いたんですが、やっぱり怖くなったので三ノ池を目指して下山することを決定。

ここで落ち着いてアウターを着ます。汗が冷やされて低体温症になって動けなくなったら困ります。一人なのでとにかく落ち着くことが最優先。周りが見えなくなって道迷いしたり滑落したりしたらシャレになりません。

岩の陰でドライマンゴーで糖分補給。(これも権現岳で食べずに無理したので糖分不足で手がしびれて大変だった経験により)

この時も決めたくせに、正直どうしよう。せっかくここまで登って来たのになーもうちょっとなら行けるんじゃないかなーと葛藤しながらでした。

でも、せっかく来たけどこの感じだったら山頂で景色は見えないし。御嶽山なら昼神からも近いしまた天気がいい時にリベンジすればいいやー!と切り替えました。

(ここら辺。ホントに怖かったので写真を撮ってる余裕がなく、文章ばかりですみません。)

気持ちを切り替えたとたんに落ち着いたからなのか登りの時に全く気が付かなかった8合目、三ノ池➡の看板を発見。

おおおーーーこんな近くに三ノ池に行くルートあったんじゃん!と一安心。ホントに周りが見えない(視界も、気持ち的にも)って怖いです。

という事で三ノ池目指して下山開始。下山は登りよりも危ないので慎重に下ります。

つづく。

登山

ガチ登山編:御嶽山

2017.08.26

こんにちは、観光局です。今日の昼神は、朝土砂降り→晴れ曇りでした。気温は浪合19℃昼神21℃でした。朝起きたらジャーとスゴイ音で朝目が覚めました。バケツをひっくり返すほどの雨だったんですが、7時くらいにはやんでモヤーと霧が晴れてきました。そこからはいい感じの太陽登場。今日は暑いぞー!という感じでセミがミンミン!ということで、今日は昼間暑そうです。熱中症対策お願いします。

本日のナイトツアーは2部営業です。会場はヘブンスそのはら

1部チケット販売 17:15より 上りゴンドラ17:30-19:30

2部チケット販売20:45より 上りゴンドラ21:00-22:00です。

日帰りの方は予約制ではありません。先着順の当日チケット売り場へ並んで購入のみになりますので、お気を付けください。当日行かれる方はご注意ください!列に並んでも先着順の為上に行けない場合もあります。ヘブンスそのはらHPで詳しい混雑状況などを確認することができます。

さてさて、今日はまたかよと思うかと思いますが、またです。登ってきました🌄

今回は南信州の名峰「御嶽山」です!山頂剣が峰は3000mを超える立派な山です。ただ、噴火の影響で今は9合目までしか行けません。冬に見た時から行きたいなーと思っていた山で、偶然火山レベルが1にタイミングよくかなったのでようやく実現できました。

今回の目標は今御嶽山で登れる最高峰は摩利支天山(マリシテンザン)2859mです。ただ、初めに書いておきますが、行った日は曇り予報で天気があまりよくなく、摩利支天山手前でガスと強風の為断念しました。3000mを超える山の為天気も不安定。なおかつソロ登山の為、遭難や滑落など事故が怖いので無理せず登りました。一回八ヶ岳の権現岳に登った時に、片道5時間以上かかるようなルートをあまり気にせず登って帰りにガスが出てきて行きと違うルートを地図も持たずに軽い感じで進んだためにとっても怖い思いをした事がありました。そう高い山に登れば登っただけ下山する時間も考えて登らないといけないのです。山頂に立ちたいことだけ考えていても駄目だと経験。(当たり前の事なんですが、実際登っているとせっかく何時間もかけて登ったのだから山頂まで行きたい!と思いがち。下山の事をすっかり忘れてしまうのです。)なので、山頂まで目前だったんですが摩利支天まではまた次回にしました。

山は逃げないので、いつでもいけます。皆さんも安全で無理なく楽しい登山をお願いします!前置きが長くなりましたが、今回登る山はこちら!

登った日は曇りの為全然全景が見えず。。冬バージョンですが、これが御嶽山です。かっこいいぜ。

右の一番高い所が剣が峰。真ん中にある次に高い所が摩利支天山です。御嶽山へ登るルートは4つなんですが、今回は中の湯ルートで行きました。御岳ロープウェイで登るルートのすぐ横にあるルートです。本当は御岳ロープウェイを利用したかったんですが、始発が8:30で非常に遅く。山小屋泊じゃないので8:30で行ったら日帰りできない。。(できれば夏だけでも6時から動いてくれたらもっと登りやすいのに!)という事で車で6合目まで上がりました。

トイレもありますが、トイレットペーパーがない⚠⚠ウソ―!!気を付けてください。(こういうところも登りにくい理由かも)わたしはザックに入れてたのでセーフ。ここで登山届けをだして6:30出発!これも毎度言っていますが登山届け提出はお願いします。厳しさを知った権現岳登山はまさかの登山届けの紙がなく、登山届けも出さなかったため余計に怖かったです。みなさんホントに山は何があるかわかりません。しつこいですが念には念を!何かあってからでは遅いです。

さーて出発。コースタイムは下山まで休憩入れて7時間30分予定です。(登り4時間・お昼&休憩1時間半・下り2時間予定)

初めから延々階段地獄が続きます。整備されていて道迷いなどはないんですが、階段はきつい。しかもこれが9合目まで続きます。階段がないのは9合目以降だけでした。

どん曇りです☁だけど、登りの時は正直暑いので日差しがないのは助かります。上で晴れてくれるように「晴れろ晴れろ!」を念じながら一段一段階段地獄を登っていきます。

7合目に到着です。御岳ロープウェイ利用だとここからスタートになります。朝早かったので小屋はやっていませんでした。力餅というお餅が有名みたいです。やってないのでスルー。

そして階段地獄。少し日が出てきました。(念が通じてきているので更に「はれろー青空でろー」と念押し登山)天気も悪い為なのか人にも会いませんでした。もくもくと汗だくで登ります。8合目手前でようやく視界が開けてきました。

いやほーい!なんだか晴れてきたー!!このまま雲よどっかいけー!明るくなってきたので元気になりました。ここくらいで後ろからタンクを担いで登るお兄さんたちに抜かされました。灯油を入れるタンクみたいなのを担いでいたので山小屋の人かなーと思って聞くと「三ノ池の水を汲みに上がるんですよー今日は2往復するんだよ。」と教えてくれました。まじ?この階段地獄を2往復。。しかも一日で。信じられません。山の人はホントに強いです。わたしも三ノ池に行くというと、「じゃあまたどっかで会えるね。気を付けてねー」と颯爽とタンクを担いで上がっていきました。山人強しかっこいい。そして優しい。

お兄さんに抜かれた後なんとかチェックポイントの8合目女人堂小屋へ着きました。

女人堂は、御嶽の山小屋の中で最も古く、明治初年から 山小屋として営業しています。それまでは非難小屋や修験者のおこもり堂として存在していました。八合目金剛童子より先は神の聖域とされました。その昔女人は登山を許されず、頂上を目指した男性達の帰りを小屋で待っていました。登山が許されなかった女人達が参拝した御堂であることから 「女人堂」 と名づけられたそうです。(女人堂HPより)そしてここから上は神域のようです。6合目でお参りをしましたが、ここでもう一度お邪魔しますとお参り。

さて、9合目の石室山荘まで登っていきます。

青空が見えてきました。神様が歓迎してくれているみたいでうれしかったです。

ここから階段なくなってガレ場っぽくなりました。8合目から9合目の山荘まで見えているのに着かない。近くなってるはずなのにたどり着けない感じです。木の階段がずーと続いていたので、もう少しなのに足が重いーーやっとこ9合目石室山荘到着です。ここでトレランのお姉さんと一緒に山荘到着。山のピンバッチをスタンプハンターなので、記念スタンプも押しました。が、スタンプのインクがカッスカス&疲れて押す力がなくうすーーーーーいスタンプをゲット。こんなに頑張って登ったのにスタンプ薄い、、、ただ山小屋のお兄さんが優しかったので、そんなマイナスはゼロになりました。

しかも、山荘出たら青空ーーー!!!!!いえー――い!登ってきてよかったねーとトレランのお姉さんとわいわい。けど、お姉さんはとっても早いのであっという間に置いて行かれ、また一人で今度は二ノ池を目指します。つづく。。。