温泉巡り 諏訪・岡谷・茅野・松本

下諏訪温泉の銭湯へ行ってみた

2019.09.21

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り、台風が接近中なので、空はどんより。雨が降りそうで降らない微妙な暗い日となりました。夏場の暑さはどこへやら。セミの声もしなくなり、川の音が涼しさをより一層引き出しています。スタッフの服装も半袖から長袖へ変わり始めています。10代の子だけは今日も半袖で出勤。若いです。

 

さてさて、今日は温泉好きのわたしが前から気になっていた銭湯へ入りに下諏訪まで行ってきたのでご紹介します。

下諏訪までは昼神から車で高速利用で1時間20分程。飯田山本から岡谷まで利用して行きました。

下諏訪温泉の菅野温泉です。「すがの」じゃなくて「すげの」と読むみたいです。

下諏訪といえばぬるめが42-3℃くらい。熱めになると46℃くらいのかなり高温の温泉です。下諏訪の温泉を色々入ってみましたが、非常に熱くて熱めなんて入ろうとした日には浴槽からあふれて洗い場へ流れてきたお湯で足がアチ!となって湯船に入れなかったくらいです。

そこへ地元の人は普通に入っているのでびっくりです。

さぁ今回の菅野温泉はどうでしょうか?

まず場所ですが、ここは非常に分かりにくいです。諏訪大社の秋宮の近くです。秋宮から下り坂を下って行くと「大社通り」という信号のある交差点があります。そこを秋宮を背にして進んだ場合右折。

ちょっと行くと町が運営している「四つ角駐車場」があるのでそこへ車を停めて行きます。

この有料駐車場菅野温泉の駐車場も兼務しているので、温泉利用者は無料です。

まず、車を停める前に受付のおじさんに温泉に来たことを話します。

すると車のナンバーを聞かれて紙をもらえます。

この紙を持って温泉へ行きましょう!

駐車場をぶった切るように温泉へ行く道があります。地元の人は洗面器とタオルとシャンプードレッサーを片手に持って小道へ行きます。

 

人しか通れない道。民家の間を通って進みます。

すると完全に温泉の入口だとわかる「ゆ」ののれんが登場します。

レトロすぎる廊下というか、通路が登場。

(ちなみに車で来ない人は奧の明るい方から入ってくることもできます。)

レトロ感満載でワクワク。ガラガラーと引戸を開けると目の前には番台と入って左右に靴箱。チケットを券売機で買って番台に出す仕組みになっています。

大人230円。子ども110円。

高級なチョコ並みの安さ。しかも5:00―21:30。さすが下諏訪。地元の人はみんな自宅ではお風呂入らないのでは?疑惑。

おばちゃんに券と駐車券を出してスタンプを押してもらいます。(駐車券は温泉のスタンプがあるものを帰りに持って行くと無料になります)

ロッカーとレトロすぎるマッサージのイスとこれまたレトロなパーマかける椅子?がありました。

貸切ではなかった為ここから写真がないです。

そのレトロ感満載な休憩スペースを過ぎると脱衣所。広くて銭湯の定番籠編みのカゴ発見。(このレトロなカゴ、もしくはケロリンの桶ががある銭湯はいい温泉だと勝手に思っています。)服を脱いでいざ!

真ん中に小判型の浴槽が1つ。小さなタイルが敷き詰められた本当にレトロな銭湯です!最高。

浴槽の両サイドに洗い場があります。シャンプーやリンスなどは無いのでご持参ください。地元のおばあちゃんたちがのんびり入っていました。

温度は嬉しい41-2℃。凡人でも充分に入れる温度で嬉しい。

壁にはモザイクタイルで洋風なお城と山と湖が描かれていました。

シャワーはひねる式。水圧も問題なし。カランは押す式の為押している間しかお湯が出ません。そしてカランが1つに赤いマークと青いマークの所があってお湯と水なのかと思って両方試してみましたがどちらもお湯でしたww

 

みずは水道1箇所のみです。

レトロでかわいい。泉質は下諏訪温泉のツルっとしたお湯です。

ドライヤーは1回10円みたいです。(が、おばあちゃんは普通にそのまま使っていました。地元ルールなのかも。。)

そして、脱衣所にボトルキープ並みに地元の人のマイ桶&シャンプーリンスセットが棚にずらりと並んでいました。

安いし、レトロでかわいいし、泉質もいいし、何より温度が普通に入れる温泉でした。ぜひ温泉好きの方行ってみてくださいーー!

菅野温泉:https://shimosuwaonsen.jp/item/751/

住所:長野県諏訪郡下諏訪町大社通3239-1

グルメ・お土産 平谷村 温泉巡り

平谷村で美味しいご飯屋さんみっけ!

2019.06.11

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。梅雨時期の貴重な晴れ間です。やっぱり晴れている方が気分が上がります。

田んぼはすっかり田植えが終わり青々した稲がキレイに並んでいます。夜はカエルの大合唱🐸いい季節になりましたーー♪

 

さてさて、今日は平谷村でおいしいご飯屋さんを発見したのでご紹介します。この前わたしの両親がこっちへ来る機会があったので温泉と夕飯を食べに行きました。昼神温泉はすでに入浴済みなので、別の所にも行ってみたいという事でお隣の平谷村のひまわりの湯へ行ってみました。温泉の前にまずは夕飯を食べようという事で、ひまわりの湯のすぐ隣になる「十郎太」というご飯屋さんへ行ってみました。二階にあるお店で登って行くとメニュー色々。

グーグルマップの評価が4.1とかなり高いのでこれは期待大!入口のイスは昼間は混んで列ができたりするのかなぁと勝手に予想。

入ってすぐ右に券売機があるので食券を買います。定食メニューが沢山。

オススメの十郎太定食もいいけど量がすごそうなので、他のオススメを選んでみました。まずは食券を渡して、待つこと数分

じゃーーん。 山賊焼き並みのデカさの唐揚げが甘辛いタレにかかって登場。お店のオススメ「唐揚げの甘酢定食」

こちらは鍋がポットになったようなインパクトがある器に入って登場。しかも、蓋が取り皿な定食。こちらもオススメの「トマト煮込みスープ定食」です。

唐揚げサクサク。ジューシー!ボリュームあるけど、甘酢のタレが絡むとサッパリ一気にほおばって食べられちゃう。

トマトスープはしっかり洋風。パンに浸して食べたら絶対美味しいやつーーー!スープの牛肉がトロトローー!

唐揚げがザクザク。しかも握りこぶしくらいのデカさで、ご飯も進む。

地元の人から、バイク好きの人、キャンピングカーで旅行する人、トラックの運転手さんなどなどとにかくみんなガッツリ胃袋をつかまれてる感じでした。

満腹になってはち切れそうなお腹で次は温泉へ。昼神に近い平谷村は泉質も似ていてトロトロのお湯。

わたしは大好きなので回数券とスタンプカードも所有しているくらいのヘビーユーザーです。回数券は12回で5000円です。1回600円なので回数券にすると1回417円で入れるという激安ぶり。(期限は無期限ですが、過熱紙に印刷されているので印刷が見えなくなったら使えないと受付のおじさんが言っていました。笑)

温泉が結構遅くまでやっていてしかも空いているので、かなりオススメです。場所は道の駅「平谷ひまわりの湯」にあります。昼神から車で153号の国道を通って40分位です。温泉はめちゃくちゃ広くて洗い場も仕切りがあってとってもきれいな施設です。が、10人いたら今日は混んでるなぁと思うくらい普段は地元の人が数人の温泉です。(なのに恐ろしく広い)

今回は週末に行ったので混んでいて13人くらいでした。かなり広い大浴場と露天なので全く問題ないですが、普段2人とかなので、週末は混んでいる印象でした。。(言っても全然混んでないんですけど)

内湯も熱め・ぬるめ・サウナも2種類(サウナは利用する人が少なくドアの開閉も少ないので、かなり熱めの仕上がりになっています。出てくる人はみんなお尻が真っ赤)露天も2種類(打たせ湯もあり)です。

 

平谷村おそるべし!長野県内イチ人口の少ない村ですが、とってもオススメです。

十郎太  〒395-0601 長野県下伊那郡平谷村350−1 電話番号0265-48-2801 営業時間11時~21時

定休日月・火曜日

おすすめメニュー:十郎太定食、唐揚げの甘酢がけ定食、トマト煮込みスープ

平谷村ひまわりの湯

ひまわりの湯〒395-0601 長野県下伊那郡平谷村252

TEL 0265-48-2911 営業時間10:00-20:00(最終19:00)

無休営業(12月から3月のみ毎週水曜日定休)

入館料:中学生以上600円 子ども(3歳から小学生)300円

温泉巡り 諏訪・岡谷・茅野・松本

日帰り温泉編:下諏訪温泉遊泉ハウス児湯

2018.02.27

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。とってもいい天気でぽかぽかでした。春ですねー。最近あったかくなったおかげか花桃のお問合せが多くなってきました。桜が咲かないと何とも言えないんですが、例年は昼神温泉周辺は4月の中旬開花下旬に見頃になる感じです。5月まで入ると散ってきてしまっています。去年は4月22日頃から見頃でした。

一か所5000本咲く花桃の里は月川温泉という場所で、こちらの方が標高が高いので咲くのが昼神温泉よりも遅くなります。開花が4月の下旬。見頃は5月GW頃になります。去年は5月1日頃から見頃でした。

ただ、自然のものの為何とも言えません。早い時は月川も4月下旬には終わってしまった年もあるようです。また4月入ったらそこら辺の更新もしていきますねーー!

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:雲多めです。少し見にくいかも。

さてさて、昨日の登山の続きで、今回は温泉をご案内します。下諏訪は温泉のまちでとっても温泉の温度が高いのが特徴です。多分普段半身浴してぬるめのお湯でアロマキャンドルとかお風呂場にあってバラの花びらとか浮かべてお風呂を長めに入るオシャレ女子は多分入れません。下諏訪のぬるめは44℃。熱めになると46℃くらいになってるんです。もう熱くて熱くて足がめっちゃ痛い。初めてで入ってびっくりしました。そして、至る所に温泉が出ています。

お家の近くにも温泉。寒いので所々で手を洗ってあったまりました。

玄関先に洗濯機のあるお宅。その上に外を見守るネコがこっちを見てた。さすがこどもを守る安心の家です。

ちょっと気になってた菅野温泉。細い路地を入って行くと廊下になって急に入り口が出てきます。明治19年創業の温泉。大人230円。比較的下諏訪温泉の中ではぬるめらしい。42~43℃みたいです。

とりあえずわたし今回は入ったことのある温泉で遊泉ハウス児湯に行きました。

駐車場もたくさんあって停めやすいです。お金もさすがの大人230円小人110円という安さ!安っ!

遊泉ハウス児湯・・・源泉は諏訪明神御神湯伝説に伝えられる女神が化粧用に綿に湯を含ませて置いた所から湯が湧いたという綿の湯 源泉です。現在の浴場は江戸時代中期以前から街道を行き交う旅人に親しまれ、日本三古湯として有名な綿の湯と、湯質が良く特に子宝に恵まれるとの評判が高かった児湯の跡地に、昭和62年に遊泉ハウス児湯として新しくなりました。

時間は5時30からやっています。はや!

お風呂は内湯と打たせ湯と露天があります。露天はどうにか44℃くらいで入りやすいんですが、他の中のお湯はめっちゃ熱い!真っ赤になりますが入った後はスカッとします。地元のおばあちゃんばっかりです。お互いの背中を洗ってあげたりおしゃべりしたりしています。それにしても平気な顔で入っている地元の人がすごい。

真っ赤な顔で出てひと休み。受付のおばあちゃんが「せっかく来てくれたのに、混んでてゆっくり入れなかったでしょ?」と心配して声かけてくれましたが、地元の人じゃなきゃあのお湯にはゆっくりつかれないので十分でした。

ここでも熱いですが、新湯や旦過の湯はもっと熱いという記憶があるので、初めての方は児湯からスタートがいいかもです。

とりあえず人生で断トツ1番で熱かったのは新湯です。めちゃくちゃ熱かったです。湯船から流れ出るお湯さえも熱すぎて洗い場でヤケドしそうになりました。湯船には足しか入れられなかった記憶があります。長野県は広いです。

平谷村 温泉巡り

日帰り入浴ひまわりの湯@平谷村

2018.01.26

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。しかしかなり気温が低いので寒くて指がうまく動きません。タイプミスがあったら寒さのせいだと思ってくださいーー💦

ここ最近雪はやみましたが、気温が本当に低くてこの前帰ってきたら室温-0.5℃でした。室内の気温じゃないです!部屋の中でも朝はストーブがついていないと息は白いし、氷点下だし。。

おととい朝起きたらキッチンの蛇口につららができていました。初めて見ました👀室内でつらら。都心部では水道管の凍結などでかなり不便が続いているようですが、阿智村もなかなかです。道路状況ですが大きな国道は除雪が入って雪はなくなったようです。ただ、峠道浪合153号、清内路256号園原方面は日陰などで凍結などもありますので、引き続き冬用タイヤ着用必須、車間距離を十分にとって安全運転でお願いします。

只今ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」を開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:夜快晴予報!星良く見えそうです!

さてさて、今日は久々の日帰り入浴施設のご紹介です。最近寒すぎて、家でのお風呂を諦め温泉へ行っています。今回行ったのは平谷村の「ひまわりの湯」です。平谷村は阿智村の隣。治部坂高原を超えるとすぐ平谷村です。昼神から車で25分程です。153号をとにかくまっすぐ豊田方面へ行くと右側に出てきます。道の駅の横にあるので駐車場も広いし、お風呂も広いしでおすすめです。浪合からだとさらに近いので多分ひまわりの湯へ行くのと、昼神へ行くのは同じくらいの時間で行けそうな感じです。

平谷村は長野県で一番人口の少ない村です。周りはもちろん山ばかり。村面積の96%が山林です。人が住んでいるのは残りの4%!!!!自然豊かすぎなこの村の住人は450人。もしかしたら飯田市の大きな小学校の全校児童よりも少ない人数しかいないと思われます!ただ役場は立派。びっくりします。

早速道の駅に車を停めて目の前のひまわりの湯へ

今の時期はライトアップしているので峠道を超えて平谷にはいると急に明るくなっています。今後はアイスキャンドルとかもやるみたいです。

ひまわりの湯は600円。手形の施設なので、手形があれば無料で入れます。早速手形を出して入館。中は床暖であったかいので脱衣所は結構村の方がきていました。やはり皆さんおうちで入るのは寒いらしく「寒くなるとここ来ちゃうねーここで入って行くのが一番あったかいもんねー」とお話しされていました。

お風呂はとにかく広い。多分バスケットのコート位の広さにドーンとぬるめの湯舟と熱めの湯舟があります。外にはまたまた大きな露天風呂。サウナと水風呂も完備です。

ぬるめは多分38度くらいかな?外に向いているので庭を眺めつつゆっくり入れる感じです。一段上の熱めは42度くらいの感じでした。断然熱めへ。

どでかい湯船に一人で入れる田舎の温泉最強説!王様気分で入れます。そこへおばあちゃんが入ってきて話しかけてくれるのも田舎の温泉って感じー♬広いし、あったかいし、近いしで久々に行きましたがいい施設だなーと思いました。

昼神に近いのでphは昼神に近いアルカリ性の泉質みたいです。ただ入った感想は昼神ほどトロっとした感じは受けなかったです。シャワーはカランが何個もあるからか若干弱め。ただ脱衣所も広々。湯船も広々。しかも全然混んでいないのでオススメです。

外は絶賛ライトアップ中!

温泉巡り 飯田市

日帰り温泉@満願成就の湯

2017.12.26

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り、雪です。皆様の地域はどうでしょうか?昼神は水分多めの雪がチラチラと、浪合は完全に積もりそうな感じで吹雪です。冬シーズン初雪かきするのかな。。。やだなー。帰る頃に運よく村の除雪が出てラッキー!とかにならないかなーと安易な考えのわたしです。 気温は昼神2℃浪合0℃です。

わたしごとですが、うれしいことがあったので報告です。この前このブログを読んでくださった方が実際にガイドセンターに来られて「ブログで紹介していた場所行きたいんですが。」と来てくださいました。嬉し恥ずかし。読んでるんですー♡と言って下さり、地図をお渡しし、出かけて行かれました。少しでも昼神温泉に来て観光を楽しめて頂けたかなーと嬉しく思いました。

嬉しいなーとウキウキしながら仕事をしていたら、同じ日に「いつもブログ楽しく拝読しております。」との長文のメールが!!!

このマニアックブログにファンの方から続けて連絡を頂き、なんとも嬉しい。嬉しい極み!観光局のスタッフに一通り自慢してまわり、日報を書いていたらクリスマスイブでした。

多分サンタさんから一年頑張ったじゃないかーメリークリスマス!という事でしょうか。偶然同じ日に2組のお客様からお褒めを頂き嬉しい一日になりました♡ありがとうございます。今後もこれを読んでくださっていただいている方のためにマニアックに更新していきますね。うれし!はずかし!やっぱうれし!!!!!

ヘブンスそのはらでは「Winterナイトツアー」も開催中!今年はカフェ&バーのACHIBASEもオープンして、ますます夜に過ごしやすくなりました🌙今年のウィンターは初めてだった去年より、規模もスケールも大きくなりました!足湯やドーム型のプラネタリウムなどなど有名企業とコラボしているのですごいことになっています☆彡12月9日から2018年3月31日まで毎日開催しています。時間は19時から22時まで。去年のような入場制限のある時間帯などはありません。予約不要です。直接会場のヘブンスそのはらへどうぞ!チケット2200円です。会場周辺は夜は氷点下になりますので、服装気をつけてください。とっても寒いです❆

今日の星:見えなそうです。雪予報です。昼神の国道にもかなり積もってきました。冬用タイヤでも危ないので車間距離など十分に空け、安全運転でお願いします。

さてさて、今日は久々の日帰り温泉です。寒くなると温泉温泉!という感じになります。手形があったので、安く温泉に行きたくて早速探します。本当は中川村の温泉がいいなーと思ったんですが、11月から3月まで冬季休業中。まじかー!という事で、帰るついでに入れるしという事で近場の飯田「水晶山温泉 満願成就の湯」へ行きました。ネーミングがご利益ありそうで気に入っています。水晶山というくらいなので、このあたりで水晶が採れたんでしょうか?

施設も綺麗で昼神から近いのでオススメです。

昼神からは15分です。ちょっとわかりにくいのでナビに入れていくか、杵原学校を目指していくとそこから看板が出てきます。

こっちが入口なのに奥の看板が裏向きという、入口で階段を何段か降りていきます。

かぶちゃん村という施設の一つがこの満願成就の湯です。なので、駐車場がめっちゃくちゃ広いです。

広いですが、温泉の入口に車が集中しております。わたしも近場に停めて手形を出して入館。エレベーターでも階段でもいいので下へ降りていきます。するとこんな感じに到着。初めて来た時温泉の場所がわからなくて迷子になったのでご紹介します。

今は右に「食事処、休憩所、浴場」と書いた看板が出てるのでいいんですが、以前はなく、間違えて左の緑のカーペットの方へ行ってしまったのです。靴を抜いているので靴下のまま冷たい廊下を歩いた記憶があったので、気を付けてください。

こっちです!ぽかぽかの太陽のの下を庭の鯉を見ながら進んでいきます。

優雅だぜ。

女湯の隣が初めて来たとき間違えた通路。外なので足が死ぬほど冷たくなります。

室内移動なので今回は普通にお風呂まで到着。満願成就の湯は日ごと女湯と男湯が入れ替わります。サウナ風呂と洞窟風呂です。前回サウナだったので、今回はラッキーな事に洞窟風呂でした。

脱衣所に行くと沢山車があったのに誰もいませんでした。

広くてきれいです。しかも天井が高くて開放的!ロッカーが上の段は大きいのでコートとかがある今の時期は助かります。しかも、お水もセルフで脱衣所で飲めるのもうれしい!

早速初のお風呂へーー♨

内湯と奥に露天、もう一つの方に洞窟風呂です。内湯の後で洞窟風呂は行ってみたけど、外にあるので洞窟まで行くのに風がビュービューで寒かったです。そしてちょっとぬるめで冬は少しきついかもです。洞窟は神秘な感じのつくりなので、もっとあったかくなったらいいと思います。内湯が広いのでお気に入り!誰もいないし、貸切だーい!極楽極楽―♨と溶けていました。長々入浴。あとここシャワーの水圧が強いです。ぶあー!!という感じ。でもひねる式じゃないので時間がたつと止まります。また押すとすごい勢いで水がぶわーとなります。ご注意ください。

サウナ風呂も洞窟風呂も両方入りましたが、どちらにもこだわりがなければサウナ風呂の方が内湯が広いような気がします。温度は少し高めで多分42℃くらい。なので、湯あたりしないように調整しながら1時間以上内湯ばっかりに入りました。

満願成就の湯はとにかく天井が高くて、内湯の天井の太い柱をなにも考えずにぼーと眺めながらゆっくり入れるのがいい感じです。

泉質も昼神に近いのでお湯も似たような単純硫黄アルカリ性のお湯です。日帰り入浴は800円なのでぜひ手形で無料で入ることをオススメします。あととにかく受付から浴場まで室内を通って行ってください。緑のカーペットの方は外なので靴下で歩くと足が死にます。結構空いてるので穴場ですー

水晶山温泉 満願成就の湯 〒395-0243 長野県飯田市箱川386-1

TEL0265-28-1755

11:00~21:00(最終受付20:00)
定休日:火曜日
大人(中学生以上):800円 小人(4歳から小学生):500円

温泉巡り 登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

雪山登山@北横岳2480m③

2017.12.08

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。朝浪合は雪が降っていました。細かい雪だったので積もらなそうですが、いよいよ本番です💦やだなーと思いながら、山への雪はうれしいので、またスノーハイクにいけるなーとちょっと嬉しかったです。気温は昼神2℃浪合は-2℃でした。浪合寒いーー!わたしだけ車が白くなって出勤しました。

さてさて、他村への視察なんやらで止まってしまった北横岳ブログ。ファイナルです!お待たせしました。下山と温泉編。やっぱり下山は早いですね。坪庭までは凍っているところも多いので注意しながら帰りました。途中登ってくる方も4組くらいいたので「どんな感じですか?」って聞かれつつ、強風だと強調しておきました。防寒というより今の時期は防風対策が必要だと思いました。

下りはちょっと余裕が出てきたので北アルプスが美しいことにも気が付きました。稜線が真っ白になっていて浮いてるみたい!きれいです。

どんどん下ってほぼほぼ休憩せずにスキー場まで降りてきました。登りで結構大変だったのにこんな感じだったっけ?という感じで下れました。

昼になって陽射しが当たると暖かいです。坪庭より下に来るともう全然風もないので快適に下れます。スキー板があれば滑って下れれば早いのになーと思いつつww

ピラタスはスキー場の準備が進んでいました。9日の明日オープン!今日山は雪だと思うのでよさそうです。今度は樹氷を見に行きたいです!

チェーンスパイクでそのまま下るのもよかったんですが、せっかく背負ってきたのでスノーシューを発動!重いのが難点なんですが、アルミのかっるい・安っすいやつを買ったので使ってみました。スノーシューやワカンを履くと靴だと沈んでしまう雪の上でもふわふわっと進んで行けます。

しっかり圧雪されていたので一切沈まずでしたが、ザクザク進めたので、歩く練習になって良かったです。次回は新雪で試したい感じでした。そんな感じで帰りも動物の足跡を探したり、9日のオープンに向けて試運転をしているロープウェイを見たりしつつ貸切でゆるゆるーと帰ってきました。

そのあとは温泉温泉!!諏訪まで行こうかと思いましたが、特に決めずにフラーと出発。途中蓼科共同浴場の看板があったので入る前に料金をネットでチェック。500円だったのとお馴染みの長野県天然温泉の赤いマークがあったのでいっか!て感じで入ってみました。

500円で券を買って受付のおじちゃんに渡すと「はじめて?今女湯誰もいないから案内するね。ここのお湯43℃くらいでちょっと熱いかもしれないから」と案内してくれました。

案内によると、源泉かけ流しでダバダバ注がれているので、熱かったら自分で水を加えて好きに入ってくれていいという感じでした。「じゃあごゆっくりねー」と優しいおじさん。しかも貸切嬉しいなー

でた!シャワーないパターン!!!秘湯感あるーー♡内湯だけですが、キレイに手入れされています。よさそうーととりあえずおじさんに言われた通り水を入れつつ洗ってから入ります。思ったほど熱くなかったので水は止めて入りました。源泉を飲んでみるとクエン酸みたいな酸っぱい感じの味です。珍しく酸性のお湯っぽい!ふむふむ。

適度にあったまって頭と体を洗います。蛇口をひねると勢いが良すぎなほどのお湯がバッシャ――!!!!ジャバッー!と出てきました。これはカランのみのお風呂で助かるなーと思っていると、水圧がどうも一定じゃない。なんか普通のお湯じゃないっぽい!!!!

これはカランからも温泉が出ているジャーないかーい!!!とびっくり!!珍しい。最近めったに会えなかったので嬉しくてカランも大放出お湯を浴びまくります。すごい。すごい。天然温泉かけ流しな感じでたまに熱湯になったり、水ほど冷たくなったりするのが、また天然温泉かけ流しっぽい!

今まで入った中でカランまで天然温泉が出てきたのは、青木村の有乳湯と高山村の大湯に次ぐ3つ目!

何にも知らずに行ったので久々にいい温泉をチョイスした自分エライ。と髪を微風で乾かしながら思いました。ドライヤーも弱かったけど使えたことにも感謝。(普通カランだけでシャワーがないとこはドライヤーナシやシャンプーやリンスがなにも置いてない所などが多い)受付のおじさんに「いい湯ですね。カランからも源泉出てますよね?」と話しかけたら「そうだよーいいお湯でしょ?ホントはシャワーにしたいんだけど水圧が一定にならないからできなくてね、不便でごめんね」と言うので「いやいや、こんないい温泉久々に入れました。また絶対来ます!」と宣言しお礼を言って帰ってきました。

調べたら1回500円で11回券4000円って安すぎ✨近かったら回数券を買いたいくらいでした。蓼科すげぇです

木曽方面 温泉巡り

秘湯を求めて

2017.11.26

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雲多めの晴れです。今日の朝も寒かったです。昼神は2℃浪合は-2℃ただ、今年は雪の積雪がありません。1月2月で降るのでしょうか。。出勤するときも中央アルプスは真っ白南アルプスももちろん真っ白で冬は山をかっこよくさせてくれますね。今年から冬山登山も始めるので早くいい天気にトライしたいです。その様子もご紹介できたらと思います!

さてさて、そんな今日は秘湯をご紹介します。温泉マニアのわたし。昼神温泉だけじゃなく県内県外全国の温泉に入ってます。長野県は公衆浴場数全国1だって知ってました?みんな温泉が大好きなんですねー寒くなるとますます行きたくなってくる温泉。春夏の時は登山後にさっぱりというのが定番ですが、冬の定番は遠出して、さむーくなった帰りに入って帰ってくるというのがわたしの定番です。

特にわたしは設備が整った公共浴場施設というより、秘湯が好き。なので、新しいとか設備がしっかりとか、交通が便利とか、サウナとかジャグジーなんてものは一切ございません。内湯1個にシャワーやドライヤーもなし。本当にお湯を楽しむという感じです。もちろん行くのも大変。(道が未舗装だったり細かったりします)

そんな温泉好きが行くのが「二本木の湯」です。木曽町にある日帰り温泉です。秘湯という割に、道はしっかりしているし、シャワーもドライヤーもある地元の人が通っている普通の日帰り入浴できる温泉という感じでした。すごいのは泉質です!ホントに地元の人がうらやましいくらいの良泉でした♡昼神から車で1時間30分。約74キロ。お風呂に入りにこんな遠出するなんて、好きな人しかわからない感覚ですよね。

場所は昼神から清内路峠を抜けて19号木曽街道を進みます。「木曽大橋」の信号で左折。途中、林業大学やせせらぎの四季を通り過ぎてしばらく行くと、、、

出てきました!今回の目的地!「二本木の湯」です!ここを左折したら後は赤い旗で「歓迎!二本木の湯」の旗があるのでそれを目印に進みます。行きたいと思っていた割に場所がどこだか分かっていないので、ホントにこんなに親切に案内のある秘湯も珍しいです。

赤い旗に誘われて車を入っていきます。道路は全て舗装されていますので、安心。ただ、冬時期は凍結もあると思うので、冬用タイヤをおすすめします。

着きました。二本木の湯です。旗のおかげで迷わず来れました。車を停めて行きます。ちなみに湯量の豊富さの証、温泉スタンドも完備!実はここのお湯は木曽福島駅近くの足湯にも使われているそうです。(「その紹介のブログ」←文字をタップすると過去ブログへ飛びます)ただやっぱり足湯の時のお湯と本場は全然違うので、ここへきて実際に入ることをおすすめします!

わたしは第二(下)に停めたけど、実は第一もありました。第一にも第二にも車が止まっていました。平日の午後なのにすごいです。しかも、車のナンバーもすごい。松本(地元)ナンバーの他にも尾張小牧、岐阜、八王子、埼玉、那覇なんてナンバーも!秘湯好きが集まっています。

長野県の安心マーク。天然温泉マークがしっかりついています。入浴は620円ですが手形を使うと安くなり、550円で入れます。回数券もあって6枚で2800円。1回466円。期限がないなら回数券もありなほどいい温泉です。他にもスキー割りなどあるっぽいので、実際に行って聞いてみてください。

ドアを開けて靴を脱いで入ると、

でたーーー!!!名湯・秘湯の認定書。ただ、症状があったからって本当に名湯かは自分で体験してみないとね。と思いつつ、いざ!

二本木の湯の特徴はとにかくシュワシュワの炭酸泉なんです。入るだけで全身に気泡がつきます。源泉かけ流し状態。源泉は冷泉なので底の方であったかくしています。源泉をすくって顔を洗うと炭酸水で洗ったみたいになります。

鉄分も多いので透明なお湯が空気に触れると赤くなるそう。行ったときはそこまで赤さは感じませんでした。シュワシュワベスト3が今回の二本木の湯と小海にある稲子湯と茅野の唐沢鉱泉。身体に気泡が付く温泉といえば今回の二本木の湯と青木村の有乳湯。

二本木の湯はシュワシュワで気泡もつくという不思議な温泉でした。わたしの秘湯ランキング10に入りました。また行きたいです。

おまけ・・・

久々のマンホール紹介です。

二本木の湯の近くにありました。日本四大関所のひとつだったという「福島関所」がデザインされています。かっこいい!

温泉巡り 諏訪・岡谷・茅野・松本

登山後温泉編:浜の湯

2017.11.14

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。これからパラパラ雨が降りそうな予報です。

昼神の紅葉もそろそろおわり。今回の雨でかなり散ってしまうと思います。もう冬ですねー!!今年は雪が多そうみたいなので、ちょっと今からゲンナリ気味です。早く春が来ないかなー。

さてさて、今日は昨日の続き登山後のお風呂編です。唐沢鉱泉には入ったことがあったので、別の温泉がいいなーと。そして岡谷から高速に乗って帰るので諏訪周辺の温泉でどこか探すことに。。。

下諏訪なら「片倉館」かなーと思いつつ、けど一回入ったことあるしなーと思いながら、手形をパラパラ。日帰り入浴1000円が半額の500円になるという旅館を発見!!!おおお!!いいじゃんいいじゃん。という事で手形使うと半額になる上諏訪温泉「浜の湯」へ行くことに。

さすが上諏訪・下諏訪温泉。規模が昼神と全然違います。上諏訪だけで300か所から1日15000リットルお湯がザブザブ出ている地域。諏訪湖の周りに大小の旅館が沢山!湯量が豊富な諏訪地域。素敵です。

ただ、諏訪の温泉は少々温度が熱めなイメージが。1日に4か所巡る(ホントは2日利用が普通なんですが、日帰りだったので1日で入ることに)公衆浴場巡りをした時はいったお風呂はぬるめでも44℃、あつめになると46℃位あるんです。地元の人は普通にあつめに入っています。わたしはそこからオーバーフローして洗い場に流れているお湯を踏んであっちー!となったくらい。びっくり。そんなイメージの諏訪湖周辺の温泉。はたして??

浜の湯のロビーで手形を出して500円。こんな日帰り感・山登りました感満載のわたしに、とっても優しく。日帰り入浴なのに着物をキレイに着ている仲居さんにエレベーターまで案内してもらい「お風呂は三階です。どうぞごゆっくり。」と笑顔で見送られました。

エレベーターはガラス張りで1階ロビーが見えるんですが、ロビーには滝みたいな水が流れていてエレベーターの周りには大きな鯉がスイスイ🐟ロビーのグランドビアノは自動演奏でクラッシックがしっとり流れていました。とんでもなく場違いな場所へ来ちゃったなーと思っているとあっという間に3階大浴場へ到着。

 

3時ごろでお風呂は誰もいませんでした。ラッキー♡

広ーい洗い場(仕切りがあって隣の人にお湯が飛び散らないです。)と内湯2つ、ミストサウナ、薬湯そして露天風呂がありました。しかもしかも、洗い場にそれぞれシャンプーリンス、ボディーソープがあるのに別に脱衣所からお風呂への通路にシャンプーバーというものが!!!5種類くらいのシャンプーとコンディショナーがずらっと並んでいて好きなものを使ってオッケーというシステム。

どうしても備え付けのやつって髪がギシギシしちゃって自分で持っていくことが多いですが、そんな心配なし!!こういう気遣い嬉しいですね。早速普段買わない高いやつを選んで(←ずうずうしい)いざー!

シャワーの水圧も問題なし。泡泡で幸せ―♡になりながらさっぱり。心配していたお湯の温度も薬湯はじっくりあったまれるようにぬるめ(38℃くらい)内湯は40℃くらい。露天は42℃くらいでした。露天は秋の風がふわーと抜けてとっても気持ちよかったので露天ばっかりいくわたし。あー極楽極楽。これでホントに500円?!すごい贅沢な日帰り入浴です。

チェックポイント②のドライヤーの風圧もしっかり強くて大満足。アメニティも充実。化粧水をたっぷり。保湿もしてぽかぽかです。お家につくまでしっかりぽかぽかでした。さすが諏訪は名湯です。

お風呂をあがるとまたまた嬉しい気遣い。諏訪の名産カリン水というものが。

八ヶ岳のおいしいお水もありましたが、カリン水をチョイス。ゴクゴク。おいしいーーーしみるー♡

ぜひ八ヶ岳登山の後は諏訪で温泉もいい感じです!

浜の湯」日帰り1000円手形利用で500円 14:00-20:00 除外日:諏訪の花火大会の日

温泉巡り 駒ヶ根市

登山後といえば日帰り温泉!

2017.10.02

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇りこの後雨予報なので、天気下り坂です。。

昨日阿智村ではキノコ狩りで山に入ったおじいちゃんおばあちゃんが帰ってこないと遭難届が出ました。村中の消防団の人や警察も朝から大捜索。朝の村内放送でわたしも知りました。キノコ狩りで地元のずーと慣れ親しんだ山への入山。ご家族はいつまでたっても帰ってこないおじいちゃんおばあちゃんをとっても心配したことでしょう。14時頃見つかったおじいちゃんは残念ながら沢で亡くなっていたそうです。まだおばあちゃんが見つかっていないので今日も役場や消防団、警察が捜索中です。観光局のスタッフでもこのおじいちゃんおばあちゃん知っているという人もいました。夜も暗くなってとっても怖かったでしょう。最近寒くなったし、お腹も空いただろうし。。ご冥福をお祈りいたします。そして早く見つかりますように。。

昼神の紅葉の様子です。

今日もまだまだ緑です。雨が今にも降ってきそうです☔

今の期間ナイトツアーはやっていません。星を見る会場へ行くゴンドラの安全点検期間中になっておりますので、会場へ行くこともできません。車で行けるのはゴンドラ乗り場までです。ご注意ください。次の開催期間は10/7-10/21です。村内で星を見る場所でしたら標高も同じくらいの「治部坂高原スキー場」か「せいなの森キャンプ場」がおすすめです。

さてさて、今日は千畳敷から無事に帰ってきたわたしですが、山に登ったら必ずセットで行くのが温泉です。温泉大好きのいい湯ハンターが狙うは駒ヶ根早太郎温泉です。菅の台バスセンター周辺は早太郎温泉という温泉地で登山帰り気軽に日帰り温泉に行ける施設やホテルが沢山あります。

さーて今回はどこへ行こうかなーと手形を見てみると駒ケ根高原リゾートリンクスが大人半額350円となっている!早速リンクスへ手形をもっていくと「今日は混んでて手形入浴できないんです。」と、、、まじかーー!

そうなんです。手形は特に宿泊施設の場合宿が混んでいるときは利用できない場合もあります。わたしも何回も手形を販売する時にお客さんに言っているのに、自分もなるとは思わなかったww行く前に確認しましょう。がっかり感が半端ないです。

気を取り直して駐車場で他に入れるところを探します。リンクスみたいに宿泊施設の場合は千畳敷の紅葉で混んでて入れなさそうだなー。しかも、時間ももう15時過ぎてるし。時間外になっちゃうなーと諦めて手形入浴じゃなくて普通に日帰り温泉行こうかなーと思ったその時。(手形を持っているとなかなか定価で入りたくないと、どうにか安く入れるところはないかとムキになりがちww)「早太郎温泉こまくさの湯」大人100円引き!というのがリンクスの前のページに!早速こまくさの湯が定価がいくらになるかHPでチェック。610円が100円引きになるので510円で入れることが判明。

マイルールですが、日帰り温泉は500円が基準で上限800円までと思っているので(なんとなくですが)510円なら許容範囲。早速こまくさの湯へ。

場所はバス乗り場のすぐ横でこんな近くにあったのかー!!!と思いました。駐車場には完全に「千畳敷の紅葉見た後に来ました。」みたいな県外の車が沢山。手形をもって510円で入館。脱衣所は広くて少し混んでいましたが、全然まだ余裕な感じでした。お風呂は内湯でジェットバスと薬湯と種類も多い!しかも、シャワーはボタン式じゃなくてひねってお湯を出す式。最高。

そして気に入ったのが露天風呂。今まで登っていた千畳敷が見えるんです!!!ナイスビュー!めっちゃいいじゃんココー♡と露天で千畳敷を見ながらボーとしました。露天は広くて少しぬるめになっていますが、千畳敷が見える奥の方はお湯がダバダバダ出ていてあったかいです。熱めが好きで千畳敷が見たい方は奥の方まで入っていきましょう。わたしはもちろん奥で千畳敷を見ました。雲が出てきて夕焼けみたいになってきてきれいでした。

駒ヶ根は千畳敷も日帰りも含めでとってもいい感じでした。今度はホテル千畳敷とかに泊まって朝とか夜に千畳敷にいたいなーと思いました。

木曽方面 温泉巡り

いいお湯編:せせらぎの四季

2017.08.31

こんにちは、観光局です。今日の昼神はくもり☁です。気温は昼神23℃浪合19℃でした。

本日のナイトツアーは2部営業です。会場はヘブンスそのはら

1部チケット販売 17:15より 上りゴンドラ17:30-19:30

2部チケット販売20:45より 上りゴンドラ21:00-22:00です。

日帰りの方は予約制ではありません。先着順の当日チケット売り場へ並んで購入のみになりますので、お気を付けください。当日行かれる方はご注意ください!列に並んでも先着順の為上に行けない場合もあります。ヘブンスそのはらHPで詳しい混雑状況などを確認することができます。

今日で8月終わりですね。トンボがとっても多くなって浪合は夜とっても涼しくなってきてしまいました。

今までベランダから見えていたトウモロコシ畑が、昨日朝カーテンを開けたらキレイに収穫されていて、土と茎のみという感じになっていました。あーもう秋になっちゃうのかなーと寂しさいっぱいです。

最近の夏は8月がとっても天気が悪くてザ・夏!を実感する間もなく過ぎている気がします。6月に暑くなりますが、山は6月じゃまだまだ雪が残ってるし。。9月の残暑と言っても7月8月のような元気のいい夏って感じじゃないし。。。あー寂しい。そして気づけば今年も半分以上過ぎてしまったんですね。。残り4か月しかない。わたしは夏が好きなので、8月が終わるともう次の夏まで長いなー早く夏来ないかなーという気分になります。このブログでも紹介していますが、夏山シーズンも残り1か月。9月は他にも予定が盛りだくさん過ぎてなかなか行けなそうです。北・南アルプスは10月から冬山になってしまい、わたしのレベルでは近づけません。今年から南アルプスデビューしたのでもっと行きたい山が沢山あったのに来年に持ち越しです😢来年は泊まりで山にこもろうと思います🌄来年のブログはもっと夏は山だらけになっちゃいそうです。(その分他の季節は普通のブログになるように平地でも頑張りますね)

さて、そんな今日は久々に日帰り温泉に行ってきたのでご紹介します。

木曽温泉「せせらぎの四季(とき)」です!

ここは昼神温泉より車で1時間25分。大好きなドライブルート19号で木曽街道を松本方面へ進みます。道の駅も何か所もあるので1時間以上のドライブでもとっても楽しいです。途中木曽福島に寄り道したりしていきました。19号の「木曽大橋」という信号で左折。361号へ入っていきます。少し行くと信州木曽看護専門学校や長野県林業大学校(さすが山ばっかりの県長野県らしい学校!)などが左側に出てきます。林業大学を過ぎるとすぐ左側に新しい建物「せせらぎの四季」が出てきます。

駐車場には温泉スタンドが完備!温泉好きなわたしの勝手な考えなんですが、温泉スタンドがある施設はほぼほぼいい温泉です。なんでかというと、温泉スタンドは湯量が豊富じゃないとそんなことできないからです。県内でわたしが入ったことある温泉スタンドがある所は、上田市のささらの湯とか坂城町のびんぐしとか小海町の八峰の湯とかなんですが、どこもスーパーいい日帰り温泉施設です。青木村の田沢温泉なんて豊富すぎちゃってシャワーもかけ湯もぜーんぶ温泉です。長野県内って本当に温泉の宝庫!

ということで、駐車場に入った段階で「ここは良い温泉施設だな。」と経験上お湯に入る前からわくわくするわたし。

施設は最近できたのか、とっても新しいです。入浴料は700円。日帰り施設にしては少し高い。ただ、物見湯産手形だったら100円引きです。あと木曽の道の駅に結構割引券100円引き券があるので、手形がない方は道の駅を回って割引券をゲットしてくるのがおすすめです。

日替わりで男湯と女湯が入れ替わるみたいです。きれいな脱衣所でしたが、結構混んでいる。

さーてどんなお風呂かなーとワクワクしながら入ると、さすが木曽の温泉。入った瞬間に大好きなヒノキの香りが♡内湯は木曽ヒノキを使った大きい内湯。

しかもお湯が茶褐色。冬に同じく木曽にある「ホテル木曽温泉」にも手形で入りに行ったんですがそこと同じような茶褐色でした。木曽は御嶽山が近いから同じような泉質なのでしょうか??

温泉の泉質でお湯が空気に触れると成分の鉄が反応して赤っぽくなるみたいです。(ホテル木曽温泉は成分が強いみたいで塩の結晶みたいなのがすごいです。)

せせらぎの四季も床が見えない程の茶褐色。手すりにつかまりながら入りましたが、内湯はあつめ多分42℃くらいのお湯で少し入っているだけで汗がじわーと出てきます。露天は少し温度が低いみたいなので、せっかくなので空いてる瞬間を狙って入りました。39℃くらいのぬるめで気持ちよかったです。入っていると次々にお客さんが。。。隣のおふたりは名古屋からわざわざ来ていたようで「名古屋じゃこんないい温泉ないよね。お湯もだけど、空気も全然違うねー。ホントに浄化されるようだよねー。」とお仲間同士でお話されていました。

長野県の温泉の虜になってもらえて嬉しい♡みなさん露天はぬるめなので長湯になっていました。

出るとすぐにウォーターサーバーがあってこういう気遣いもとっても嬉しい♡

あー夏の温泉も最高だねこりゃー♨と思いながら帰りにパピコを食べながら帰ってきました。温泉後のアイㇲまでがワンセットですよね!

せせらぎの四季
●入浴料金/大人700円・小学生350円
(小学生未満無料)
●入浴時間/午前10時〜午後9時まで
(最終入館/午後8時30分)
●食事処/午前11時〜午後8時まで
(午後準備時間あり、ラストオーダー午後7時30分)
●休館日/祭日を除く水曜日

です!行ってみてくださいーー♨♨