登山 阿智村内

紅葉シーズンになってきました!

2019.10.08

こんにちは、観光局です。今日の昼神はくもり。台風の進路が心配です。

今週末よりナイトツアーの秋シーズンが始まるのですが、初日の12日が台風接近予報となっています。現段階では通常運行となるようですが、台風の進路によっては運休となる場合もございます。スタービレッジのHPにてお知らせが出るようなので、チェックして頂ければと思います。(スタービレッジのHP

さてさて、今日はこれから紅葉シーズンが始まるので阿智村の山バッチが観光局で取り扱いをしています!

観光局にあるのは3種類です。

阿智村周辺の7つの山を登って全てで山頂の看板の写真を撮ってスタッフへ見せるともらえる阿智セブンサミットバッチです。こちらは非売品で7つの山を登った方のみプレゼントしています!(観光局とはゝき木館で配布しています)

7つの山を登るのに期限は無いので、過去に登っていたものでも7つ写真があればバッチをお渡ししています。

百名山の1つ恵那山です。こちらは今まで月川温泉の月川旅館と湯ったりーなでの販売でしたが、観光局でもバッチ販売しています!520円です。

そしてわたしの大好きな山の1つ富士見台高原の山バッチです。520円です。

こちらは萬岳荘と富士見台高原に咲くササユリがかわいいです。

これから富士見台高原は紅葉のいい季節になります!

岐阜県側の山が一面黄金色になるのを見ながら進み、

笹と紅葉の木を見ながら稜線歩き。南アルプスや御嶽山、恵那山が良く見えます!

山頂はこんな感じの笹が広がります。御嶽山や中央アルプス、南アルプス、白山も眺めることができてオススメです。

この山頂看板を撮ってぜひセブンサミットコンプリートしてください!

山登りの後は昼神温泉でさっぱり!

わたしのおすすめは登山口から近い月川温泉内湯・露天とあります。(600円)

昼神温泉内だったら尾張あさひ苑(550円)が内湯だけですが空いていてキレイでオススメです。

ドライブ・スポット 阿智村内

秋の園原がオススメ!

2019.10.01

こんにちは、観光局です。今日から10月。今日の昼神は晴れ。今日も秋晴れです。気温が相変わらず高い。風が吹けば涼しいですが、気温は28℃くらい。今来ている台風が過ぎたら涼しくなるのでしょうか??秋ってこんなに暑かったっけ?と思うような温度です。

ナイトツアー秋シーズンは10月12日から始まります。秋は空気が澄んできますので、星空観賞にもオススメ。そして冬程気温も低くない(それでも10℃程になります)ので秋はぜひ阿智村へ星を見に来ませんか?また今の時期ナイトツアーが無いので星が見れないんですか?とお問合せがありますが、阿智村の新スポット浪合パークでは通常通り星空観賞会を行っています!

浪合パークへの行き方(新スポットの為ナビで出てこない場合があります)浪合パークの手前に「治部坂高原ジャム工房」があります。その上を少し上がると左側に浪合パークの看板が出てきますので、進むと浪合パークの駐車場です。

予約は連休などの場合はした方がいいですが、平日などであれば直接現地へお越しください。受付は19:00-20:00です。2週間前から浪合パークのHPや電話(0265-48-8555)で予約もできます。

 

さてさて、今日は園原の彼岸花がこの時期見頃になるので見に行ってきました。昼神温泉から車で15分程ほどです。

おお!咲いてる、咲いてる!!

彼岸花はやっぱり稲刈り時期が見頃ですねぇ

網掛山と彼岸花でパチリ。

そのあと暮白の滝の滝見台の方へも行ってみました。

こちらは少し紅葉が始まっていました🍁

網掛山が良く見えます。奥に南アルプスが見えるはずなんですが、雲と一本杉の木がドーンと伸びていてあまり良く見えませんでした。。

ただ、相変わらず園原は眺めも良くてのんびりできるスポットです。虫の声と風がふいてススキが揺れていました。

グルメ・お土産 ドライブ・スポット 飯田市

しらびそ高原へ行ってみた!

2019.09.30

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。秋晴れのいい天気が続いています。朝晩は冷え込むようになってきましたが、昼間はまだまだ暑いくらい。今日も29℃くらいあります。台風が接近しているようなのでまた天気は崩れそうです。明日で10月。今年も残り3か月です。早い!この前花桃が咲いて大賑わいだった昼神ですが、夏休みが終わりナイトツアーが運休期間中で少し落ち着いた日が続いています。

次は秋シーズンが10月12日~21日となります。この期間が終わると今シーズンのナイトツアーは終了です。その後は早朝のご来光や雲海をみる雲海ハーバーへ切り替わって行きます。(10月22日~11月24日まで)また紅葉もいい時期になり、ヘブンスの三段紅葉が楽しめるようになってきます。(10月中旬から11月中旬にかけて)

さてさて、今日は近くて遠い下栗の「しらびそ高原」へ行ってきたのでご紹介します。10月14日から11月11日まで毎週月曜日は半日バスツアーの大人気コース下栗の里への特別便が運航されるので、道などの視察に行ってきました。近くて遠いというのはしらびそ高原は阿智村の隣の飯田市にあるので、飯田市へ行くのはスグですが、しらびそ高原まで行くのは車で2時間ほど。飯田市へ入ってからが遠いのです。

くねくねの細い道をひたすら登って1900mまで車で一気に登ります。

登った先には南アルプスの南部の山が望めるしらびそ高原に到着です。阿智村が29℃でしたが、しらびそ高原は19℃ほど。標高も高く涼しい秋の陽気でした。

天気が良く遠くの山も良く見えました。

だいぶ分かりにくいですが、伊那の山の奥が中央アルプスでその奥にうっすら北アルプスの槍ヶ岳が見えました。数日前に槍ヶ岳に登ったばかりなので、あそこへ登ってたんだなぁとなんだかしみじみしました。ホントに自分が登ったのか不思議なくらい遠い山です。(現在激しい筋肉痛なので、ホントに登ってます)久々の3000mで初めての槍ヶ岳でしたがかなりかっこいい山でした。

しらびそ高原から見る南アルプス南部の山です。どっしり。全て未踏の地

左から荒川前岳と一番右のとんがった耳二つが聖岳と光岳です。かっこいい。

しらびそから下ってお昼にしました。道の駅遠山郷の横にあるご飯屋さんがジビエ料理があるという事で行きました。「食楽工房元家」さんです。道の駅の端っこにあります。

入って行くと大将の元気な声が!「お好きな席へどうぞー!」と言われてメニューを見ます。

お昼はご飯とお味噌汁お代わり自由です。

色んなサイズのお茶椀がどっさり。

遠山郷といえばジビエでしょう。わたしは鹿肉が好きなので鹿カツレツ。一緒に行ったガイドさんは鹿味噌グリル定食にしました。

夜は居酒屋でやってるみたいです。

数分待つと

奥さんが「はーい味噌グリル定食ですー。鹿肉だから、かたかったら、ナイフで切ってくださいねー」と持ってきてくれました。柚子胡椒がきいていました。お肉は全然固くなかったです。

わたしの鹿カツレツ。鹿おいしい!やわらかくて最高です。獣臭さ全くないです。鹿肉は栄養も抜群!牛肉や豚肉と比べるとカロリーは3分の1、脂質は80分の1、鉄分は豚肉の4.6倍、鶏肉の9倍以上です。また、アミノ酸やミネラルバランスも優れ、ビタミンAも豊富です。青魚に多く含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)も摂取できる総合栄養食なのです。

さらに美味しい。近くにあれば完全に通っていますが、なんてったってそこまで行くのに2時間かかる。なかなか簡単には行けません。

お会計の時に大将に「美味しかったです!全然かたくないんですねー」と言うと「ありがとうございます!嬉しいなぁ下処理とかで柔らかくなるようにしてるんですよ。」と話してくれました。ご飯とお味噌汁お代わり自由だけど普通に1杯だけでしたが、トラックの運転手さんとかいっぱい食べられる人は嬉しいサービスです。

ぜひこれから紅葉のしらびそ高原と鹿肉がおいしい元家にも行ってみてください。隣のかぐらの湯もおすすめです!

食楽工房「元家」・・・〒399-1311 長野県飯田市南信濃和田456-1

定休日:火曜日 TEL0260-34-2501

 

また下栗の里へは道がかなり細くカーブが多いので昼神温泉発着のバスツアーもおすすめです。今年の下栗の里へのバスツアーは去年道の崩落で行けなかったしらびそ高原とお昼は殿町の茶屋のおばあちゃんたちが作る特別下栗弁当を準備して頂けることになりました!ぜひご予約下さい!!

予約はこちら

温泉巡り 諏訪・岡谷・茅野・松本

下諏訪温泉の銭湯へ行ってみた

2019.09.21

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り、台風が接近中なので、空はどんより。雨が降りそうで降らない微妙な暗い日となりました。夏場の暑さはどこへやら。セミの声もしなくなり、川の音が涼しさをより一層引き出しています。スタッフの服装も半袖から長袖へ変わり始めています。10代の子だけは今日も半袖で出勤。若いです。

 

さてさて、今日は温泉好きのわたしが前から気になっていた銭湯へ入りに下諏訪まで行ってきたのでご紹介します。

下諏訪までは昼神から車で高速利用で1時間20分程。飯田山本から岡谷まで利用して行きました。

下諏訪温泉の菅野温泉です。「すがの」じゃなくて「すげの」と読むみたいです。

下諏訪といえばぬるめが42-3℃くらい。熱めになると46℃くらいのかなり高温の温泉です。下諏訪の温泉を色々入ってみましたが、非常に熱くて熱めなんて入ろうとした日には浴槽からあふれて洗い場へ流れてきたお湯で足がアチ!となって湯船に入れなかったくらいです。

そこへ地元の人は普通に入っているのでびっくりです。

さぁ今回の菅野温泉はどうでしょうか?

まず場所ですが、ここは非常に分かりにくいです。諏訪大社の秋宮の近くです。秋宮から下り坂を下って行くと「大社通り」という信号のある交差点があります。そこを秋宮を背にして進んだ場合右折。

ちょっと行くと町が運営している「四つ角駐車場」があるのでそこへ車を停めて行きます。

この有料駐車場菅野温泉の駐車場も兼務しているので、温泉利用者は無料です。

まず、車を停める前に受付のおじさんに温泉に来たことを話します。

すると車のナンバーを聞かれて紙をもらえます。

この紙を持って温泉へ行きましょう!

駐車場をぶった切るように温泉へ行く道があります。地元の人は洗面器とタオルとシャンプードレッサーを片手に持って小道へ行きます。

 

人しか通れない道。民家の間を通って進みます。

すると完全に温泉の入口だとわかる「ゆ」ののれんが登場します。

レトロすぎる廊下というか、通路が登場。

(ちなみに車で来ない人は奧の明るい方から入ってくることもできます。)

レトロ感満載でワクワク。ガラガラーと引戸を開けると目の前には番台と入って左右に靴箱。チケットを券売機で買って番台に出す仕組みになっています。

大人230円。子ども110円。

高級なチョコ並みの安さ。しかも5:00―21:30。さすが下諏訪。地元の人はみんな自宅ではお風呂入らないのでは?疑惑。

おばちゃんに券と駐車券を出してスタンプを押してもらいます。(駐車券は温泉のスタンプがあるものを帰りに持って行くと無料になります)

ロッカーとレトロすぎるマッサージのイスとこれまたレトロなパーマかける椅子?がありました。

貸切ではなかった為ここから写真がないです。

そのレトロ感満載な休憩スペースを過ぎると脱衣所。広くて銭湯の定番籠編みのカゴ発見。(このレトロなカゴ、もしくはケロリンの桶ががある銭湯はいい温泉だと勝手に思っています。)服を脱いでいざ!

真ん中に小判型の浴槽が1つ。小さなタイルが敷き詰められた本当にレトロな銭湯です!最高。

浴槽の両サイドに洗い場があります。シャンプーやリンスなどは無いのでご持参ください。地元のおばあちゃんたちがのんびり入っていました。

温度は嬉しい41-2℃。凡人でも充分に入れる温度で嬉しい。

壁にはモザイクタイルで洋風なお城と山と湖が描かれていました。

シャワーはひねる式。水圧も問題なし。カランは押す式の為押している間しかお湯が出ません。そしてカランが1つに赤いマークと青いマークの所があってお湯と水なのかと思って両方試してみましたがどちらもお湯でしたww

 

みずは水道1箇所のみです。

レトロでかわいい。泉質は下諏訪温泉のツルっとしたお湯です。

ドライヤーは1回10円みたいです。(が、おばあちゃんは普通にそのまま使っていました。地元ルールなのかも。。)

そして、脱衣所にボトルキープ並みに地元の人のマイ桶&シャンプーリンスセットが棚にずらりと並んでいました。

安いし、レトロでかわいいし、泉質もいいし、何より温度が普通に入れる温泉でした。ぜひ温泉好きの方行ってみてくださいーー!

菅野温泉:https://shimosuwaonsen.jp/item/751/

住所:長野県諏訪郡下諏訪町大社通3239-1

ドライブ・スポット 中川村

無料のキャンプ場。眺めがよすぎる!

2019.09.13

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り。最近台風が過ぎてから暑くなったり、涼しくなったりを繰り返しています。今日は久々に涼しい日で30℃をきっています。朝は浪合は19℃でした。

ナイトツアーも夏シーズンは残りわずか。9月23日までです。24から一回運休期間に入って秋は10月12日から21日までとなります。

さてさて、今日は車で簡単に行ける眺めがいいところをご紹介します。

中川村の陣馬形山のキャンプ場です。無料でキャンプが出来て眺めも良くてトイレや水道もキレイという事で県外からの車が沢山来ていました。

お昼ごろ着いたら絶景ポイントでテントを張る人が。

キャンプ場を抜けて階段を上って行くともう山頂です。高低差はほとんどなくわたしはビーサンで行きました。

すぐに到着。山頂です。皆さんのんびり楽しんでいました。

中央アルプスには雲がかかっていましたが、伊那谷の田んぼは稲刈り前でパッチワークのようでした。ベンチに座って持ってきたお昼を食べながらのんびり。

反対側の南アルプス側は仙丈ケ岳に北岳、間ノ岳が見えていました。 一番近くに見える塩見岳は雲の中。お昼を過ぎると雲がどんどん湧いてきてこの写真を撮った数分後には仙丈ケ岳も雲の中へ入ってしまいました。

 

ただ、陣馬形山はぽかぽか陽気でススキがゆらゆらトンボが気持ちよさそうに飛んでいました。

こんなに簡単に中央アルプスと南アルプスが楽しめるキャンプ場はここだけでしょう。キャンプしなくてもお昼を食べに寄ったり、夕焼けや日の出も見るのも良さそうです!

トイレもふるさと納税のお金でとってもキレイに新しくなっていました。トイレットペーパーの芯は最後のひとがお持ち帰りください。無料なのでキャンプをする人が各自最低限のマナーを守って欲しいなぁと思います。(わたしが使った時は芯が普通に放置されていました。他のトイレも見てみたら芯の放置があったので3つほど回収してきました。)

詳しくは陣馬形山キャンプ場HP・・・https://www.vill.nakagawa.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=11422&i=12728

 

登山 駒ヶ根市

夏山登山:宝剣岳~伊那前岳②

2019.08.30

こんにちは、観光局です。今日も昼神は雨です。毎日毎日不安定な天気です。九州地方では大雨による被害も出ているようですが、皆様の地域は大丈夫でしょうか?昼神温泉は阿智川が増水して濁っているくらいで、ナイトツアーなどは平常通りの運行となっています。

ナイトツアーは9月23日までで夏シーズンが終わりで、ゴンドラの安全点検期間に入ります。その後秋シーズンは10月12日から21日までとなります。22日からは雲海ハーバーに切り替わります。星が有名なので、「雲海なんて・・・」と思うかもしれませんが、個人的には星よりも雲海の方が感動するし、キレイでオススメです!そして雲海ハーバーはご来光、雲海、三段紅葉と3つも楽しめるのです!!しかも、星は見れる確率がかなり低いですが、雲海は60%越えです。ぜひ秋の昼神温泉へもお越しください。

 

さてさて、この前の登山の続きです。稜線をのんびり進んで到着。

南アルプス方面は雲が上がってきてしまいましたが、登ってきた宝剣岳、千畳敷カールはめちゃくちゃいい眺めです

最高です。しかも、みんな木曽駒ケ岳へ行くので、伊那前岳は人がほとんどいません。千畳敷カールからも2時間くらいあれば登れるので個人的にはここの方が木曽駒ケ岳よりも好きです。

ここでお湯を沸かして早めのお昼とします!お湯が早く沸くように水筒に熱湯を入れてきたので、のんびりする暇もなく沸騰。

間違いなくおいしいやつができあがりーー!うんまー!やっぱり山で食べるご飯おいしいなぁ。山でシーフードって最高!

この後はただひたすらにのんびり。木曽駒ケ岳へもここからすぐですが、もうお腹いっぱいになったら登らなくていいやーみたいなテンションになり、完全に怠けるわたし。

永遠に見ていられる景色に癒されました。真夏でも涼しいので陽射しが弱まれば快適です!

1時間くらい怠けたらロープウェイが混む前に下山開始です。

下り始めると雲が一気にカールを登ってきます。しかも、小学生以下のお子さんがいるファミリーも多く渋滞気味です。また午後になったも登る方が多いです。

午後になると天気が一気に変わりやすくなり、雷や大雨など危険も高まります。午前中から行動開始すればいい眺めは見れるし、空いてるし、気温も低いので登りやすいです。

そして、下りは自分が遅い場合は広いスペースがあるところで、後から来る早い方に道を譲って先に行ってもらった方がいいです。遅い方が慌てて焦って下ると捻挫や落石、更に滑落などになったら大事故です。

よけてもらえないので、のんびり写真を撮りながら下ります。

夏の時期はお花畑がキレイなので、本当にオススメです。

ぜひ可憐な高山植物と夏山を満喫しに行ってみてください。

これからの時期は錦の絨毯になる千畳敷カールもオススメです↓(千畳敷の見頃は9月中旬から10月上旬ごろ)

 

登山 駒ヶ根市

夏山登山:宝剣岳~伊那前岳①

2019.08.28

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。昨日から大雨となっています。お盆に台風10号がきたあとめっきり涼しくなってきている昼神です。

数日で9月です。一番忙しい今月ももうすぐ終わりです。今年のナイトツアーも9月23日までと10月12日から21日までとなりました。

されさて、今日は夏山登山でお花畑の千畳敷へ行ってきたのでご紹介します。千畳敷カールはお花畑派と紅葉派に好みが分かれるんですが、わたしは断然お花畑派です。千畳敷カールまでだったら登山をしたことない方でも気軽に行けるのでおすすです。

(現在はお花畑から秋山の紅葉へ移行しています)

早速目指すは駒ケ根ロープウェイ乗り場です!車両規制されているので、駐車場まで行ってバスに乗り換えてロープウェイに乗り換えます。昼神から「菅の台バスセンター」を目指して行きましょう。朝早いので下道でも空いていて1時間くらいで着きました。

時期にもよりますが、夏の土日などは5:15からバスが出ています。わたしは平日だったので始発が6:15でした。6時前に行きましたが、駐車場も空いていて、バス待ちの列も短くてラッキーでした。

バスでしらび平まで向かいます。ロープウェイの往復2490円とバスの往復1640円です。駐車場は800円です。

しらび平からロープウェイで8分で千畳敷カールです

さすが真夏日!雲一つない快晴で最高な日に来れました。目の前にはカール振り返れば伊那谷に雲海と南アルプスの稜線がどーーん!富士山の頭がチラリです。

朝はこんな景色が見れますが、10時頃には雲海が消えてしまいます。そして昼頃には雲が湧いてきて南アルプスや富士山は見えなくなってしまう可能性が高いです。なので、千畳敷に行く場合はとにかく早めがオススメです。(人も少ないので写真も撮りやすいです。)

1年ぶりのお花畑に癒されまくり。千畳敷まで上がれば山頂まで行くのはスグなので、お花畑を堪能します。本当に天国。

今年はコバケイソウ(左の白い花)の当たり年みたいで、沢山咲いているのを期待したのですが、8月に8月ではほとんどの終わりかけていました。

コバケイソウは毎年咲かず、3年から4年に1回しか咲きません。貴重な高山植物を何とかギリギリ見られたのでラッキーです。

夏休みなので、家族連れの登山者の方が多かったです。

小学生でこんないい景色見れたら間違いなく山好きになるなぁーーと思います。皆さん八丁坂から乗越浄土へいくルートで登って行きましたが、わたしは混雑を避けて極楽平ルートで行くことにしました。(こちらのルートは途中宝剣岳の岩場ルートを通るにで初心者の方はやめた方がいいです)

人がいないので、静か。えっちらおっちら登って行きます。陽射しが真夏です。汗ダクダクで40分くらいで稜線へ

稜線へ出ると御嶽山が雲から出そうで出ない状況になっていました。御嶽山方面もいい天気です。

ここからはなだらかな稜線歩き。登山開始1時間くらいでもう稜線歩きができるのはさすがお手軽な中央アルプスです。

振り返るとずーと空木岳方面へ続く稜線が。最高な眺めに全く進みません。

眺めも良くて結構いい山らしいと噂の三ノ沢岳。かっこよすぎる。

稜線をテクテク歩いて宝剣岳へ挑戦します。

こちらの岩だらけのイケメンな山です。奥は中岳と木曽駒ケ岳がどっしり。

この宝剣岳は岩場です。ヘルメット推奨の山であり、かなりの高度感があるので、初心者の方は登らないほうがいいです。

わたしの前でもカップル2人が登って行きましたが、途中で怖いとなり引き返していきました。

岩場が好きな方はかなり楽しいと思います。ヘルメットをしっかりつけてワクワクで登って行きました。印もたくさんあるし、足場もしっかりしています。

途中の岩場では足元にさっきまでいた千畳敷ホテルと左側にはカールにいたときは見えなかった南アルプスの横(左側)に八ヶ岳と見切れてるけど浅間山も見えました。富士山には早くも入道雲が発生。これ以降富士山は見えなくなってしまいました。

岩場を登って振り返るとさっきまでいた稜線と三ノ沢岳奥には恵那山もどーん。本当にいい天気です。えっちらおっちら山頂へ到着ー!

その後宝剣山荘の方へ降ります。

山荘前で天狗岩どーん。天狗というよりゴリラ感が強いと勝手に思いました。のんびりおりて宝剣山荘で休憩。

雲が少し出てきました。お昼を伊那前岳で食べる為次の山へ行きます!

今回の最終目的地伊那前岳までの稜線。雲がどんどん湧いてきて南アルプスが見えなくなりました。本当に夏山は変わりやすいです!山はとにかく午前中が勝負です。

 

さぁお昼はどうなりますか。。。(続く)

ドライブ・スポット 木曽方面

穴場!柿其渓谷!

2019.08.03

こんにちは、観光局です。今日の昼神は晴れ。真夏日です。毎日暑いですね。熱中症などに気をつけください!

昼神は夏休みという事で多くのお客様がお越し頂いています。旅館も18日頃まで満館です。一年で一番忙しいこの時期は部屋数が倍あってもお部屋が埋まってしまうほどです。

ナイトツアーは最近夕方の雷雨の影響で1部よりも遅い2部の方が星が見えているようです。ナイトツアーのチケットも2部の方が余っているので、遅い時間の方がオススメです。

今年からチケットは完全予約制になっています。こちらのネットからご予約お願いします。→ナイトツアーチケット

(昼神のオフィシャル旅館でお泊まりのお客様は旅館で手配もできますので、宿へご相談ください。日帰りのお客様はネットでご予約下さい。)

※一度ネットで取ったチケットは時間の変更やキャンセルの払い戻しができませんので、ご注意ください。

 

さてさて、今日は毎日暑いので、こんな時こそ木曽の渓谷へ行ってきました。渓谷といえば阿寺渓谷が有名ですが、去年から阿寺渓谷は一般車両の進入が禁止になり、行く場合は駐車場代やシャトルバス代がかかります。なので阿寺渓谷には行かず、穴場の昼神に近い柿其渓谷(かきぞれけいこく)へ行ってみました。

昼神から柿其渓谷までは車で1時間ほどです。グーグルマップで調べて行く場合は、渓谷の手前の「渓谷の宿いち川」という宿をめがけて行くといいかと思います。

19号から柿其渓谷の矢印を辿っていけば行けると思います!

「きこりの家」という建物の向かいに駐車場があるので、そこに停めがちなんですが下に駐車場があるので、下まで車で降りて行くのがオススメです。(わたしは間違えてそこへ停めてしまって大変でした)

オレンジの屋根がグーグルマップで調べる時に便利な「渓谷の宿いち川」です。

降りて行くとトイレと駐車場がありますので、ここへ停めてください。きこりの家の前の駐車場だと帰りにかなり急な坂を上って行かないといけないのでせっかく渓谷で涼しくなったのに汗だくになります。(わたしはなりましたww)

駐車場からいい感じの杉の木の林を抜けると「恋路橋」という吊り橋が出てきます。

結構揺れるのでお気を付けください。看板に「吊り橋は揺れるものです。揺らすものではありません。」という名言があります。

その通り。揺らさずに揺れながら進みましょう。

渓流釣りをしている人がいます。釣れてるかな?

橋を渡りきると看板が出てきます。「牛ヶ滝←」の方(川に沿って)進んでください。

歩道が川沿いに整備されていて歩きやすいです。渓谷をデッサンしているオシャレなおじさんもいました。

わたしが行った時は渓流釣りの人とこのおじさんくらいしかいなかったです。本当に穴場。

進んで行くと恐ろしく透き通った渓谷が。

流れが緩やかで浅い所があるのでザブザブ入りました。涼しい。天国でしょうか。

渓谷の音と風がスーパー癒しです。最高。

阿寺渓谷はコバルトブルーですが、柿其渓谷はエメラルドグリーン系です!

しばらく渓谷沿いに歩いて一番上にある牛ヶ滝を目指して行きます。初めて行った時はちょっとヤバそうな木の階段でしたが、全部キレイに改修されていました。

が、岩を階段を登って行ったり、急な階段なのでビーチサンダルはやめた方がいいと思います。

汗が出てきた位に展望台へ到着。

絵の具を溶かしたような渓谷に迫力のある牛ケ滝が見えました。

ただ、この展望台まで上がるのは結構大変なので、普通に涼みたい方は手前の所くらいでヒンヤリするのもオススメです。

水温が低い&岩が多いので岩場から飛び込んだりするのは危険です。足をつける位がいいかと思います。

ドライブ・スポット 伊那市 地域別

伊那のあじさい寺へ行ってみた!

2019.07.22

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。もうすぐ梅雨明けしそうでようやく、週間天気にはお日様マークが出てきました。嬉しい!!

さてさて、そんな梅雨時期にぴったりの場所へ行ってみました。(偶然)

久々に木曽の方へドライブに行って帰りに権兵衛峠を越えて伊那へ戻ってきたんですが、その途中に「伊那のあじさい寺」深妙寺に行ってきました。前から看板が道路沿いで場所は知っていたんですが、アジサイシーズンで通るのは初めて。

道からでもかなりの量のアジサイがあって思わず立ち寄りました。

伊那西部広域農道沿いにあります。(かんてんぱぱと同じ通りです)権兵衛峠から降りてきて初めての信号を右に右折。

かんてんぱぱへ向かう途中の左側にあじさいモリモリの場所が目的地の深妙寺です。お寺の駐車場へ入る道が細いので通り過ぎないように注意です。(わたしは一度通り過ぎてしまい、セブンイレブンでUターンして再トライしました。)グーグルマップで「伊那 あじさい寺」でも出てきます。かなり有名なお寺みたいです。

めちゃくちゃ広いお寺の駐車場がありました。有名なのにわたしの車以外2台だけでした。

階段を数段あがるとお寺があります。アジサイはこのお寺の裏側です。

「あじさい園→」と案内があるのでそれに従って進んでください。

アジサイ満開!

珍しい赤いアジサイも!

大量アジサイ

白いアジサイ。あじさいって日本原産お花ですが、このオシャレな白いものは海外からの逆輸入でしょうか。。オシャレです。

なんか最近はアジサイって言わずに英語の「ハイドランジアまたはハイドレインジャ」と呼んだりするそうです。(英語表記はhydrangea)日本原産の花なのに英語で言うとは・・・もう何が何だか分かりませんが、オシャレって事でしょうか。

こちらも品種改良されたあじさい。こちらもオシャレ。ハイドレンジアです。アジサイの日本と外国のハーフでしょうか。。

青系が多めです!きれいーー!テンションあがります。シャッターが止まらない。

小道が整備されていて歩きやすいです。小道が沢山あるので、回ったりショートカットしたり、回り込んだり、下ったり、のぼったりできます。

しかも人が全くいません。ほぼ貸切でゆっくり見れます。こんなにたくさんのアジサイが貸切で見れて本当にラッキーでした。道がすぐ横にありますが、あんまり車の音気になりません。

農道から見た一番車道に面しているのもキレイなので、ぜひ奥まで行って欲しいです!

あじさい祭りは終わっていますが普通に見頃です。アジサイは開花期間も長いのでそこもオススメ。

とにかく量が多くてどれもしっかりお手入れされています。

まだまだ楽しめそうでしたので、ぜひ行ってみてください!!

深妙寺・・・〒399-4431長野県伊那市西春近小出3160
TEL0265-72-5070

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪登山:乗鞍岳3026m②

2019.07.20

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り雨。本日もどんよりしています。この週末はまだまだお天気悪そうです。今日明日とヘブンスそのはらではイベント日です。ナイトツアーというよりイベントが強くなりますので、もし星を見に行きたい方(と言っても天気が悪そうなので見えなそうですが・・・)浪合パークでの星座鑑賞会がオススメです。

7/20・21のヘブンス園原でイベント情報はこちら→ヘブンスそのはら

浪合パークでの星空観賞情報はこちら→浪合パーク

さてさて、先日の登山ブログの続きです!

やっとこ汗だくで稜線に出たわたくし。

ここから雪が無いので夏道をズンズン進みます!

そしてやっとこ剣が峰(山頂)までつきました!山頂へ行くとワンダホーな御嶽山がどーん。同じ時に登ったご夫婦が「あの雪かぶってる山何かなーー?」と御嶽先輩を知らなそうだったので、「御嶽山ですよー」と紹介しておきました。

御嶽山って見る角度によって山の見え方が違うので分からない人が結構います。

多分御嶽山といえばこの形↓

なんですが、乗鞍から見ると山を写真の右横を見ることになるので

乗鞍の左側にこのような形にで見る感じになります。横長ドーンな形がすきなので、確かにこの形に違和感はありますが、乗鞍から見る御嶽先輩はこの形です。かっこいいぜ。御嶽山

ちなみに、北アルプスは

こんな感じでド迫力でした。最高です。山頂に鳥居と神社があるのですが、その裏に行くとこんな感じで北アルプス連峰がどーん。

しかも、建物の陰で風が無いのでポカポカ。最高。

登山口から1時間ちょいくらいで山頂なのでお手軽すぎ。これで長野県内の3000m峰15座のうち2座目のゲット。(仙丈ケ岳と乗鞍岳)

3000mの山で一番簡単なのが今回の乗鞍岳だと思います。夏になったら初心者の人でも小学生でも普通に登れると思います。

残り13座。結構ありますがマイペースに攻略していきたいです。その他の山は御嶽山以外日帰りでは厳しそうなので、なかなかハードです。

ちなみに100名山は28座が長野県と近隣の県にまたがっています。こちらは11座ゲット中。こちらもまだまだ先は長いです。

山頂で延々ボーとしていましたが、バスの時間もあるし、雷鳥も見たいのでそろそろ下山します。

下りは登りで急斜面だったところを下るのでかなり怖いです。残雪期はトレッキングポールがないとかなり怖いです。わたしはポールがあっても滑って下まで落ちるかと思うほどでした。

こんなに下ってきたなぁと振り返ると彩雲がチラリ。めっちゃラッキーでした。山の神様ありがとうー!!

その後雷鳥を探しましたが、真っ白い羽根を広げてハイマツの中へ消えて行った後ろ姿しか見えず。。。雪がズボズボで探すのもかなり大変だったのでまた来年のお楽しみにしました。

下りは昼過ぎでしたが、結構登ってくる初心者風な装備の登山者がチラホラいました。ゲイターもしていないので、雪解け水が川となっている登山道で足がガッツリ濡れていました。靴もスニーカーでめちゃくちゃ心配になりました。

山は自己責任です。おまけに日が長くなっているとはいえ昼から登るのは少し危険な感じです。早着早出が山の基本ですので、安全登山をお願いします。

ザクザク大雪渓を貸切で下って行きました。登りあんなに苦労したのに、下りは楽しかったです。ソリを持ってくれば一気に下れたのになぁと思いつつ。。

バックカントリースキーの方が稜線から一気に大雪渓まで下っていてすごいかっこよかったです。が、板を担いで登る元気がないので、わたしは絶対やらないなぁと尊敬のまなざしで見ておりました。

バスの時間まで30分位あったので、雪の壁を見に行ってみました。富山県の黒部アルペンルートが有名ですが、乗鞍の雪の壁もなかなかの壁具合でした。

無事に駐車場へ下山完了。

下は新緑満開で、目の前の山が黄緑のタスキをかけていました。この後は下山後の楽しみ温泉です。今回は事前に調べていた無料の源泉かけ流しの温泉へ行ってみました。

駐車場から徒歩3分程川を渡って砂利道を進むとお目当ての「せせらぎの湯」の看板が。

ここにも書かれていますが、バス停横のスペースを駐車場として勝手に利用している人がいるようです(わたしが行った時も県外ナンバーの人が無断駐車していました)せっかく無料なのにこういう方が多いと地域の人も封鎖もしくは有料となってしまうのではと悲しくなりました。めちゃくちゃ近いのでぜひ駐車場は正しい場所へお願いします。

こちらがせせらぎの湯です。見かけは完全に小屋!しかもかなり小さめ!

混浴ではなくて、わかれているので女性も安心です。

洗い場はなく、とってもシンプル。湯船があるだけ。

シャンプーなどの石鹸類の使用は禁止です!(これも書いてありますが、無断駐車の女性グループはがっつり泡だらけで悲しくなりました)

泡泡2人があがり貸切になりました。

源泉かけ流しの乳白色の温泉です。これが無料!最高!しかも、川のすぐ横でまさにせせらぎの湯でした。

本当にオススメですので、ルールを守って気持ち良く利用してみてくださいーー

乗鞍岳も登りやすくてこれからお花畑シーズンになるので、ますますオススメです!!