ドライブ・スポット 伊那市 地域別

伊那のあじさい寺へ行ってみた!

2019.07.22

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨。もうすぐ梅雨明けしそうでようやく、週間天気にはお日様マークが出てきました。嬉しい!!

さてさて、そんな梅雨時期にぴったりの場所へ行ってみました。(偶然)

久々に木曽の方へドライブに行って帰りに権兵衛峠を越えて伊那へ戻ってきたんですが、その途中に「伊那のあじさい寺」深妙寺に行ってきました。前から看板が道路沿いで場所は知っていたんですが、アジサイシーズンで通るのは初めて。

道からでもかなりの量のアジサイがあって思わず立ち寄りました。

伊那西部広域農道沿いにあります。(かんてんぱぱと同じ通りです)権兵衛峠から降りてきて初めての信号を右に右折。

かんてんぱぱへ向かう途中の左側にあじさいモリモリの場所が目的地の深妙寺です。お寺の駐車場へ入る道が細いので通り過ぎないように注意です。(わたしは一度通り過ぎてしまい、セブンイレブンでUターンして再トライしました。)グーグルマップで「伊那 あじさい寺」でも出てきます。かなり有名なお寺みたいです。

めちゃくちゃ広いお寺の駐車場がありました。有名なのにわたしの車以外2台だけでした。

階段を数段あがるとお寺があります。アジサイはこのお寺の裏側です。

「あじさい園→」と案内があるのでそれに従って進んでください。

アジサイ満開!

珍しい赤いアジサイも!

大量アジサイ

白いアジサイ。あじさいって日本原産お花ですが、このオシャレな白いものは海外からの逆輸入でしょうか。。オシャレです。

なんか最近はアジサイって言わずに英語の「ハイドランジアまたはハイドレインジャ」と呼んだりするそうです。(英語表記はhydrangea)日本原産の花なのに英語で言うとは・・・もう何が何だか分かりませんが、オシャレって事でしょうか。

こちらも品種改良されたあじさい。こちらもオシャレ。ハイドレンジアです。アジサイの日本と外国のハーフでしょうか。。

青系が多めです!きれいーー!テンションあがります。シャッターが止まらない。

小道が整備されていて歩きやすいです。小道が沢山あるので、回ったりショートカットしたり、回り込んだり、下ったり、のぼったりできます。

しかも人が全くいません。ほぼ貸切でゆっくり見れます。こんなにたくさんのアジサイが貸切で見れて本当にラッキーでした。道がすぐ横にありますが、あんまり車の音気になりません。

農道から見た一番車道に面しているのもキレイなので、ぜひ奥まで行って欲しいです!

あじさい祭りは終わっていますが普通に見頃です。アジサイは開花期間も長いのでそこもオススメ。

とにかく量が多くてどれもしっかりお手入れされています。

まだまだ楽しめそうでしたので、ぜひ行ってみてください!!

深妙寺・・・〒399-4431長野県伊那市西春近小出3160
TEL0265-72-5070

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪登山:乗鞍岳3026m②

2019.07.20

こんにちは、観光局です。今日の昼神は曇り雨。本日もどんよりしています。この週末はまだまだお天気悪そうです。今日明日とヘブンスそのはらではイベント日です。ナイトツアーというよりイベントが強くなりますので、もし星を見に行きたい方(と言っても天気が悪そうなので見えなそうですが・・・)浪合パークでの星座鑑賞会がオススメです。

7/20・21のヘブンス園原でイベント情報はこちら→ヘブンスそのはら

浪合パークでの星空観賞情報はこちら→浪合パーク

さてさて、先日の登山ブログの続きです!

やっとこ汗だくで稜線に出たわたくし。

ここから雪が無いので夏道をズンズン進みます!

そしてやっとこ剣が峰(山頂)までつきました!山頂へ行くとワンダホーな御嶽山がどーん。同じ時に登ったご夫婦が「あの雪かぶってる山何かなーー?」と御嶽先輩を知らなそうだったので、「御嶽山ですよー」と紹介しておきました。

御嶽山って見る角度によって山の見え方が違うので分からない人が結構います。

多分御嶽山といえばこの形↓

なんですが、乗鞍から見ると山を写真の右横を見ることになるので

乗鞍の左側にこのような形にで見る感じになります。横長ドーンな形がすきなので、確かにこの形に違和感はありますが、乗鞍から見る御嶽先輩はこの形です。かっこいいぜ。御嶽山

ちなみに、北アルプスは

こんな感じでド迫力でした。最高です。山頂に鳥居と神社があるのですが、その裏に行くとこんな感じで北アルプス連峰がどーん。

しかも、建物の陰で風が無いのでポカポカ。最高。

登山口から1時間ちょいくらいで山頂なのでお手軽すぎ。これで長野県内の3000m峰15座のうち2座目のゲット。(仙丈ケ岳と乗鞍岳)

3000mの山で一番簡単なのが今回の乗鞍岳だと思います。夏になったら初心者の人でも小学生でも普通に登れると思います。

残り13座。結構ありますがマイペースに攻略していきたいです。その他の山は御嶽山以外日帰りでは厳しそうなので、なかなかハードです。

ちなみに100名山は28座が長野県と近隣の県にまたがっています。こちらは11座ゲット中。こちらもまだまだ先は長いです。

山頂で延々ボーとしていましたが、バスの時間もあるし、雷鳥も見たいのでそろそろ下山します。

下りは登りで急斜面だったところを下るのでかなり怖いです。残雪期はトレッキングポールがないとかなり怖いです。わたしはポールがあっても滑って下まで落ちるかと思うほどでした。

こんなに下ってきたなぁと振り返ると彩雲がチラリ。めっちゃラッキーでした。山の神様ありがとうー!!

その後雷鳥を探しましたが、真っ白い羽根を広げてハイマツの中へ消えて行った後ろ姿しか見えず。。。雪がズボズボで探すのもかなり大変だったのでまた来年のお楽しみにしました。

下りは昼過ぎでしたが、結構登ってくる初心者風な装備の登山者がチラホラいました。ゲイターもしていないので、雪解け水が川となっている登山道で足がガッツリ濡れていました。靴もスニーカーでめちゃくちゃ心配になりました。

山は自己責任です。おまけに日が長くなっているとはいえ昼から登るのは少し危険な感じです。早着早出が山の基本ですので、安全登山をお願いします。

ザクザク大雪渓を貸切で下って行きました。登りあんなに苦労したのに、下りは楽しかったです。ソリを持ってくれば一気に下れたのになぁと思いつつ。。

バックカントリースキーの方が稜線から一気に大雪渓まで下っていてすごいかっこよかったです。が、板を担いで登る元気がないので、わたしは絶対やらないなぁと尊敬のまなざしで見ておりました。

バスの時間まで30分位あったので、雪の壁を見に行ってみました。富山県の黒部アルペンルートが有名ですが、乗鞍の雪の壁もなかなかの壁具合でした。

無事に駐車場へ下山完了。

下は新緑満開で、目の前の山が黄緑のタスキをかけていました。この後は下山後の楽しみ温泉です。今回は事前に調べていた無料の源泉かけ流しの温泉へ行ってみました。

駐車場から徒歩3分程川を渡って砂利道を進むとお目当ての「せせらぎの湯」の看板が。

ここにも書かれていますが、バス停横のスペースを駐車場として勝手に利用している人がいるようです(わたしが行った時も県外ナンバーの人が無断駐車していました)せっかく無料なのにこういう方が多いと地域の人も封鎖もしくは有料となってしまうのではと悲しくなりました。めちゃくちゃ近いのでぜひ駐車場は正しい場所へお願いします。

こちらがせせらぎの湯です。見かけは完全に小屋!しかもかなり小さめ!

混浴ではなくて、わかれているので女性も安心です。

洗い場はなく、とってもシンプル。湯船があるだけ。

シャンプーなどの石鹸類の使用は禁止です!(これも書いてありますが、無断駐車の女性グループはがっつり泡だらけで悲しくなりました)

泡泡2人があがり貸切になりました。

源泉かけ流しの乳白色の温泉です。これが無料!最高!しかも、川のすぐ横でまさにせせらぎの湯でした。

本当にオススメですので、ルールを守って気持ち良く利用してみてくださいーー

乗鞍岳も登りやすくてこれからお花畑シーズンになるので、ますますオススメです!!

登山 諏訪・岡谷・茅野・松本

残雪登山@乗鞍岳3026m①

2019.07.18

こんにちは、観光局です。久々のブログの更新になってしまいました。梅雨時期毎日雨が降っていて、休みでも晴れている日に家にいるのがもったいない病のわたしですが、雨の日なので家にこもることが非常に多く全く外へ行けていませんでした。

行けても曇りで写真を撮るほどでもないし、どこかへ出かけることがない毎日でした。

休みの日にはスーパーとガソリンスタンドへ行くくらいしか出歩いていないので、ますますブログで書くことなく。気づけばもう7月も半ばすぎ。

夏シーズンのナイトツアーも7月は星が見えそうな日が1日位しかなく、、、早く梅雨明けしてくれないかなぁと毎日天気予報を見てはため息です。

1か月近く山に行けてない&青空の休みに巡り合えていないので、梅雨入り前に登った乗鞍岳をアップします。

しようと思っていたのにすっかり忘れておりました。乗鞍岳はまだ行ったことがなく夏場は上までバスが通っているので、初心者向けのお山で有名です。しかも簡単に3000m峰へ登れるという事で人気。

わたしはさすがに夏場に行くなんてもったいないなぁと思い残雪期にアタックしました。しかも、休みが丁度天気良い日&バスが登山口の「大雪渓・肩の小屋口」まで開通したとの情報をゲットして早速行ってみたのです。(登ったのは5月27日)

長野県側から乗鞍岳へ行く場合「乗鞍エコーライン」で登山口までバスで行きます。乗鞍岳へ行く場合長野県からは乗鞍エコーライン岐阜県からは「乗鞍スカイライン」で行く感じになります。名前が似ていて紛らわしいのでお気を付けください。

車はマイカー規制で上がれないので、どっちの県からもバスで行くしかありません。

平日だったので高速代を安くするために深夜に出発そして4時前に何とか高速に乗って深夜割で松本まで一気に移動しました。目指すは「乗鞍観光センター」です。昼神から2時間20分です。

高速を降りでコンビニで朝日を眺めてお昼を買ったら一気に観光センターまで頑張ります。

シャキッとした空気とカッコウの声が最高の駐車場。200台停められて駐車場代は無料です。

道の向こうにはこれから登る乗鞍岳がチラリ。今年は4月に雪が降ったので5月末でもしっかり雪が残っていました。天気もいいし、絶対いい山日和!

バスの始発は8:30!着いたのは6:30だったので仮眠。涼しい風と鳥の声が最高です。

8時を過ぎると乗り場にお客さんが集まり始めたので、準備をして並びました。平日はこのシャトルバス乗り場に並んでいれば係の人が来てくれてチケットを買います。(土日のみ観光センターのチケット売り場で買うようです)

観光センターからこの日は大雪渓・肩の小屋口まで往復2500円です。(観光センターよりも上のバス停で休暇村や三本滝もありますが、料金は同じなので観光センターが一番駐車場が広いので、観光センターがオススメです。)

残雪期だったので、バックカントリースキーをする方が9割。わたしのような登山者が0.9割。観光で来た無防備な方が0.1割ほどでした。観光の方は少し場違いなほど無防備でした。

バスはいっぱいになるとすぐ2台目が待っているので、絶対に乗れるようになっています。45分位バスに乗っていると目的地大雪渓・肩の小屋口に到着です。

思った以上に大雪渓。装備がない人は入ることも難しそう。バックカントリーの方は板を履いて準備。登山者はゲイターをつけてアイゼンやチェーンスパイクで登ります。観光客の方たちは写真を数枚撮ってすぐに折り返し運転になるバスの中へ戻っていました。

準備をして9:30頃いざ乗鞍へ登攀開始!!クライムオン!

雪渓を登って行きますが、雪で登りにくい。ぐしゃぐしゃで全然進まない。おまけに暑い!!汗だくの中なんとか雪渓を超えました。

雪がない場所もあるので、バックカントリーの方は板を背負ってスキー靴で登って行きます。わたしもチェーンスパイクを外していきます。やっぱり夏道が歩きやすい!

ただ、又すぐに雪道復活。しかも、ところどころ溶けているのでぐしゃぐしゃびしゃびしゃ。

果てしない雪の中を進んで行きます。かなりの傾斜で1本道を前の人について登って行きます。

振り返ると北アルプスがどーーん!いや最高。もっとゆっくり行きたいけど、道は一本なのですれ違いができず、傾斜があって踏み外したら下まで滑落しそうで怖い。緊張しながら一歩一歩登ります。

直登ルートで登るバックカントリーの方すごい。もうちょいで稜線まで出そうです。

やっと稜線!風が抜けて涼しい。稜線まで出たらチェーンスパイクを脱いで逆にアウターを羽織って風を防ぎます。

稜線からは溶けかけの権現池がサファイアブルーでキレイ。さらに岐阜の名峰白山がチラリ。稜線まで登らないと見れないのでやっと登ってきたなぁという感じ。

やっとこ山頂が見えてきました。

がんばれワタシ。気合をいれていざ!

つづく。。。

ドライブ・スポット 飯田市

天竜峡の隠れ家カフェ「福梅」行ってみた!

2019.07.01

こんにちは、観光局です。今日の昼神は雨曇りそして午後から久々の陽射し!昨日は大雨で川の水位が上がってすごいこと位なっていました。九州地方などまだまだ災害級の大雨とよくニュースでやっていますが、大丈夫でしょうか?毎日毎日雨模様でいつなったら晴れになるのかなぁ。。

 

さてさて、今日は雨の日なので遠出ができず、前から気になっていたカフェへ行ってみることにしました。

明治創業の割烹旅館「福梅」を一部改装したカフェ「福梅」です。

駐車場が分かりにくいので先にお伝えします。(わたしは全く分からず行ってみたら入口の所のこの張り紙を見つけて再度止め直しに行きました)

ランチの時間で混んでいて青いマーク5台中4台は埋まっていました。

本当に割烹料理みたいな砂利道を進んで行くと暖簾があって

玄関は立派な鬼瓦がどーん!奥の引き戸を開けると下へ下る階段になって行くと数弾降りるとカフェがあります。

お昼過ぎだったので混んでいて一人で行ったわたしはカウンターへ座りました。

天竜川が望める大きな窓があって天竜川を望める絶景のカフェ。

お昼は食べていたので、スイーツを頼みました。口コミ見たら「福梅和風パフェ」がおいしいと書いてあったのでさっそく注文。

待ってる間に今度はラフティングが下ってきました。結構夏は修学旅行とかで学生がラフティングしてるみたいです。この日は雨降った後だったので水量が多めで楽しそうでした。いいなぁラフティング。

するとジンジャーエールと福梅和風パフェがやってきました。

わーお!おーいーーしーそーうーーーー!!!

中は抹茶ソースとコーンフレーク、クリーム、ソフトクリーム。小豆、白玉のモチモチが最高でした。

わたしがカウンターで食べていたら後ろの奥様方が「ねーあのパフェおいしそうじゃない?わたし達もランチの後に頼もうーー」とキャーキャーなりました。確かにこのパフェめちゃくちゃおいしかったので甘い物好きな方オススメです!眺めもいいので次はランチから行きたいなぁと思いました。ぜひ行ってみてくださいーー

Cafe福梅 〒399-2603飯田市下久堅知久平1800-4 TEL0265-29-7785

9時~18時(4月~9月)、10時~18時(10月~3月)※18時以降は予約で営業

定休日:火曜