市田柿村と南信州満喫(11月26日㈪~12月16日㈰)

2018.12.11

現在半日バスツアーは、南信州の晩秋満喫ツアーです。

この時期の南信州といえば

DSC_0152

市田柿の柿すだれです。

数年前から衛生法により軒先に吊るす柿は出荷不可になり、現在出荷用の市田柿はこうしてビニールハウスか柿干し専用の小屋で干さなければなりません。

市田柿は車窓で楽しむことしかできませんでしたが、3年前豊丘村に「市田柿村」ができました。

DSC_0150

3軒の農家さんが協力して、観光のお客様に市田柿を間近で見ていただけるようにと作られました。

DSC_0151

販売もあります。

大型バスが一日に10台前後くるそうです。

すごい大好評で、3年目にしてリピーターさんもたくさんいるそうです。

ここの市田柿は、市販のたまにある固い物に比べるととってもやわらかくて粉も上品ですごく美味しいです。

「柿苦手なんだけど、これなら食べられる!」とあっという間に試食の一つを完食されたお客様もありました!

案内の方や農家の方のあたたかい対応も魅力の一つです!

 

ちなみにここに行く前に立ち寄るのが松岡城址です。

ここは、昨年の大河ドラマ「直虎」で、いいなづけの亀の丞が浜松を逃れて山を越え逃げてきたところです。

約10年をここで過ごし、井伊谷へ帰って行かれました。

ここからの展望が最高です!

DSC_0157

展望台の先端に立つと、伊那谷と南アルプスが一望できます。

写真を撮った日は11月末でしたが、まだ若干もみじが木に残っていて秋の終わりを感じました。

DSC_0148

DSC_0149

12月8日頃から全国的に一気に冷え込みましたが、南信州ももちろん真冬の気候になりました。

現在ここに行ってもこの景色を見る事はできません。

 

松岡城址、市田柿村のあと、今年4月にできたばかりの道の駅「とよおかマルシェ」に立ち寄って帰ってきます。

とってもモダンでおしゃれな造りの道の駅内にはお土産屋さんはもちろん、地元のスーパー豊丘パルム、パン屋さん、ジェラート屋さん、スイーツ屋さんが入ってます。

南信州の晩秋、初冬を満喫できるコースです。

皆様のお越しをお待ちしてます。

 

ゆるガイド 中山のぶえ☆